5円からできる、お手軽投資アプリ「トラノコ」。投資初心者でも続けられるのが魅力!

おつりで投資、トラノコ




「老後に必要な資金は2,000万円」。金融庁が出したこの報告が話題になり、資産を増やすための「投資」への注目度が高まっています。

しかし、投資にはリスクがあるというイメージがつきもの。興味はあるけど、なかなか一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが、数十円の「お釣り」だけで投資ができるアプリ「トラノコ」。トラノコを使うと小さな金額で簡単に投資できるので、投資初心者にとてもオススメなアプリなんですよ。

企業や金融機関の利益を受け取ることができる投資は、10年以上の長期であれば勝率9割という結果が出ている手堅いもの(日本経済新聞「積み立て投資は10年続けよ「勝率」は9割」 )。

まずは投資入門としてトラノコアプリに挑戦してみませんか?

お釣り投資の「トラノコ」とは?

トラノコはiOSとAndroid向けアプリ、そしてWeb版がリリースされている投資アプリです。

トラノコに登録したクレジットカードや家計簿アプリからお釣りを自動算出し、1ヶ月分のお釣りを月末にワンタップで投資することができます。

細かいお金を気軽に投資できるというのが大きなメリットです。

トラノコアプリのアイコン

お釣りの計算方法

お釣りの計算方法は100円・500円・1000円から選び、例えば500円を選んで380円の買い物をすれば、120円が投資に回す金額となります。

ただし、買い物した時点ではお釣りを計算するだけで、トラノコにすぐ入ってしまうというわけではありません。

月末に1ヶ月のお釣り合計額がお知らせされ、「ちょっと多いな」「もっと投資したい」などがあれば金額を調整できます。

最終的には自分で金額を決めることができるので安心して下さいね。

トラノコは儲かるの?

私はトラノコを始めたばかりで結果が出ていないのですが、実体験を調べると利益になっている声が多数派です。

以前は調子が悪かったようですが、最近は多くの人が含み益になっているようですね。

これはトラノコが改善されたというより、世界情勢が改善しつつあるからという理由が大きいでしょう。

今後も上がったり下がったりが続くと思いますが、長期に運用することで配当や金利を受けることができ、総じて利益になる可能性が高いのが投資というものです。

投資信託(トラノコの投資方法)で10年以上運用すると利益になる確率は9割以上という実績も出ています。

トラノコを始める7ステップ

それでは、トラノコを始めるための7ステップを順にご紹介していきます。

まずはこちらからアプリをダウンロードしておいてくださいね。

ステップ1:投資口座を開設する

まず最初に投資口座を開設しましょう。

投資口座とは、あなたのお金をトラノコに預ける窓口になる口座です。

トラノコアプリを開くと自動的に口座開設になりますので、下記情報を入力していきましょう。

口座開設で入力する内容
  • ・生年月日、氏名、住所等のご入力
  • ・運転免許所等の本人確認書類のアップロード
  • ・マイナンバー情報のご入力(マイナンバー情報のご入力は、申し込み後でも可能です)

ステップ2:お釣りの設定

口座開設の次は、「トラノコおつり捕捉サービス」にアカウントを作りましょう。

「トラノコおつり捕捉サービス」が毎月のお釣りを計算し、投資額を算出してくれますよ。

マネーフォワード、Zaim、マネーツリーを利用する場合はアカウントを作る必要は無く、連携させるだけで完了となります。

ステップ3:クレジットカード等の登録

アカウントを作った「トラノコおつり捕捉サービス」にクレジットカードなどを登録し、お釣りが計算できるようにしてあげましょう。

クレジットカードの他にも各種電子マネーやAmazon,楽天などと連携することができますよ。

ステップ4:投資方法を選ぶ

トラノコでは投資方法に3つのコース(「ファンド」と呼ばれます)があります。

トラノコの投資方法
  • ・安定重視の「小トラ」
  • ・バランス重視の「中トラ」
  • ・リターン重視の「大トラ」

小トラは損失の可能性は小さいものの利益も少ないローリスク・ローリターンのコースで、大トラでは逆に損失も利益も大きくなりやすいハイリスク・ハイリターンのコースです。

