ヒルトン東京お台場の贅沢ディナーをタイムバンクで体験!お店の様子や料理をリポートいたします




「ヒルトン」と言えば全世界で5,000軒以上の高級ホテルを運営しているホテルブランド。日本でも12施設を展開していて相当な知名度を誇りますが、タイムバンクではその中の「ヒルトン東京お台場」でディナーをいただくことができるクーポンチケットを購入することができます。

つい先日、タイムバンク証券管理人はヒルトン東京お台場の日本料理店「さくら」にタイムバンクを使って行くことができましたので、今回はその様子をリポートいたします。

通常は12,204円のコースがタイムバンクでは6,100円で販売されており、さらに「1億円キャッシュバック祭」を活用して”実質0円”で一流ホテルのディナーをいただくことができました。

タイムバンクでは信じられないほどお得にサービスを購入できることがありますので、本記事を参考にぜひ活用してみてはいかがでしょうか!

そくほう
タイムバンクのクーポンチケットについては「【タイムバンク講座】クーポンチケットの使い方、メリットとデメリットを徹底解説します!」で解説していますので、こちらもぜひ併せてご覧ください。

使用したクーポンチケットの紹介

まず、今回使用したクーポンチケットについてご紹介します。

クーポンチケットの概要

【ヒルトン東京お台場《会席/鯛しゃぶ/天ぷら/お寿司》の4コースから選べる✨一流ホテルの贅沢ディナー】

店舗  :日本料理「さくら」
価格  :1人6,100円(通常12,204円)
有効期限:2019年7月31日
予約  :前日まで必須
利用人数:2〜20名
追加料金:ワンドリンクオーダー制(1,098円〜)

お店はテレビでも取り上げられた日本料理店「さくら」

お店はヒルトン東京お台場建物内にある、日本料理店「さくら」です。

客席の横には日本庭園があり、その向こうにベイブリッジと高層ビル群を眺めることができる好立地。四季折々の会席料理と日本各地のお酒を楽しむことができます。

2019年6月20日には日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン2時間スペシャル」のロケが日本料理さくらで行われ、岡田准一さんや木村文乃さんなどの有名俳優が同店の天ぷらを食べる様子が放送され話題となりました。

放送を記念しての特別メニューも期間限定で提供されているので、興味のある方はぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

クーポンチケットの制限など

お店がタイムバンクで格安でクーポンチケットを販売する理由は、お客が少ない時間に稼働率を上げることと、新規顧客に対するPRになるという2点。

その性質上、タイムバンクで販売されるクーポンチケットにはいくつかの利用制限があります。

今回のクーポンチケットについてはPRという側面が強いようで、曜日や時間帯関係なく利用することができました。主な制限としては、2名以上の利用であること、ワンドリンクオーダー制(1,098円〜)であるということ、そして利用期限が2019年7月31日までということです。

また、土日祝のタイムバンク利用人数は10名までと決まっていて、来店人数が少ない平日に稼働率を上げたいという意図が伺えます。

クーポンチケットの使い方

クーポンチケットの購入方法はこちらの記事で解説していますので、ここでは使い方を簡単にご紹介します。

クーポンチケットを購入するとマイページの「チケット」に保存されます。

チケット一覧から使いたいチケットをタップすると使用画面が開きますので、この画面をお店で提示することで使用することができます。

また、チケット画面で表示されている「チケット番号」(下の画像では隠しています)は予約の時に聞かれる可能性があるので、予約するときまでにこの画面の開き方は確認しておいてくださいね。

予約は基本的に電話で行います(稀にネット予約有り)。

予約時にタイムバンクを使うことを言っておく必要があり、チケットによっては「〜日前までに予約必須」という記載がありますので、行きたい日にちを決めたら必ず利用条件を確認しておいてください。

ヒルトン東京お台場のディナーをリポート

前置きが長くなってしまいましたが、タイムバンクを使って日本料理「さくら」に行った様子をリポートいたします。

予約〜来店

土日祝はタイムバンク利用限定10名という条件があったので、6月23日にチケットを購入して即日予約しました。

予約はヒルトン東京お台場のレストラン予約を一括して受けている番号に電話し、7月7日(日)18:00〜に2名でお願いしたところ、無事に予約することができました。タイムバンクでの予約には慣れている様子でスムーズでした。

