「学校は行かなくてもいい」著者、地方創生会議を開催する小幡和輝さん

不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」や地方創生活動などで活躍する小幡和輝さんがタイムバンクに登場しました。

約10年にもわたる不登校を経験した小幡和輝さんですが、その経験をバネに定時制高校の3年生で企業し、その後さまざまなプロジェクトを立ち上げた経歴を持ちます。

多くの著名人も注目する起業家で、若干24歳という若さからも今後の活躍が楽しみな専門家です。今回は、そんな小幡和輝さんのこれまでの活躍や、時間の取引所「タイムバンク」で依頼できるサービス内容についてご紹介します。

時間の取引所「タイムバンク」とは何か?タイムバンクの概念を漫画で解説

2018年12月26日

小幡和輝さんのプロフィール

・名前  :小幡和輝(おばた かずき)
・性別  :男性
・誕生日 :1994年7月20日
・カテゴリ:クリエーター
・秒単価 :¥2.0/秒
・出身  :和歌山県

内閣府地域活性化伝道師 学校は行かなくてもいい 著者

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。

GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

https://info.timebank.jp/talent/544

小幡和輝さん時間販売スケジュール

小幡和輝さんの時間は最初に1秒2.0円で販売され、それ以降はユーザー間での売買により価格が変動します。

・初回販売(1秒2.0円):~3月4日 17:00
・売買開始(変動価格):3月6日 11:30~

「価格が変動する」というと不思議に思われるかもしれませんが、ユーザー間で自由に売買が行われることで、人気によって価格が上がったり下がったりするという事です。

イベントや劇団公演などのチケットも、オークションなどの売買では人気によって価格が上がったり下がったりしますが、イメージとしてはそれと同じで、タイムバンクでは株や仮想通貨と同じような仕組みで売買されて価格が決まるようになっています。

小幡和輝さんの主な経歴

約10年間の不登校を経験から、「学校は行かなくてもいい」を執筆

小幡和輝さんは10年間の不登校を経験し、その時の経験から書籍「学校は行かなくてもいい」を執筆しました。

「学校は行かなくてもいい」では、自身の不登校体験を交えながら学校に通う以外の選択肢があること、そして”正しい不登校のやり方”を不登校に悩む人や親に向けて書かれています。

著者の体験や考えだけでなく、同様に不登校の経験がある識者をはじめとする体験談も紹介され、不登校に悩む当事者が感じていることや周囲の人がどのように考え接するのが良いのかがわかる一冊となっています。

「学校は行かなくてもいい」は不登校を肯定する新しい価値観で話題となり、発売からわずか二ヶ月で増刷が決定。発行部数は1万部を超え、多くの人に読まれています。

「不登校は不幸じゃない」のムーブメントを牽引

2018年8月19日に全国100箇所で「#不登校は不幸じゃない」と題したイベントが同時開催されました。

夏休み明けの9月1日に子供の自殺が多くなることに対して問題意識を感じ、小幡和輝さんが「#不登校は不幸じゃない」を提唱しました。その考えは多くの人に共感され、共感者が「#不登校は不幸じゃない」のイベントを主催。

イベント当日は全国100箇所の各地で合計1,500人を集めるほどの規模になり、全国放送のテレビをはじめ、WEBや新聞など100以上のメディアに取り上げられることとなりました。

イベントの企画の一つである動画リレーでは、茂木健一郎や堀江貴文、落合陽一など多くの著名人が参加。リツイートにより広く拡散され、イベント本来の趣旨である、社会に不登校を否定しない空気感を醸成することに大きく寄与しました。

「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得

「地方創生会議」とは、全国47都道府県の地域活性にかかわる人物が一堂に会するイベントです。

小幡和輝さんは地元和歌山を活性化させることを理念とした「合同会社和-なごみ」を起業。商品企画、プロモーション、イベントの企画などを行う一方、他地域との横のつながりの必要性を感じ、「地方創生会議」の開催を企画したそうです。

イベントではクラウドファンディグで有名な株式会社CAMPFIREの代表取締役社長 家入一真やECサイトを手掛けるBASE株式会社の鶴岡裕太などの著名人をゲストとして招き、二日間にわたってトークセッションやワークショップが開催されました。

ちなみに、小幡和輝さんは和歌山が大好きな人を認定する資格制度「わかやまコンシェルジュ」代表を務め、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」の和歌山県公式エリアパートナーとして活躍しています。

「地方創生会議」はSNS上でも話題となり、twitterではトレンド1位を獲得したほど。これまでに2017年、2018年の二度の開催実績があり、今後も地域活性化を後押しする活動が期待されています。

1億円規模の地方創生ファンドを設立

小幡和輝さんは上述の「地方創生会議」のモデレーター務めただけでなく、自身も地域活性活動にも力を入れていて、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立しました。

