「1億円キャッシュバック祭」が開始!キャンペーン内容と参加方法を徹底解説します!




タイムバンクで商品を実質タダで購入できる「1億円キャッシュバック祭り」が開始されました!

招待コードを利用するとお互い半額ずつのキャッシュバックをもらうことができ、家族や知り合い同士で使い合えば実質タダで商品を購入できてしまうキャンペーンです。

今回は、キャンペーンの内容実際にキャッシュバックを受け取る方法、そしてキャンペーンの注意事項を徹底解説いたします!

そくほう
「1億円キャッシュバック祭」は6月26日に1億円に到達して終了しました。終了後の考察は「1億円キャッシュバック祭は失敗だったのか?ユーザーの反応とデータで振り返る」で行なっていますので併せてご覧ください。

タイムバンクを始めたらまずやるべき5つのこと

2019年3月29日

目次

「1億円キャッシュバック祭」の概要

まずは「1億円キャッシュバック祭」のキャンペーン内容を解説します。

【1億円キャッシュバック祭の概要】

・開催期間:6月21日18:00〜6月28日23:59
・参加方法:商品購入時に紹介コードを入力する
・キャッシュバック内容:招待者と購入者に50%ずつ(合計100%キャッシュバック)
・制限等:キャッシュバックは1ユーザー1日1回まで、1回最大5,000円

開催期間:6月21日18:00〜6月28日23:59

「1億円キャッシュバック祭」の開催期間は約1週間が設けられ、キャッシュバック額が1億円に到達し次第終了となります。

1億円に到達するまでの予想としては、一人2,000円〜3,000円は使うと思われ、さらにユーザーも10万人は確実に達していますので、もしかしたら1〜2日で1億円に到達するかもしれませんね。

まだ購入していない方はぜひ購入してみましょう!

参加方法:商品購入時に紹介コードを入力する

「1億円キャッシュバック祭」に参加するには、ユーザー登録さえ済んでいれば簡単。商品購入時に自分以外の紹介コードを入力するだけです。

やり方は下の方で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュバック内容:招待者と購入者に50%ずつキャッシュバック

もっとも重要なキャッシュバック内容ですが、紹介コードの持ち主に50%、紹介コードを使って商品を購入したユーザーに50%が付与されます。

家族や知人同士で使い合えば100%キャッシュバックされ、実質タダで商品を購入できてしまいます。

ただし、一度商品代金を支払わなければいけないので、残高で足りない場合はクレジットカードを登録する必要があります。

タイムバンクで使うおすすめクレジットカードをご紹介!3.2%の還元率を実現します

2019年4月17日

キャッシュバックは1日1回まで、1回最大5,000円

50%のキャッシュバックを受けることができるのは1日1回までで、1回のキャッシュバック額上限は5,000円となっています。

日付が変わったら(0:00になったら)また50%キャッシュバックで購入できるようになります。単純に考えると1〜2日でキャンペーンは終了する見込みなので、日付が変わったらすぐに買ったほうが良さそうですね。

また、キャッシュバック額の上限は5,000円となっています。つまり、1万円の商品を購入するのがもっともお得ということですね。

宿泊チケットなどは1万円を超えるものもありますが、1万円を超えると全額キャッシュバックされないので注意が必要です。

そくほう
キャッシュバックの上限5,000円は日付が変わればリセットされます。期間中の合計5,000円までというわけではないので、ご安心ください。

「1億円キャッシュバック祭」のやり方

それでは、「1億円キャッシュバック祭」で実際に50%キャッシュバックを受ける方法を解説いたします。

タイムバンク証券の招待コードを使って頂ければ、こちらで受け取った50%をキャッシュバック後に送金いたしますのでぜひ使ってくださいね。

手順①:自分以外の招待コードをもらう

まずは自分以外のタイムバンクユーザーから招待コードをもらいましょう。

家族や知人がオススメですので、もし周りにタイムバンクユーザーがいなければこの機会に紹介してみましょう。

招待コードを確認するには、「マイページ」の「招待コード」をタップします。招待コードはタップでコピーすることができますので、メールやSNSなどで確実に共有してください。

上のタイムバンク証券の紹介コードを使っていただいても構いません。

こちらで受け取ったお金はキャッシュバック後にキャッシュレスアプリ「pring」で送金しますので、紹介コードを使って商品を購入したらツイッター(https://twitter.com/Timebank_Sokuho)までご連絡ください。

手順②:購入する商品を探す

招待コードを確認したら、購入したい商品を探しましょう。

今回は「たらばがに缶詰」を買ってみました。行けそうであれば旅館やアクティビティで1万円近いチケットもありますので、ぜひそちらも検討してみてください。

手順③:購入画面で招待コードを入力する

商品画面に入ったら、「注文に進む」をタップして購入画面に入ってください。

すると、招待コードを入力する欄が表示されます。ここに招待コードをペーストしてください(手打ちでも大丈夫です)。入力に成功していれば、招待コードの持ち主の登録名が出てきます。

