タイムバンクに登場した謎のプロフェッショナル集団『プロデューサーズZ』に迫る!




タイムバンクに突如登場した、洗練された雰囲気の男女4人グループ。

名前は『プロデューサーズZ』。タイムバンクでの紹介を読む限り、10代と20代の女性メンバー2人のアイデアを中心とした、主にビジネスのプロデュースを行う特別チームです。

しかし、Googleで検索しても、チームとしての活動実績が見当たりません。果たして彼らはどのようなチームなのか?今回は『プロデューサーZ』の謎に迫ります。

『プロデューサーズZ』のメンバーはまさに”粒ぞろい”

まず、『プロデューサーズZ』のメンバーについて調べてみました。

すると、4人がぞれぞれの持ち味で優れた実績があり、まさに”粒ぞろい”のメンバーであることが分かりました。

1人毎に1記事くらい書くことができそうなほどですが、ここでは簡単に紹介したいと思います。

強力な拡散力を持つ「木村なつみ」

『プロデューサーズZ』メンバーの中で最も強力な拡散力を持つのが、まだ10代という若さの木村なつみさんです。

インスタグラムに投稿する等身大のファッションや世界観が人気となり、現在のフォロワー数は14万人を超えるほど。Seventeen2018年9月号では読者5,000人が選ぶ注目のインスタグラマーランキング1位に選出され、今注目のZ世代の1人です。

Z世代

1995年~2009年生まれの世代。ゆとり・さとり世代とも呼ばれ、中学生の頃からソーシャルメディアに触れ、高校生の頃からスマートフォンを持つ“ソーシャルネイティヴ”。消費傾向が他の世代と異なる。

彼女を有名にした一つとして、「フリョウヒン」というアクセサリーブランドが挙げられます。

「フリョウヒン」はその名の通り、お店には置けないような”いびつな”アクセサリーを販売するアクセサリーブランド。これが同世代の女子に見事に刺さり、150個がインスタグラム販売にて数分で即完売したほどでした。

アクセサリーだけで見てしまうと、どのあたりが可愛いのか分からないというのが正直なところでしょうか。

しかし、溺れてしまいそうなくらい洗練されたデザインに溢れている現代には、このいびつなデザインがファッションに程よい隙を作ってくれそうだということは理解できます。また、完全な手作りで「一つ一つ形が違う」というのも、個性やアイデンティティを大切にするZ世代には貴重なアイテムに違いありません。

SNSで人気となり、いくつかのメディアも注目し始めている木村なつみさん。彼女を紹介する記事は意外にも少ないですが、高校を卒業して自由な時間が増えた今、人気を拡大していく変曲点なのではないでしょうか。

モデルの仕事から活躍の場を広げる「まつきりな」

『プロデューサーズZ』20代のメンバー、まつきりなさんはモデルです。

もちろん、ただのモデルではありません。モデルプレスTV、AbemaTV、LiveShop!などのネットTVやイベント、MCとして活躍していて、いまどきのメディアを制覇しそうなほどの勢いがあるモデルです。2019年からはラジオ番組のメインパーソナリティも務めます。もはやモデルというより、「マルチタレント」と表現したほうが正確かもしれません。

まつきりなさんのフォロワー数も、1人目で紹介した木村なつみさんほどではないものの、5万4千人と相当な数。2人を合計すると約20万人ものフォロワー数となり、エンゲージメント率の高さも相まってその影響力は計り知れません。

また、インスタグラムでもほぼ同数のフォロワーを有していて、モデルらしい華やかな写真が並びます。プロフィールは一言、「まつき沼に浸からないか」。5万4千人も飲み込んだ恐ろしい沼です。

そんな彼女はYouTuberとして動画投稿もしています。チャンネル登録者数は既に万を超えていて、最初の自己紹介動画「はじめまして、まつきりなです。」は再生回数3万回に届きそうなほどです。

優れた容姿だけでなく、行動力や発想力、そして共感力を兼ね備えたインフルエンサーで、今後の活躍にも注目されます。

『喋るTシャツ』をバズらせた張本人!「峯尾 雄介」

峯尾雄介、と聞いても知っている人は少数なのではないでしょうか。ただ、「喋るTシャツ」という商品を一度は聞いたことがある人は多いはずです。

「喋るTシャツ」とは、”着るだけでコミュ力UP!コミュニケーションツールとしてのTシャツ!”をコンセプトに作られたTシャツです。

もちろん、Tシャツから音が出て喋る訳ではありません。Tシャツに書いてあるプリントから、コミュニケーションのきっかけを作ることができるTシャツです。

しかし、巷には着ているだけで注目を集めることができるTシャツはどこにでも売っています。「喋るTシャツ」の優れているところは、とことん「シンプル」を追求している点です。派手でインパクトのあるTシャツを着る勇気がある人はすでにコミュニケーションを補助する必要はありませんが、「喋るTシャツ」は控えめなデザイン故、目立つのが苦手なタイプの人も躊躇いなく着ることができます。

