決算銘柄ナイトセールの参加実績まとめ!獲得した利益と銘柄の選び方を紹介

決算銘柄ナイトセールの参加実績まとめ!獲得した利益と銘柄選びのコツを紹介




決算銘柄を決算日終値で買える「決算銘柄ナイトセール」に参加した実績をまとめました。

5日間の日程にフル参加し、5銘柄の購入に成功。売却して5,343円の利益になりました。

好決算銘柄を買えることができれば手堅く利益を得られますが、販売株数が少ないので競争率が高く、購入にはちょっとしたコツが必要のようです。

また、誰でもノーリスクで参加できるWチャンスキャンペーンでは1,000円のAmazonギフト券も抽選で当たりました。

売却益+ギフト券で、そこそこの成果を得られたと思います。

本記事では、私が買った銘柄や、銘柄の選び方など、次回開催に向けて今回の参加実績をまとめていきます。

LINE証券「決算銘柄ナイトセール」の詳細と好決算銘柄の見分け方を解説

決算前の株価で買える「決算銘柄ナイトセール」参加方法と利益を出すコツを解説!!

決算銘柄ナイトセールで合計5,343円の利益

購入した銘柄詳細

5日間全てに参加した結果、合計で5,434円の利益となりました。

買えた銘柄がこちらです。

買えた銘柄購入額売却額利益
CKD57,09061,6744,584
日産化学31,10031,573473
サンドラッグ20,95020,99040
JFEホールディングス16,18017,3061,126
南都銀行39,18038,300-880
合計164,500169,8435,343

5銘柄購入したうち、4銘柄ではプラスで売却することができました。

特に、サプライズ決算となったCKDが買えたのが大きく、今回の利益のほとんどを占めています。

損失となっている南都銀行は未売却で、含み損を掲載しています。

こちらが実際の売買履歴です。

WチャンスキャンペーンでAmazonギフト券1,000円分獲得

また、同時開催のWチャンスキャンペーンでAmazonギフト券1,000円分が当選しました。

ナイトセール関連のツイートを行う事で参加となり、毎日抽選で数名に当選するようになっています。

当選者にはこのようにTwitterのDMでお知らせが届きます。

買えなかった場合でも抽選対象となりますので、次回もぜひ参加しておきたいですね。

ナイトセールは今後も開催される可能性大

運営側にもメリットがあるキャンペーン

個人的な予想ですが、決算銘柄ナイトセールは今後も開催されると考えています。

決算をLINE証券でチェックするのがユーザーに浸透すれば、ユーザー拡大と取引活性化につながりそうです。

LINE証券としてもメリットが大きいキャンペーンだと感じました。

次回開催は6ヵ月後を予想

上場企業は3月決算の場合が多く、それらの企業の期末決算を迎える5月が次のナイトセールになりそうです。

あるいは、次の四半期決算として2月開催もあり得ますね。

次回も参加するべきか?

今回はそこそこの利益になりましたが、初回で競争率が低かったからだと思っています。

最初の2日ほど参加してみて、全く買え無さそうであれば諦めたほうが良いかもしれません。

ナイトセール対策の決算チェックも時間がかかりますしね。

ナイトセールで利益になる銘柄の選び方

LINE証券の「決算ビジュアルレポート」がおすすめ

私は銘柄選びで「決算ビジュアルレポート」を活用しました。

LINE証券が出している決算レポートで、決算内容をグラフなどで分かりやすく解説してくれています。

決算やリリースに対する投資判断に役立てることができますよ。

「上昇の可能性が高い」銘柄をチェック

決算ビジュアルレポートの良い所は、「AI株価トレンド予想」が非常に分かりやすい点です。

「AI株価トレンド予想」では、以下の5段階で決算の評価を出してくれます。

  1. 上昇の可能性が高い
  2. 上昇の可能性あり
  3. 横ばいの可能性あり
  4. 下落の可能性あり
  5. 下落の可能性が高い

数字以外の材料は反映されないので、必ずしも正確ではないのですが、「上昇の可能性が高い」の銘柄はサプライズ決算で、本当に上昇する可能性が高いです。

ナイトセールで購入する銘柄は「上昇の可能性が高い」が付いた銘柄から選ぶと勝率が高いですよ。

「上昇の可能性が高い」はサプライズ決算。クボタもこの決算後に急騰しました。

一覧の下から狙うと買いやすい

もう一つのコツとして、対象銘柄一覧の”下から”選ぶと買える場合が多かったです。

対象銘柄はこのように発表されますが、私はこの表の下から選ぶようにしました。

多くの人は上から決算をチェックするはずです。必然的に上にある好決算銘柄の競争率が上がりやすく、上から選んでしまうと買える可能性が下がってしまうでしょう。

逆に下から買うようにすれば、競合が少ないので買いやすい、という寸法です。

決算銘柄ナイトセールの実績まとめ

キャンペーンで獲得できた利益をはじめ、実際にやってわかったコツなどを紹介しました。

5日間フル参加して約5,000円の利益でしたが、正直なところ、かけた時間に対して利益が少ないように思いました。

しかし、対象銘柄の決算をざっくり知ることができ、株式市場に対する理解を深められる、という点は金額に変えられないメリットですね。

次回開催があれば続けて参加してみようと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です