タイムバンク宿泊チケットで志賀高原のホテルに宿泊!その格安の理由とは?【タイムバンク利用体験】




60軒以上の旅館やホテルに宿泊することができるタイムバンクですが、今回は実際にタイムバンクを使ってホテルに宿泊してきた様子をリポートいたします!

なぜタイムバンクでは通常より大幅に安い価格で泊まることができるのか?その理由も分かりましたので、タイムバンクを利用しての旅行を検討されている方はぜひ読んでみてくださいね。

利用した宿泊チケット

今回利用したタイムバンクの宿泊チケットはこちら。

通常は1泊15,600円の宿泊プランですが、タイムバンクでは45%OFFの8,580円で販売。

1泊の利用で、午前11時にチェックイン、翌日夕方18:00にチェックアウトと、都心のホテルでは考えられないほどのロングステイが可能です。志賀高原はウィンタースポーツが盛んで、二日間とも荷物を置きっぱなしで楽しめるようにとの配慮ですね。

冬は予約が難しいほどの人気らしいですが、夏は客足も少ない様子。そこで空いた客室を活用するべく、タイムバンクでチケットの販売を行なったようです。

宿泊したホテルは志賀高原にある「ホテルタキモト」

志賀高原の好立地のホテル

冬はウィンタースポーツで賑わう志賀高原ですが、今回宿泊したホテル「ホテルタキモト」はそんな志賀高原のスキー場にアクセスしやすい好立地です。

リフトがホテルから歩いて100mほどのところにありますので非常に便利。

標高1,650mの山々に囲まれ、自然豊かな環境が特徴のホテルです。

(画像はトリップアドバイザーより)

東京から北陸新幹線で長野駅まで1時間半。さらにレンタカーで2時間ほど山道を行くとホテルに到着しました。

移動にはかなり時間がかかりましたが、木々に囲まれた山道のドライブは気持ちがいいので、あっという間についた印象です。

妻と二人で行ってきました

冬は人気だが、夏場は閑散

事前に予約をしていましたが、ホテルに入ると誰もおらず静まり返っていました。本当に営業しているのか不安になってしまったほど…。

スキー用のロッカーや乾燥室など、ウィンタースポーツ関連の設備は充実していて人気らしいのですが、夏場は閑散としてしまっている印象です。

私が宿泊した時の他の宿泊者は2~3組。車で山道を延々と登らなくてはならない立地がアダとなっているように思いました。

気づいてもらえなかったのでベルを5回くらい鳴らしました

タイムバンクアプリの宿泊チケットを提示してチェックイン

タイムバンクで事前にチケットを購入しているので支払いは不要です(チェックアウト時に入浴税150円/人はかかりました)。

代わりに宿泊チケットを表示したスマホを提示し、画面上で利用手続きを行うことで確認完了となります。

ただし、名前や住所は通常のチェックインと同様に記入する必要があります。タイムバンクにも名前と住所は登録してあるので、チェックイン時に確認する程度にしてもらえると便利だなと感じました。

ホテルの中の様子

ラウンジが良い雰囲気

フロントの前を通ると暖炉を中央に据えたラウンジがあります。

冬場は暖炉の火で焼きマシュマロなどをいただけるそう。ワインセラーには豊富な種類のワインが貯蔵されていて、スキーを楽しんだ後に暖炉で温まりながら仲間とワインを一杯、というひとときは想像しただけで楽しそうですね。

客室は広いが不便な点も

2階の部屋に通されましたが、客室は都心のビジネスホテルの1.5倍はありそうなほど広く、そして窓からは志賀高原の山々を一望できて開放感があります。

しかし、いくつか不便な点も。

まず、部屋のシャワーを使うには追加料金が必要です。山深い場所なので水も貴重なのでしょうね。

基本的に大浴場を使うことになりますが、個人的にはシャワーが使えないことで不都合はありませんでした。

また、湯飲みや浴衣などは部屋に備えられておらずセルフサービスとなっていました。気になるほどではありませんが、取りに行かなければならないのはちょっとした手間です。

評判通りの美味しい食事

夕食の内容

ホテルの閑散とした様子から若干不安を覚えていましたが、他で手抜いた分を食事に全振りしたのでは、というくらい夕食は素晴らしいものでした。

全体的に薄い味付けですが、他の宿泊者のレビュー通り野菜の美味しさは格別で、「素材の味を生かす」という言葉がぴったりです。箸休めの小松菜(テーブル中央)もついつい食べてしまうちょうどいい味付けです。

それでは、一品一品を写真でご紹介します。

食前酒「薔薇のお酒」・オードブル盛り合わせ・生ハムとカッテージチーズのサラダ

コーンスープ

ラタトューユ温泉卵のせ

甘鯛の香焼き

信州ポークのソテー バルサミコスソース

そば粉のロールケーキ

朝食

朝食は温野菜を中心に、サラダ、卵料理(スクランブルエッグor目玉焼き)、パンなどをいただくことができました。

和食も選ぶことができましたが、ホテルとしては洋食推しだと感じたので夫婦揃って洋食をチョイス。

量も種類も豊富で、贅沢な気分を味わえますよ。

温野菜やお肉など

サラダ

たまご料理

奥さんは卵料理で目玉焼きを選択

パン(食パン・ロールパン・クロワッサン)

スイカ

ホテルタキモト朝食のスイカ

18時まで滞在できるも、早めにチェックアウト

今回の宿泊プランは18時まで滞在できることがアピールポイントですが、私たちは朝食を食べたらすぐにチェックアウトしてしまいました。

というのも、奥さんが妊娠中で登山や川遊びなどのアクティビティができず、アクティビティ以外にやることと言えばリフトで山頂に上がるくらい。

山頂には1日目に行ってしまったので、2日目にはやることがなくなってしまい、次の目的地である軽井沢に早めに出発することにしました。

ホテルタキモト_軽井沢までの道中

軽井沢までの道中は景色が最高です

今回の宿泊チケットが安かった理由

他の宿泊者は2~3組しかおらず、客室は空きだらけだった様子でした。

志賀高原のホテルは冬が人気の反面、夏は閑散期となってしまうため、格安で宿泊チケットを販売し、少しでも空きを埋めたいところでしょうね。夏にホテルの良さを感じてもらい、冬のリピーターにつなげるということもできそうです。

実際、スキー場に近い優れた立地や美味しい料理、そしてウィンタースポーツ関連の充実した設備を見ることができたので、冬の繁盛期にまた来ようと思う宿泊者もいるのではないでしょうか。

そくほう
今回の宿泊チケットは「1億円キャッシュバック祭」で入手しましたので、実質0円で宿泊できました。交通費などを考えるとそこそこの出費でしたが笑。

まとめ

今回はタイムバンクを利用して宿泊する初めての機会となりましたが、それなりに快適に過ごすことができました。

自然豊かで涼しい分、観光する場所はほとんど無いので、がっつり観光したいという方には向かないホテルかなと感じました。正直なところちょっと暇でしたね笑。

私たちはできませんでしたが、アクティビティもいろいろありますので退屈はしないはずですよ。

キャッシュバック祭を活用して宿泊チケットを購入すれば半額以下で泊まることもできますので、志賀高原に宿泊の際にはぜひ「ホテルタキモト」を検討してみて下さいね。

【タイムバンクNo.1人気】ヒルトン東京お台場 デザートビュッフェ体験レビュー

2019年7月20日

ヒルトン東京お台場の贅沢ディナーをタイムバンクで体験!お店の様子や料理をリポートいたします

2019年7月15日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です