「NagomiShareFund」では、従来の投資ファンドが対象とすることが難しかった共感型のビジネスや伝統ブランド、地方創生等の事業に投資することが特徴で、経営権の譲渡やエグジットが求められることも無く、経営者の責任負担が少ない仕組みになっています。

投資判断としてクラウドファンディングの成否や調達金額を重視している点も新しく、地域活性に関わる新しいお金の仕組みとして今後も注目されると思われます。

<ファンド概要>
[組合名称]NagomiShareFund 売上連動支払型投資事業組合
[ファンド規模]1億円
[組合員]合同会社和ーなごみ代表社員 小幡和輝
     株式会社デジサーチアンドアドバタイジング 代表取締役 黒越誠治
[設立日]2017年12月29日
[所在地]東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー27F

引用:https://www.obatakazuki.com/21074477

その他の活動

上記以外にもさまざまな活動実績がありますので、キーワードと簡単なご紹介です。

地域活性化伝道師として登録

内閣府地方創生推進事務局が行う「地域活性化伝道師」派遣制度で、小幡和輝は地域活性化伝道師として登録しています。

GlobalShapersに選出

ダボス会議が認定する世界の若手リーダー「GlobalShapersCommunity」メンバーに選出されています。

グローバルシェイパーズコミュニティーは世界経済フォーラム(通称ダボス会議)のイニシアチブのひとつで、優れた潜在能力、また実績を持ち、社会に貢献する強い意思を持つ33歳以下のメンバーで形成されるコミュニティーです。現在、世界に350以上ものハブがあり、4,400人以上がシェイパーとして活動しています。大阪ハブは現在14名のシェイパーで構成されており、地域社会の貢献を目的とするさまざまなプロジェクトを遂行しています。

引用:http://globalshapersosaka.org/

VALU専門家として情報発信

VALUローンチ直後から登録し、これまでに200万円以上を調達。「VALU専門家」を名乗り、VALUの使い方やはじめ方を紹介しています。

VALUとは、個人が株式会社のように”VA”とよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは個人間で自由に売買できるシステム。VA保有者は発行主から”優待”と呼ばれるサービスを受けることができる。

小幡和輝さんのタイムバンクのサービス

タイムバンクで小幡和輝さんの時間を購入すると、保有秒数に応じて3つのサービスを申請することができます。

ビデオチャットで遠隔でお話したり、直接会って相談することも可能です。1秒2円と比較的低価格でスタートしますので、小幡和輝さんに興味のある方は時間を購入してみてはいかがでしょうか。

タイムバンクの「リワード」とは?概念から使い方まで徹底解説!

2018年10月26日

専門分野の相談・アドバイス

専門分野の相談・アドバイス

キャリアについて,セルフブランディングについて,起業・経営について,人間関係・恋愛について,教育・勉強について,SNSの活かし方について,その他

必要時間:1,800〜3,600秒
参考価格:3,600円〜

ビデオチャットで小幡和輝さんに相談することができるサービスです。

30分から申請可能で、小幡和輝さんが得意とするキャリアや起業、教育関連の相談が可能。地方に住んでいる方でもビデオチャットなら気軽に利用することができますね。

オリジナルコンテンツの提供

オリジナルコンテンツの提供

著書「学校は行かなくてもいい」にサインとメッセージをつけてお届けします。

必要時間:1,000秒
参考価格:2,000円

小幡和輝さん著の「学校は行かなくてもいい」をサインとメッセージ付きでプレゼントしてもらうことができます。

これまで1万部以上が世に送り出された小幡和輝さんの代表作です。不登校に悩んでいる方はもちろん、教育関連の活動をされている方は得るものがあるのではないでしょうか。

講演やイベント等の出演依頼

講演やイベント等の出演依頼

キャリアについて,セルフブランディングについて,起業・経営について,人間関係・恋愛について,教育・勉強について,SNSの活かし方について,その他,キャリアについて,セルフブランディングについて,起業・経営について,人間関係・恋愛について,教育・勉強について,SNSの活かし方について

必要時間:3,600秒
参考価格:7,200円

小幡和輝さんに講演やイベントへの出演依頼をすることができます。

初回販売であれば1万円を切る価格ですので、個人レベルで開催するイベントでも呼ぶことができる値ごろ感。特に教育や地方創生に関わるイベントに関わる方は注目です。

【タイムバンク講座⑧】初回抽選で時間を買う方法

2019年1月19日

まとめ

#不登校は不幸じゃない などを始め、突出した行動力で数多くの実績を残す小幡和輝さんをご紹介しました。

20台前半という若さで多くの著名人の注目を集め、さらに「地方創生」という今熱いテーマを手掛けている専門家ですので、今後のさらなる活躍が期待できるのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です