ディク猫@馬主になりたいサラリーマン がタイムバンクに登場




投資家兼サラリーマンのディク猫さんをご紹介

人事畑のサラリーマンとして会社に勤務するかたわら、株式メインの個人投資家という一面も持つディク猫さんがタイムバンクに登場しました。

また、高校生の頃から競馬を見ていて、将来は馬主になることを目指している生粋の競馬好き。

今回は、そんなディク猫さんについてご紹介します。

プロフィール

・ディク猫@馬主になりたいサラリーマン
・カテゴリ:専門職・その他
・初回販売:1秒2.0円
・本業:サラリーマン(人事)
・競馬歴:約20年
・投資歴:約10年
・Twitter:フォロワー数168人(2019年1月10日時点)
https://twitter.com/discreetpisa

競馬をこよなく愛する投資家兼サラリーマン(人事)

競馬をこよなく愛する兼業投資家。
本業は人事(10年以上)。

高校生の時にダビスタがきっかけで競馬を見るようになり、いつしか馬主を夢見るようになった。
血統好き。昔東京のトニービンで予想が、よく当たったことから血統の魅力にはまる。
投資で稼いで馬を買うことを目指している。現在シルクで一口馬主をしており、2019年地方競馬馬主資格を申請予定。
好きな馬はクロフネ。

投資は株を約10年しており、2017年から株式型クラウドファンディングも開始。

投資型クラウドファンディグについてはこちらをご覧ください!

https://twitter.com/discreetpisa/status/1081133457265160193

投資歴10年以上の個人投資家

ディク猫さんは、株式をメインに10年以上の投資経験を持ちます。

株主優待も積極的に取得し、Twitter上で確認できた保有株は

  • ・オリエンタルランド(ディズニー)
  • ・プロトコーポレーション(中古車情報)
  • ・すかいらーくグループ
  • ・マルコ(補正下着/良優待銘柄)

でした。オリエンタルランドは1単位100万円を超える銘柄ですので、それなりの額を投資に回してるようですね。

生粋の競馬好き

高校生から競馬を観はじめ、馬を持ちたいと思うほどの競馬好きです。

ところで、「馬主」になるにはどうしたら良いのでしょうか?競馬には詳しくないので、調べてみました。どうやら年収や保有資産の水準が決まっているようなのですが・・・

馬主(個人)になるための要件

1.日本中央競馬会競馬施行規程第7条第1号~第13号に定める事項のいずれにも該当しないこと。

2.今後も継続的に得られる見込みのある所得金額(収入金額ではありません)が、過去2か年いずれも1,700万円以上あること。
注釈:所得金額には、一時的な所得および競馬に関する所得(地方競馬賞金等)は含みません。

3.継続的に保有する資産の額が7,500万円以上あること。
注釈:資産に含まれるのは、ご本人名義の不動産、預貯金、有価証券(投資信託、債券等を含む)です。なお、保険証券、ゴルフ会員権、海外に所在する不動産、書画骨董等は資産に含みませんのでご注意ください。また、負債がある場合は資産額からその分を差し引いて評価します。

参考:JRA公式サイト(http://www.jra.go.jp/owner/howto/requirement/)

「ディク猫さんて、かなりのお金持ち?」

とびっくりしましたが、ご本人のTwitterをよくみたら、ディク猫さんがなろうとしているのは「地方競馬馬主」というもので、JRA(日本中央競馬会)とは違うようでした。

ちなみに、JRAの場合は年収が1,700万円とありますが、これは「手取り額」で、1,700万円を手取りで取ろうとすると額面3,000万円はないといけないそうです。しかも、保有資産が7,500万円以上。

JRAの馬主はお金持ちなんですね。

話を戻しますと、ディク猫さんがなろうとしている「地方競馬馬主」は比較的ハードルが低いようです。

(地方)馬主登録の経済的要件

(1)個人
 原則として、直近年における所得金額が500万円以上であること。(収入ではなく所得となります)

地方競馬全国協会:http://www.keiba.go.jp/association/owner_faq.html

地方競馬馬主はハードルが低く、サラリーマンの年収でも可能な所得水準です。ただし、手取りが500万円なので額面としては800万円以上が必要ですね。

2019年には馬主申請予定

ディク猫さんは2019年にも地方競馬馬主の申請を考えられているそうです。

https://twitter.com/discreetpisa/status/1079750915765223424

競馬に興味のある方、馬主になってみたい方はディク猫さんとお話ししてみると良いかもしれませんね。

タイムバンクのサービスも積極的に利用

本ブログでもご紹介している、書道家の原愛梨さんのサービスを利用されていました。

「目指せ!JRA馬主」と、超達筆でディグ猫さんの夢が表現されています。

https://twitter.com/discreetpisa/status/1061197338159460352

ディク猫さんのタイムバンクでのサービス

ディク猫さんはタイムバンクで3つのサービスを用意しています。

競馬や馬主に関する専門的な知識を借りることができるので、わからないけど実際にやってみようという方におすすめです。

競馬初心者サポート

競馬初心者サポート

競馬をこれから始めたいという方を徹底サポート。
競馬の魅力、専門用語の解説、新聞の見方、馬券の買い方をレクチャーします。
初めてではないけど、サポートがほしいという方もOKです。

利用時間:300〜1,800秒
参考価格:600〜3,600円

競馬初心者向けに、ディク猫さんが専門知識を生かしてサポートしてくれるサービスです。

競馬について全く知らないとどこから手をつけて良いのか分からないので、専門家に頼るのが一番ですね。ディク猫さん本人が競馬場現地でサポートしてくれます。

競馬に関する情報提供

競馬に関する情報提供

1:《POG向き》お薦め2歳馬情報リスト(300秒)
血統、生産、厩舎等から勝手に厳選した10頭をメールで提供します。毎年5月頃更新を予定しています。

2:血統指導(対面・ビデオチャット・メール)(1,000秒)
種牡馬毎のコース適正、条件等を分析し、情報提供します。

利用時間:300秒/1,000秒
参考価格:600円/2,000円

競争馬のリストが公開されていて、その中からディク猫さんオススメの馬を教えてもらえるようです。また、コース適性などの情報提供もしてくれます。

転職相談にお答えします!

転職相談にお答えします!

キャリアについて,教育・勉強について,その他

利用時間:100〜18,000秒
参考価格:200〜36,000円

ディク猫さんは人事として勤められていますので、そのキャリアを活かして転職相談に乗ってもらうことができます。

5時間相談して36,000円は破格ですね。辞表を出す前にとりあえず相談してみましょう。

まとめ

ディク猫@馬主になりたいサラリーマンさんをご紹介しました!

競馬については全く知らなかったのですが、競馬はギャンブルという性質だけでなく、その裏には多くの関係者やお金が動いているんですね。競馬の仕組みについてはディク猫さんがよく知っていると思いますので、その辺りの話を聞くだけでも面白いかもしれません。

競馬や投資に興味のある方はディク猫さんのサービスを使って話を聞いてみましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です