個人的には間をとった中トラがおすすめ。

小トラでは月額利用料以上のリターンを得るのに相当な額を投資しなければならず、大トラは大きく上下するので初心者向きではないかなと思います。

ステップ5:引き落とし口座設定

次に、1ヶ月分のお釣りを引き落とす口座を設定します。

ほぼ全ての金融機関が利用できますよ。ただし、みずほ銀行の場合だけは登録完了まで2週間ほどかかってしまうようです。

ステップ6:マイナンバーを設定する

ステップ1で入力していない場合はマイナンバーを設定します。

マイナンバーを入力するのは少し怖いですが、マイナンバーを扱う業者は必要な安全管理措置を行うことを命じられています。過度に心配する必要はありませんよ。

すぐにできる登録はここまで。ステップ7に進むには郵便物を待つ必要があります。

ステップ7:簡易書留で郵送される確認番号を入力

ステップ1終了から数日で簡易書留が郵送されます。

そこに記載されている確認番号を入力して、トラノコを始める手続きが完了します。

20日以内に登録完了で200円プレゼント!

ステップ1〜7を20日以内に完了させると、開設した投資口座に200円がプレゼントされます。

いきなり+200円で投資を始められるのは嬉しいですね。パパッと終わらせて楽しい投資ライフをスタートしてください。

トラノコの手数料

他の投資サービス同様、トラノコでも資金運用に手数料がかかります。

トラノコでかかってくる手数料は次の二つです。

トラノコの手数料
  • ・月額300円
  • ・運用額の0.3%/年

こちらが公式サイトの料金体系表です。

トラノコの手数料

https://toranoko.com/stocked/charge.html

運用報酬0.3%/年というのは投資サービスとして最低水準。月額300円が乗っかるので運用額が小さいうちは他の投資信託の方が安いですが、手軽に始められる投資としては十分な安さです。

ちなみに、最初に投資資金を入れてから3ヶ月間は月額0円で利用できます。元手が少ない最初のうちは無料でできるのも嬉しいポイントです。

そくほう
私もトラノコで資金運用を始めたところなので、今後実績を公開していきますよ。

そもそも、なぜ投資が必要なの?

トラノコの手軽さと簡単さは分かってもらえたでしょうか?

次に、ちょっと踏み込んで、なぜ投資が必要なのかというのを解説してみたいと思います。

投資というと危険なイメージですが、日本円で持っていること自体も外国人から見たら「投資」で、価値あるものをどう保有するかの違いだけなんですよ。

お金で持っていると損をする

投資するより銀行に預けておく方が安心。私も以前はそう思っていましたが、投資をするようになって間違いだと分かりました。

銀行に預けているお金の金額は確かに変わらないので一見安心ですが、日本の政策は物価が上がる方向を目指していて、相対的にお金の価値は目減りしていくのです。

物の値段は時代とともに変わります。お金の額面は変わらなくても、物の値段が上がれば、お金で持っている人は損なのです。

実際の物価の推移を見てみると、このように推移しています。

日本の物価推移

2008年頃からはリーマンショックの影響で大きく下がりましたが、アベノミクス政策や東京オリンピック開催が決まったこともあり、2013年頃から本格的に上昇を始め、2019年までに約6%も物価が上昇しています。

つまり、2013年から貯金だけをしていた人は6%も損をしているという事なんです。

投資することで物価上昇に追いつく

この物価上昇は今後も続く見込みですが、物価上昇による貯金の目減りは投資をすることで回避することができます。

投資とはお金と何かを交換すること。お金で持っていないため、物価上昇によるお金の目減りの防ぐことができます。

また、物価上昇は企業の利益が拡大する方向に作用するため、企業の株に投資しておけば配当や株価上昇が期待でき、物価上昇以上の利益になるでしょう。

ギャンブルではない安全な投資を

とはいえ、いきなり大金をつぎ込むのは気持ち的に難しいと思いますし、いきなりやっても目先の損益に一喜一憂してしまって良くありません。

どれかが下がったらどれかが上がって、となるように分散して投資を行い、ギャンブルでない安全な投資を行うのがオススメです。

投資は怖いと思っている方も多いですが、投資しないこと自体もリスクがあることなんですよ。

安全に投資を行う手軽な方法として、数十円から投資できるスマホアプリ「トラノコ」はぴったりですよ。

まとめ

手軽なおつり投資アプリ「トラノコ」について、概要や登録方法をご紹介しました。

以前は投資というと限られた人だけがやるものでしたが、社会情勢の変化や投資サービスの充実もあり、どんどん投資が身近なものになりつつあります。

まずは手軽に始められるサービスから始めてみて、将来の資産形成の足がかりにしてみてはいかがでしょうか!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です