誰でも着れて、しかも会話のきっかけを作れる、そんな素晴らしいTシャツが「喋るTシャツ」なのです。

シンプルですが個性的なデザインはご自身で確かめていただいた方が早いので、リンクを貼っておきます。

管理人も平成生まれなのでつい「喋るTシャツ」を熱弁してしまいましたが、そんなTシャツを生み出したのが、峯尾雄介さんです。

制作したTシャツがSNSを中心にバズっただけでなく、富士フィルムとコラボした写真展「平成が終わルンです」を開催し話題をさらいました。

「平成が終わルンです」は平成生まれ100人が『写ルンです』を使って撮影した、平成最後の夏をテーマにした写真展です。

平成を象徴するインスタントカメラ『写ルンです』で平成最後の夏を撮影するというエモーショナルなこの写真展は2018年10月2日(火)~10月10日(水)に行われました。すでに終わってしまってしまいましたが、展示された写真は写真集として発売されています。


と思ったら、どうやらすでに売り切れてしまっている模様。さすがの人気ですね。

さて、そんなクリエイティブな企画を生み出す峯尾雄介さんですが、『プロデューサーズZ』ではどのような立ち位置なのでしょうか?

峯尾雄介さんの経歴には、「For you Inc. アカウントエグゼクティブマネージャー 2018年8月1日から現在」とあります。「For you Inc.」とは、次にご紹介する野田爽介さんが代表取締役を務める会社で、峯尾雄介さんはPRプランナーとしてインフルエンサーを活用したPR企画を担当しているようです。『プロデューサーズZ』としても、依頼された案件をどのようにPRするかという戦略を担当するのでしょう。

斬新ながら圧倒的共感を得る企画力は『プロデューサーズZ』でも活かされるに違いありません。

『プロデューサーズZ』メンバー全員が所属する「For you Inc.」代表取締役の「野田爽介」

さて、最後にご紹介するのが、野田爽介さんです。

タイムバンクで紹介されている順に紹介してきましたが、最後であることには理由がありました。野田爽介さんは企画・制作・運用・キャスティング等を一括して行う「For you Inc.」代表取締役であり、そして「For you Inc.」には峯尾雄介さんだけでなく、実は木村なつみさんと まつきりなさんもタレントとして所属しています。

つまり、『プロデューサーズZ』とは、おそらく「For you Inc.」の精鋭チームであり、野田爽介さんは『プロデューサーズZ』のリーダーということでしょう。

ちなみに、代表取締役であるからには、ネクタイを着けた写真左側の男性が野田爽介さんだと思っていましたが、違いました。右側の少しラフめな格好で人懐っこそうな笑顔を見せている男性が野田爽介さんのようです。最近のベンチャー経営者を見ても、代表取締役=スーツ+ネクタイ というのは過去の概念になりつつありますね。


左が峯尾雄介さんで、右が「For you Inc.」代表の野田爽介さん

もう少し野田爽介さんについて調べてみました。

野田爽介さんは学生の頃から頭角を現しました。自身が設立した紹介制学生サークルが80大学に及ぶ規模になり、その中の有志でビジネスを始めた結果、1年間で200社近い企業と取引をするまでになりました。そんな広い人間関係の中で、本気の人、才能のある人に尽くし、何かを成し遂げることが最も楽しい瞬間であることに気づいた事が、『For you Inc.』の原点となったようです。

ここでは簡単な紹介に留めますが、野田爽介さんについてよく知りたいという方は、インタビュー記事を見つけたのでこちらを参照していただきたいと思います。

つまり、『プロデューサーズZ』とは?

