ひろぎんホールディングスの株主優待・配当はいつ届く?到着予定をIRスケジュールから考察!!




株主優待で一躍人気となった「ひろぎんホールディングス」ですが、優待はいつ到着するのか疑問に思っている人が多いと思います。

ひろぎんHDが優待を設定したのは2020年10月1日。まだ優待が一度も発送されたことが無いので、ネットで調べてもいつ届くのかは出てきません。

しかし、株主優待の到着時期はだいたい決まっています。本記事では、一般的な優待到着日程をもとに、ひろぎんHDの株主優待がいつ到着するのかをご紹介したいと思います。

管理人

本記事の到着日程はあくまで予想ですので、その前提で読んでいただければと思います。株主優待を何年も受け取ってきましたので、その経験をもとに考察していきます。



ひろぎんホールディングスの株主優待の到着日程

一般的に、株主優待は「6月上旬」に届く

結論から言って、ひろぎんホールディングスの株主優待は6月上旬に届くはずです。

早ければ5月末にも届くかもしれません。

権利確定日が3月末ですので、権利確定〜優待到着までおよそ2ヶ月あまりということになります。

6月上旬に届く理由

6月上旬の理由は、ひろぎんホールディングスは3月末決算の企業だからです。

3月末決算の場合、一般的に企業のスケジュールは次のようになります。

  1. 3月末 :権利確定
  2. 5月中旬:決算発表
  3. 5月末〜:株主総会招集通知発送(株主優待が同封される
  4. 6月上旬:株主総会招集通知到着
  5. 6月中旬:定時株主総会(配当が決定)
  6. 6月末 :配当振込

企業によって若干前後しますが、だいたいこのようなスケジュールです。

基本的に、カタログギフト系の株主優待は5月末に発送される「株主総会招集通知」に同封されることが多く、地域によって到着に差はあるものの、6月上旬には到着するようになっています。

上場企業としてのスケジュールから株主優待の到着日がおおよそ決まってくるのです。

ひろぎんホールディングスのIRカレンダー

ひろぎんホールディングスのIRカレンダーを確認すると、多くの3月末決算の企業と同じスケジュールとなっています。

ひろぎんHDのIRスケジュール。一般的に株主総会前に届く通知に優待が同封されるため、6月前半の到着となる。

株主総会が20日など、”中旬”の後ろの日の場合、到着が10日以降になる場合もあります。

このあたりは実際に受け取ってみないと分からないですね。

ちなみに、同じくカタログギフト系の株主優待である「KDDI」のIRカレンダーも同じような日取りで、優待は6月2日に届きました。

KDDIのIRスケジュール。優待は6月2日に届いたが、ひろぎんHDもほぼ同じスケジュールになると予想される。

配当の到着日程と配当額

配当は6月末着金

上で書いてしまいましたが、配当の振込日は6月末になると思われます。

配当は株主総会で決定されるため、振込はそれより後になるのが普通です。振込実行〜着金まで多少の時間を要しますので、着金は6月末あたりになります。

他の3月末決算の企業も6月末に着金するのが一般的です。

配当額は「当期純利益」で決まる

ひろぎんHDの場合、配当額は「当期純利益」によって決まります。

当期純利益に対応する配当額が表となっていて、これに純利益を当てはめることで自動的に配当額が決まる仕組みです。

ひろぎんホールディングス「配当情報・株主優待制度」より抜粋

2020年度は「1株24円」の可能性が大

当期純利益は業績予想として事前に公表されていて、2020年度は215億円となる見通しです。

2021 年3月期 第3四半期決算より抜粋

これを上の配当目安テーブルに当てはめると、(1)安定配当が18円、(2)業績連動配当が6円となり、合計24円が1株あたりの配当額となります。

配当利回りは約4%

ひろぎんHDの株価は600円ほど(2021年4月時点)ですので、配当利回りとしては約4%となります。

配当利回りは3.0%を超えれば高配当の部類ですので、ひろぎんHDは高配当株と言われています。

これに優待利回りも乗ってくるので、ひろぎんHDは個人投資家にとって人気株となりそうです。

まとめ

ひろぎんホールディングスの株主優待・配当の到着日についてご紹介しました。

他の優待銘柄から考察した予想ではありますが、上場企業としての日程はだいたい決まっていますので、それほど大きくずれることはないでしょう。

優待の権利を獲得するといつ届くのか気になってしまいますが、本記事が少しでも参考になれば幸いです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です