タイムバンクの「リワード」とは?概念から使い方まで徹底解説!




時間購入の対価として利用できる「リワード」。

タイムバンクを始めたばかりの人からは、

・普段使わない言葉なのでよく分からない
・使うとどのようないいことがあるのか分からない
・そもそもどう使うのかも分からない・・・

という声を耳にします。

新しいサービスに挑戦するときに、知らない言葉が出てくると壁を感じてしまいますよね。

そこで、今回はこの「リワード」について、そもそもリワードとは何なのかという事と、どのように使ってどのような良い事があるのか、などなど、徹底解説していきたいと思います!

リワードとは何か

タイムバンクでは専門家の時間を購入できますが、購入した時間を使って専門家にお願いできる仕事が「リワード」です。

・60秒の時間を使って、60秒のボイスメッセージがもらえる
・1200秒を使って、20分間ビデオチャットでお話できる
・7200秒を使って、アート作品を制作して送ってもらえる

などがあり、他にもさまざまなリワードが用意されています。

ただし、1200秒買ったら20分間の仕事をなんでもお願いできるわけではなく、リワード内容は専門家毎に決められています。

「時間を買う」というと決まって変なことを想像する人がいますが、決して好き勝手できるわけではありません!笑

リワードは専門家のページでこのように設定されていて、お願いできる内容と、必要な秒数を専門家が設定しています。

専門家「ゆうこす」さんのリワード例

専門家側からすると、自分の得意なスキルだけを売り出すことができ、ユーザー側からすれば、専門家の得意なスキルが一目で分かり、メニューを選ぶように依頼することが可能です。

リワードでしてもらえる事

どのようなリワードがあるのか、提供方法やリワード内容を大まかなカテゴリでご紹介します。

リワードの提供方法

リワードの提供方法は、対面メールビデオチャットをはじめ、いくつかの種類があります。

対面は心理的ハードルが高いですが、メールやプレゼントなど気軽に利用できるものもあり、さまざまです。(画像はタイムバンクアプリのスクリーンショットです)

リワードの内容

内容をカテゴリ分けすると、以下の通りかなりの種類になります。気になる内容があれば、タイムバンクアプリ内の「検索」機能で検索してみて下さい。

リワードの使い方

「リワードとは何か」についてご説明したところで、次にリワードの使い方をご紹介したいと思います。

ここではアプリでのリワード利用方法のみをご紹介しますが、タイムバンクweb版でもリワードを申請することができます。

タイムバンクweb版でのリワード申請方法はこちらの記事をご覧ください!

