『優勝賞金100万円争奪イベント』決着までをまとめました!




過去最大の賞金100万円を争った『優勝賞金100万円争奪イベント』

様々な波乱が起こりながら、10月22日〜10月31日の10日間の戦いが幕を閉じました。

今回は、『優勝賞金100万円争奪イベント』を振り返りつつまとめていきたいと思います!

ちなみに、タイムバンク証券管理人も戦いに参加したのですが、あまりふるわず10位の着地でした。

ルールのおさらい

『優勝賞金100万円争奪イベント』では、10日間の累計購入金額を競いました。1秒5円の時間を100秒購入したら500円加算、1秒8円の時間を300秒購入したら2400円加算、という具合です。

ただし、以下の三つの追加ルールがありました。

【追加ルール】
・対象となるのは前日終値が10円以下だった銘柄のみ。
・1時間に5分間だけ「ボーナスタイム」が発生し、その時間に売買すると加算額が2倍になる。
・1日の終わりに30銘柄が発表され、その銘柄については加算額が200倍になる。

この追加ルールにより、運が良ければ最大400倍になります。優勝できるかどうかは半分運任せというイベントとなりました。

ただし、最低限の戦略を理解し、かつリスクに飛び込むユーザーだけが優勝争いに食い込むことができたので、ルールの理解力や度胸も必要でしたね。

そういう意味で、非常に戦い甲斐のある争奪イベントだったと思います!


報酬は1位が100万円なのはイベント名の通りですが、2位以下の報酬もかなり豪華!

2位、3位もこれまで開催されてきたイベント以上の金額で、福引チケットも30位までもらうことができたので、参加への報酬インセンティブは十分でした。

【報酬一覧】
1位:賞金100万円
2位:賞金20万円
3位:賞金10万円
4位:福引チケット250枚
5位:福引チケット225枚
6位:福引チケット200枚
7位:福引チケット175枚
8位:福引チケット150枚
9位:福引チケット125枚
10位:福引チケット100枚
11位:福引チケット95枚
12位:福引チケット90枚
13位:福引チケット85枚
14位:福引チケット80枚
15位:福引チケット75枚
16位:福引チケット70枚
17位:福引チケット65枚
18位:福引チケット60枚
19位:福引チケット55枚
20位:福引チケット50枚
21位:福引チケット45枚
22位:福引チケット40枚
23位:福引チケット35枚
24位:福引チケット30枚
25位:福引チケット25枚
26位:福引チケット20枚
27位:福引チケット15枚
28位:福引チケット10枚
29位:福引チケット5枚
30位:福引チケット3枚

争奪イベントの戦略

「ボーナスタイム」の時間に売買するのが基本。そして、売買した銘柄がその日の終わりに30銘柄に選ばれ、最終的に400倍になることを祈ります。

1万円取引しただけでも400万円、5万円取引すれば2000万円にもなりますので、30銘柄をいかに当てるかの運試しです。この仕組みさえ理解すれば、時間購入のリスクを取るユーザー同士で運を最も持っているユーザーが勝ちます。

ただし、リスクをどれだけ取るかも大きく影響するので、一概に運ゲーとも言えません。時間を10万円買い入れて1割下落したら1万円の損失になりますし、10万円の買い入れには1000円の手数料もかかります。

200倍銘柄を引き当てるのは最低条件ですが、当てたユーザー同士で勝敗を決めるのはどれだけリスクを取ったかによる、というイベントでした。

イベントの経過

10日間もあったのでログを取りきれていませんが、イベントの経過を記憶の限り書いていきます!

いきなり1位が5000万円!?波乱の初日

初日なので様子見のユーザーが多いと思いきや、いきなり10万円以上の取引を400倍にする強者が登場!

1000万円を超えたユーザーも数人いましたが、5000万円超えのユーザーは1名のみでダントツのトップに。1銘柄を10万円以上購入するのはかなりハードルが高く、しかも200倍のチャンス銘柄から外れたときのダメージは非常に大きいものです。

この時点で優勝を諦めたユーザーもいるのではないでしょうか。

初日から波乱の展開で、ユーザーのイベントへのコミットメントがかなり低下してしまった印象です。

3日目に逆転。1億6000万円超え

2日目はめだった順位変化がなく経過しましたが、3日目に大逆転が起こり、1位、2位ともに1億6000万円超え(!?)となりました。
ボーナスタイム+チャンス銘柄で400倍にしているとしても、実際の取引金額は400万円超えという信じられないもの。

SNSでは多くのユーザーが不正取引である「循環取引」を疑い始めました。

循環取引
取引金額を稼ぐため、2者間で売買を繰り返す取引。意味のない取引で報酬だけを取りにいこうというイベントの趣旨を無視した考えで、イベント規約でかたく禁止されています。

「これが通るなら二度と参加しない」という強い批判がSNSに見られました。

管理人もさすがに上位獲得を諦めて撤退。TBMトークンも取得しづらいので、アプリへの接触回数が減ったというのが正直なところです。

このまま終わりかと思ったところに、運営神対応!!

多くのユーザーの参加意欲がなくなり、取引も減ってしまった状況でしたが・・・イベント終了前日に、不正ユーザーと思われる上位2名がランキングから削除!SNSでの声や、イベントの盛り下がりを考慮しての運営の神対応と思われます。

さらに翌日には1名がランキングから削除され、不正ユーザー3名がイベント退場となりました。初日5000万円を突破したユーザーは不正だったんですね。

SNSでも運営の英断は賞賛され、最終日は多くのユーザーが上位目指して取引を再開。誰もが納得できる決着となり、運営の信頼も厚くなったので良いイベントだったのではないでしょうか。

最終順位

以下が最終結果です!

トップは6783万円でダントツ。3位を本ブログにも寄稿頂いている「タイムバンカーの集い」代表のミギーさんが獲得しました。

※終了30分前に撮ったスクリーンショットですが、最後まで順位に変動はありませんでした。





200倍のチャンス銘柄一覧

終わってしまった今、あまり意味はないかもしれませんが、同じイベントが行われる際に役にたつかもしれません。

記録としてここに残しておきます。










まとめ

福引チケットまで全て含めると報酬総額200万円近い、これまでで最も大規模なイベントでした。

運営含めさまざまな思惑が絡み合ったイベントとなりましたが、最終的には参加者の運と努力が報われる形になったので、良しと言えるのではないでしょうか。

ここ最近はあからさまな循環取引は発生していませんでしたが、賞金額が大きかっただけに出てきてしまいましたね。目に見える形で運営が対処したので、今後はこのようなことは起こらないことを願っています。

今回は以上です。イベントで戦った方々、お疲れさまでした!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。