予定通り7月7日(日)18:00に来店すると、受付の方がタイムバンク画面の提示を促し、こちらも慣れた様子で利用手続き完了。2〜3ヶ月前に行ったお店ではタイムバンクの利用確認にかなり手間取っていたのとは対照的で、タイムバンクが浸透してきているのを感じました。

店内の雰囲気

店内は和風でありながらモダンな雰囲気。天井が金箔のような金色で豪華です。

私たちが着いた時には他にお客さんがいませんでしたが、すぐに8テーブル中6テーブルが埋まりました。若いカップルが他に3組いたのでおそらくタイムバンク利用かなと思います。

ホームページでの触れ込みの通り、席からは日本庭園とベイブリッジを一望することができましたが、あいにくの雨でベイブリッジはぼんやりとしか見えませんでした笑。天気が良ければ素晴らしい眺めだったはずです。

テーブルにはナプキンが桜の花のように折られています。崩すのが勿体無いほど綺麗です。

ワンドリンクオーダー制だったので、私と妻は黒豆茶を注文しました。黒豆の味と香りがしっかり出ていて美味しかったですよ。

コースは4つ選べるうち、天ぷらのコースを選んでいました。

最初に出てきた料理は「青菜浸し」。絶妙な味付けで、最初だったこともあり、この料理が一番美味しく感じました笑。

二つ目は鯛とはまちのお造り。もともとのメニューでは鯛と初鰹になっていましたが、季節や仕入れ状況によって内容が変動するようです。

味はもちろん美味しく、そしてお皿とお刺身の色合わせが綺麗ですね。

その次はこちら(元々は茶碗蒸しでしたが、メニュー名を忘れました)。お皿の底にあるのがとろろで、出汁に漬けられた野菜と一緒にいただきました。

一つ一つの野菜が主役級に美味しいです。切子細工の器も高級感がありますね。

そして主役の天ぷらがこちら。

天ぷらは冷めてしまわないように2回に分けて配膳され、最初に出てきたのが 車海老2本/きす/茄子/南瓜 の4種類。

ご飯と味噌汁も一緒に食べたかったので、天ぷらと一緒に出していただきました(天ぷらに夢中で、食べる前にご飯と味噌汁の写真を取り忘れるという凡ミス)。

天ぷら2皿目は 椎茸/青唐/穴子 の3種類。奥さんはキノコ類が苦手だと伝えておいたのですが、椎茸を玉ねぎに変えてくれる計らいをしてくださりました。

対応していただけたということ自体が嬉しいですね。

奥さんは妊娠中で食べられるかどうか不安がっていましたが、やはり美味しいものには箸が進むようで、いつもの倍くらいは食べていましたね笑。

最後はデザートとして白玉ぜんざいです。

私は奥さんの分まで食べていたのでお腹がパンパンでしたが、程よい甘さで軽く食べきることができました。

お会計

およそ2時間ほど滞在し、お会計へ。お会計はテーブルではなく入口のカウンターで行うスタイルです。

二人ともソフトドリンクを1杯ずつしか注文しかなったので、1,098円×2 にサービス料13%が乗って、合計2,481円でした。

ディナーチケット自体はキャンペーンで無料で手に入れていたので、今回支払った合計は2人で2,481円です。

素晴らしい料理を非常にお得に堪能することができました。

まとめ

ヒルトン東京お台場の贅沢ディナーをタイムバンクで体験した様子をリポートいたしました。

タイムバンクでは多くの飲食店のクーポンチケットが販売されていますが、その中でもヒルトン東京お台場のお店は特に人気です。

クーポン利用だからといい加減な対応をされることはもちろん無く、この上ない丁寧な接客で、また行ってみたいと感じさせるほど良い体験だったと思います。

手軽に、そしてお得に特別な体験をすることができますので、ぜひみなさんもタイムバンクのクーポンチケットを活用してみてはいかがでしょうか!

【グルメマップ】タイムバンクが使える飲食店一覧!近くのお店を探してみましょう

2019年8月1日

【トラベルマップ】タイムバンクが使える旅館・ホテルをマッピングしました!

2019年8月6日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です