タイムバンクのポイント制度について解説!ポイントの貯め方や使い方は?

タイムバンクのポイント制度




10月1日からタイムバンクにポイント制度が導入されました。

1ポイント1円分として使うことができる点は多くの通販サイトと同じですが、貯め方や使い方のルールはタイムバンク独特なところがあります。自動的に貯まると思っていたら実は貯まっていなかった、なんてことは避けたいですよね。

そこで今回は、タイムバンクのポイントにまつわる貯め方や使い方のルールを全て解説していきます。

タイムバンクでポイントを貯める4つの方法

まずはタイムバンクでポイントを貯める方法をご紹介します。

ポイントを貯める方法
  • ・招待コードを使って買い物をする(商品価格の10%)
  • ・商品購入時に招待コードを使ってもらってもらう(商品価格の10%)
  • ・新規ユーザーに招待コードを使ってもらう(300P)
  • ・ログインボーナスを獲得する(1〜300P)

それぞれ詳しく解説していきますね。

招待コードを使って買い物をする(商品価格の10%)

自分が買い物をするときに、他ユーザーの招待コードを入力することで10%がポイントバックされます。

商品購入時に招待コードを入力する欄がありますので、ここに教えてもらった招待コードを入力してください。

招待コードの入力欄

招待コードを入力しないまま購入してしまうと、もらえるはずだったポイントをもらうことができません。入力し忘れないように気をつけてくださいね。

商品購入時に招待コードを使ってもらってもらう(商品価格の10%)

ポイントは購入者側だけではなく、招待コードの持ち主にも同じく10%が付与されます。

商品を紹介した報酬として付与されるもので、よりたくさん宣伝して商品購入につなげれば、より多くのポイントをもらうことができますよ。

商品を宣伝するには、商品ページの右上にある共有ボタンからやるのが簡単です。

商品の共有ボタン

例えば、「Twitter」を選ぶと商品紹介をTwitterに投稿することができます。投稿のリンクから商品ページに飛ぶと、紹介者の紹介コードが自動で入力されてポイント獲得につながりやすくなるという機能付きです。

こちらが実際に投稿してみたツイートです。リンクを押すと、私の招待コードが入力された状態で商品購入画面に飛びますよ。

https://twitter.com/Timebank_Sokuho/status/1190613433906892800

新規ユーザーに招待コードを使ってもらう(300P)

新規ユーザーに招待コードを使ってもらうことで300Pがお互いに付与されます。

自身の招待コードは「マイメニュー」画面の「招待コード」に記載されていますので、それをタイムバンクに誘いたい人と共有してください。

招待コード画面

ログインボーナスで獲得する

毎日タイムバンクにログインすると1日毎にスタンプがたまり、5個スタンプを集めると1〜300円が当たるルーレットを回すことができます。

最大15日までカウントされ、5日目は1回、10日目は2回、15日目は3回のルーレットチケットが付与される仕組みです。

ログインボーナス画面

毎日ログインするだけなので、自然とポイントが貯まっていきますよ。

ただ、100P以上が当たる確率は非常に低く、1〜50Pがほとんど。獲得ポイントについてはあまり期待しすぎないほうが良いです。

https://twitter.com/Timebank_Sokuho/status/1180632835943591937

キャンペーン期間中は獲得ポイントが多くなることも

招待報酬2倍キャンペーン

稀に「招待報酬2倍キャンペーン」が開催され、期間中は招待した側とされた側、ともに600Pが付与されます。

1〜2ヶ月に1度ほどのペースで開催され、この期間は新規ユーザーを誘うチャンスですよ。

1億円ポイントバック祭

タイムバンク名物の大規模還元キャンペーン「1億円ポイントバック祭」では、招待した側とされた側、両方に35%という高還元率(還元率はキャンペーン毎に変動する可能性あり)でポイントバックが行われます。

同じ商品が欲しい人を探して購入し合えば(「相互購入」と呼ばれています)、商品価格の70%のポイントを獲得することも可能ですよ。

「1億円ポイントバック祭」が最も多くのポイントを獲得できるキャンペーンですので、欲しい商品があれば積極的に利用してください。

1億円ポイントバック祭が開催中!

【全商品70%OFF】1億円ポイントバック祭をタイムバンク専門家が徹底解説!

2019年10月18日

タイムバンクでポイントを使う方法

確認画面でポイント利用を選択

ポイントは商品購入時に使うことで、1P=1円として商品価格から値引きされます。

商品購入の確認画面でポイント利用を選択できます。

ポイントを利用することで値引きできる

通常は「ポイントを使用しない」が選択されていますので、勝手に使われることはありません。

ポイント利用時の注意点

ポイント利用時の注意点は、ポイント値引き分はポイント付与対象外となることです。

上の画像の場合、招待コードを利用すれば通常は570P(5,700円の10%)が付与されますが、ポイントを400P利用すると支払額は5,300円になりますので、獲得ポイントも530Pに減少します。

ポイント利用分がポイント付与対象になる通販サイトもありますので、人によっては勘違いしやすいところです。

タイムバンクのポイントに関する注意点

タイムバンクからの出金は不可

タイムバンクで貯めたポイントは残高と異なり、アプリから引き出すことができません。

なので、残高を使うよりはポイントは積極的に利用していくのが良いですよ。

ポイント有効期限は1年

ポイントは受け取ってから1年間有効ですが、1年経過すると消滅してしまいます。

ポイントを保有していても特にプラスになることはありませんのでどんどん使っていきましょう。

商品購入のポイント付与は2週間後

商品購入時の10%ポイントバックは即時付与ではなく、2週間後に付与されます。

購入のポイントバックは2週間後に付与される

すぐに使えないのは不便ですが、忘れずに消化するようにしましょうね。

ちなみに、新規ユーザーに招待コードを使ってもらった場合(300P)やログインボーナスのポイントは即時付与です。

まとめ

タイムバンクのポイントについて、貯め方と使い方、そして注意点などを解説しました。

タイムバンクはまだユーザーを拡大途中の段階で、新規ユーザーを増やすためにポイント還元策を積極的に行っています。

上で解説した通り、通常でも10%還元、キャンペーンになるとその数倍が還元されるほど。他の通販アプリよりお得に購入できますので、ぜひポイントを生かしてタイムバンクでお買い物を楽しんでくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です