アクセサリープロデューサーで注目のインスタグラマーである木村なつみさん、モデルに限らずあらゆるメディアで活躍する まつきりなさん、圧倒的共感力と企画力でPRを担当する峯尾雄介さん、そして彼らの才能をサポートする『For you Inc.』代表の野田爽介さんについてご紹介しました。

そんな4人が協力し、ビジョンをアイデアの形にするプロデュース思考の女性メンバー2人と、アイデアをビジネスとして企画に落とし込む男性メンバー2名が、各人の強みを掛け合わせて相談者の問題を解決する。それが『プロデューサーズZ』ということでしょう。

タイムバンクでは、そんな『プロデューサーズZ』にビジネスのアイデア出しやSNSのコンサルティングを依頼することができます。誰でも依頼することができるので、事前のアポなども不要です。次に、『プロデューサーズZ』に依頼できるサービス内容をご紹介します。

『プロデューサーズZ』のサービス内容

タイムバンクで『プロデューサーズZ』の時間を購入すると、3つのサービスを申請時間に応じて受ける事ができます。

購入した時間だけ、『プロデューサーズZ』が申請者のために時間を割いてアイデア出しやビジネスのコンサルティングを実施してくれるということです。これから新しいサービスに挑戦しようとしている人にとって、彼らの発想力や企画力は他では手に入れる事はできない貴重なものに違いありません。

ちなみに、サービス内容には入っていない内容でも相談可能な場合もあります。その場合には、事前にタイムバンクの「トーク」機能で確認しておくことをお勧めします。

サービス①:『ビジネスのアイデア出し、壁打ち相手になります!』

「壁打ち」とは「答えの無い相談に乗ること」。新しい企画やビジネスを始める際には答えが無いことがほとんどですが、このサービスを利用すると『プロデューサーズZ』メンバーが答えの無い領域を掘り進めてくれます。

発想力に優れた女性メンバー2人がいることから、若年層向けでは特に強みを発揮するのではないでしょうか。

『ビジネスのアイデア出し、壁打ち相手になります!』

10代代表として木村なつみ、20代前半代表としてまつきりなの2名の純粋な意見を中心に、実績のあるPRプランナーも含めて主に若年層向けの商品開発やPR企画のアイデア出し行います。

必要時間:1,200〜3,600秒
参考価格:26,400~79,200円

サービス②:『SNSの運用コンサルを行います!』

『プロデューサーズZ』は総フォロワー数が20万人を超えるほどSNSに強いチーム。このサービスでは単にSNS運用の相談ができるだけでなく、企画からキャスティングまで幅広い領域に対応可能です。

『SNSの運用コンサルを行います!』のサービス外にはなってしまいますが、コンサル後の実運用まで依頼することができるのは心強いですね。

『SNSの運用コンサルを行います!』

SNSを本気で活用していきたい、運用していきたいとお考えの企業様に対し、チームメンバーで案出しやコンサルティングを行います。
・商品開発の案出し
・コラボ商品の企画案出し
・新企画の壁打ち相手としての案出し
・SNSのブランディング設計
・コンテンツの企画案出し
・撮影、ディレクション
・ハッシュタグの選定
・モデルの選定、キャスティングの仕方
まで相談・アドバイス可能です。

リワードをご利用頂き、その後の運用も任せて頂ける場合は、別途契約で行います。

必要時間:1,200〜3,600秒
参考価格:26,400~79,200円

サービス③:『グッズ制作の相談・アドバイス』

『プロデューサーズZ』メンバーにとって、グッズ製作は得意領域。木村なつみさんはアクセサリーブランド「フリョウヒン」でアクセサリーをデザインするほどで、峯尾雄介さんは「喋るTシャツ」を生み出しました。

そんな彼らにグッズ製作を依頼でき、しかも販売のためのマーケティング施策まで考えてもらう事ができるのがこのサービスです。

『グッズ制作の相談・アドバイス』

今までいくつものグッズを作り、完売させてきたチームメンバーによるグッズ制作の相談、制作ディレクション、それを販売するためのマーケティング施策まで一緒に考え、アドバイスを行います。

必要時間:1,200〜3,600秒
参考価格:26,400~79,200円

まとめ

いかがでしたでしょうか。

有力インフルエンサーのアイデア力に企画力やマーケティング力が加わり、とてつもない相乗効果を発揮しそうなプロフェッショナルチームが『プロデューサーズZ』であることがご理解いただけたと思います。

調べた限り、『プロデューサーズZ』として活動しているのは現時点でタイムバンクだけのようです。タイムバンクで『プロデューサーズZ』の時間を購入すれば、上述の3つのサービスを誰でも簡単に依頼することができます。新サービスや商品の企画を検討している方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です