【タイムバンク講座③】webで簡単に時間を買って、リワード申請まで解説

2018年11月21日

web版でのリワード申請は、以下の違いがあります。

・web版はリワード申請が簡単
・手数料はアプリの方が安い

利点・欠点を踏まえた上で、好きな方で申請してください。

それでは、アプリでのリワード申請方法をご紹介します。

①時間を購入する

リワードを申請するには、まず時間を購入する必要があります。

時間の購入方法については以前の記事で紹介しているので、わからない方はこちらをご覧ください。初回抽選などですでに時間を持っている方は、次に進んでください。


②保有時間を確認し、リワード選択へ移動する

購入した時間は「取引一覧」の「保有時間」で確認することができます。

リワードを利用したい銘柄の「利用」を押し、リワード選択画面に移動しましょう。


③利用したいリワードを選択する

リワード選択画面に入ると、専門家が用意しているリワードが表示されます。利用したいリワードを選択してください。

ここでは、タイムバンクのイベント「タイムバンク祭」の参加券がもらえるリワードを例に進めていきます。


④使用する時間を入力する

選択したリワードで使用する秒数を入力します。

今回の例「タイムバンク祭参加券」のリワードは100秒固定ですが、
「1200秒〜3600秒」などのように、リワード利用者が秒数を指定できる場合もあります。

ビデオチャットのリワードであれば、20分ビデオチャットしたい場合は1200秒1時間が良ければ3600秒で申請する、という具合です。

リワード内容に、申請時間に対するサービスが書かれている場合もありますので、よく確認して入力しましょう。

入力したら「申込み」を押して次に進みます。


⑤申し込み完了

問題がなければ「申込みが完了しました」のメッセージが表示されますので、「OK」を押します。


⑥アプリからリワード申請確定のお知らせ

申し込みが完了すると、アプリから「リワード申請を確定してください」という通知がきます。

この通知を押すとアプリの「お知らせ」ページに移動し、一番上に「リワード申請を確定してください」のお知らせが届いているはずです。

このお知らせを押してください。


⑦リワード申請確定画面

お知らせページから「リワード申請確定画面」に自動的に移動します。申請内容に間違いがなければ、「リワードを確定する」を押してください。

確認ウィンドウも表示されますが、これも「OK」です。


⑧リワードステータスが変化

リワードの申請に必要な操作は以上です。

リワード申請確認画面で、ステータスが「対応中」になっていればOK。

以降の対応はタイムバンク運営事務局がやってくれますので、運営からのメールを待ちましょう。リワードごとに必要な情報を聞いてきてくれます。


おすすめリワード活用例

リワード活用例をご紹介します。中には二つのリワードを組み合わせて素晴らしい動画を作成している方もいて、使い方は無限大だと感じさせられます。

リワード活用例① 動画作成リワード+ボイスメッセージ の合わせ技!

動画制作をしてもらえるリワード(神颯斗さん)と、ディズニーキャラクターの声真似メッセージ(ジーニー堤さん)のリワードを組み合わせて、娘さんの誕生日フォトムービーを制作した活用例です。

ディズニー好きな娘さんらしいので、動画とあわせて嬉しくないわけがありませんね!


 
※神颯斗さんの動画制作のリワードは人数限定だったため、現在は終了しています。
 


リワード活用例② 経営者の専門家と1日遊び倒す!

こちらは手前味噌になりますが、本ブログ管理人が参加したリワードです。

その名も、「あやにーと行く!東京ミステリーツアー」

経営者の「あやにー」さんが提供してくださったイベント型のリワードで、あやにーさん自身も体験したかった場所にみんなを連れていってくれました。

飴細工や謎解き脱出ゲームなど、普段は体験できないことを体験できた素晴らしいリワードでした!

『あやにーと行く!東京ミステリーツアー春』体験

2018年5月15日

リワード活用例③ 美人モデルに蹴ってもらう!

みなさんの中にも、美人モデルに蹴られたい人がいるのではないでしょうか。

タイムバンクは個人の時代のアプリなので、そんな少数派の性癖を満足することもできます!

こちらはYouTuberのカブキンさんが、美人モデルでキックボクサーの野形仁美さんのリワード「撮影会&ケツキック体験」を利用して蹴ってもらった動画です。

ゾクゾクしてしまった方は、動画の下のリンクからケツキックの申請ができます。ぜひ蹴られてみてください!笑


 

リワード活用例④ アイドルのライブに参加!

タイムバンクはアイドルにも力を入れていて、アイドルグループも時間を販売しています。時間を購入すれば、リワードとしてライブに参加することも可能!

タイムバンクならではの特別なライブが開催されるので、アイドルに興味がある方にもオススメです。

最初にタイムバンクに登場したアイドルグループ「ドリーミングモンスター」のリワードを利用し、本ブログ管理人がライブに参加してきました。下の記事はその時のリポート記事です。

【タイムバンク リワード 体験】DREAMING MONSTER プレミアムアコースティックライブDAY1

2018年8月1日

これまで、TwinPlanetの「ドリーミングモンスター」「サクヤコノハナ」、そしてAKBを生み出した秋元康プロデュースの「劇団4ドル50セント」が登場しました。興味のある方はぜひ!

リワード活用例⑤ アイドルの動画メッセージをゲット!

アイドルとして活動している方もタイムバンクで時間を販売していて、リワードとして「動画メッセージプレゼント」が用意されています。

応援メッセージなど、内容についても依頼することができますのでファンにはとても嬉しいリワード!名前を呼んでもらうこともできるので、世界で一つだけの動画メッセージです。

こちらは”天真爛漫すぎる書道家”原愛梨さんの動画メッセージです。本ブログ管理人がリワードを申請して入手いたしました!


リワード活用例⑥ フィットネスイベント&オフ会に参加!

フィットネスYouTuberとして10年以上活躍し続けている高稲達弥さんのフィットネスイベントに参加してきました!

私はフィットネスとは無縁の人間でしたが、さまざまな体験を手軽にできるのもタイムバンクの魅力の一つです。

案の定、太ももの筋肉痛に数日苦しめられましたが、非常に貴重な体験をすることができました。
 

【リワード利用体験】高稲達弥さんの「フィットネスイベント」

2018年10月3日
 

まとめ

タイムバンクには2018年10月時点で400名近くの専門家が登録していて、リワードの数は1000以上にも上ります。

各専門家が独自のスキルを活かして特別なリワードを設定しているので、探してみれば使いたいリワードがきっと見つかるはず。

本ブログでもリワードのご紹介をしていますし、公式からも定期的にオススメリワードが発信されています。その辺りもご参考に、使いたいリワードを発掘してみてください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です