今回は4,480円の商品ですので、その50%である2,240円がキャッシュバックされると書いてありますね。

招待コードが入力できたら、「次へ」をタップします。

そくほう
数量が入力できますが、2つ以上注文してもキャッシュバックの対象は最初の1つだけです。

手順④:支払い方法を選択して注文を確定

最終確認画面で支払い方法を選択します。

残高では足りないと思いますので、事前にクレジットカードを登録しておきましょう。登録方法は「タイムバンクで使うおすすめクレジットカードをご紹介!3.2%の還元率を実現します」で紹介していますよ。

支払い方法の選択ができましたら、画面下の方にある「注文を確定」をタップして確定してください。

手順⑤:キャッシュバックを確認

購入が完了すると、キャッシュバックのお知らせがお知らせ欄に届いているはずです。

招待者と購入者、両方に届きますので、確認してください。

「1億円キャッシュバック祭」の注意事項

1万円以上の商品は全額キャッシュバックされない

キャッシュバックの上限は5,000円と決まっているので、1万円以上の商品を購入した場合は実質タダとはなりません。

それでも十分なキャッシュバック率とはなりますが、勘違いして購入しないように気をつけましょう。

おそらくすぐに終了する

「1億円キャッシュバック祭」の開催期間としては1週間が設けられていますが、ユーザー数と商品単価をかけ合わせると2〜3日で1億円に到達する見込みです。

まだ購入していない方は早めに購入しておきましょう。

そくほう
(6月24日追記)4日目の時点で5,000万円ほどしかキャッシュバックされていませんので、1億円に到達するまでに思った以上に時間がかかりそうです。

キャッシュバックは2週間後

キャッシュバックはすぐに受けられるわけではなく、2週間後にアカウントに付与される予定です。

すぐに付与されるわけではないので、残高が増えていなくても慌てないようにしましょう。

また、同一ユーザー複数アカウントは不正とみなされるため、今回ばかりは2週間の間にチェックされ、キャッシュバックされない可能性があります。

そくほう
招待コードの300円は暗黙で容認されていたようですが、額が額なので今回ばかりは不正ユーザーにキャッシュバックしないで欲しいところです。

宿泊チケットも実質タダに!?実際にやってみました

キャッシュバック上限価格は1万円ですが、1万円を狙おうとすると旅館やホテルの宿泊チケットが該当します。

しかし、本当に1万円もする宿泊チケットが無料になるのでしょうか?実は対象外なのでは…と疑ってしまいますね。そこで、果たして本当に全額キャッシュバックされるのかどうかやってみました。

その結果がこちら!

9,600円の宿泊チケットを購入し、その半額である4,800円がしっかりキャッシュバック予定となっています。

奥さんの招待コードを使ったのですが、そちらにも4,800円のキャッシュバックが届いていて、9,600円の宿泊チケットが本当に無料になってしまいました。

宿泊となると予定を立てて実際に行かなくてはならないので手軽には買えませんが、もし行けそうなら宿泊チケットを無料で手に入れるのが一番お得ですよ!

【考察】なぜ「1億円キャッシュバック祭」は実質無料なのか?

「1億円キャッシュバック祭」が確かにお得すぎるキャンペーンであることはご理解いただけたと思います。

しかし、PRになるとは言え、なぜ1億円も無料でバラまいてしまうのでしょうか?ここでは運営側に立って、その点について考えてみましょう。

「1億円キャッシュバック祭」の狙いは1億円分の入金

「1億円キャッシュバック祭」には重要なルールがあります。それは、キャッシュバックが2週間後であることです。

これにより、キャッシュバックされたお金を「1億円キャッシュバック祭」中に使い回すことができず、ユーザーは無料の商品(サービス)を購入するために入金するか、あるいはクレジットカードで支払わなければなりません。

そして2週間後、1億円分の残高がタイムバンクユーザーに付与されます

出金手数料は540円以上かかってしまい、出金するのは損な気がしますので、1億円分の残高はその大半が残るでしょう。「1億円キャッシュバック祭」で重要なのは、キャッシュバック後の残高1億円であると考えられます。

1億円が商品(サービス)購入にもう一度使われる

キャッシュバックされた1億円がもう一度サービス利用に使われれば、運営としては1億円を単に失うのではなく、次の成果が得られます。

【キャッシュバックされた1億円の効果】

・店舗から商品(サービス)購入の手数料を2回取れる
・ユーザーに商品(サービス)購入体験を2回行わせ、タイムバンク利用を定着させることができる
・1億円分の購買力をPRして店舗の出店を促す

1億円キャッシュバックというユーザーへの訴求力はもちろんのこと、キャッシュバック後も上記3点の効果が考えられ、タイムバンクという経済圏に1億円分の軍資金を供給することに成功します。

この1億円がもう一度購入に充てられることで、タイムバンクユーザーの定着、お店の出店インセンティブなどにつなげる狙いなのではないでしょうか。

1億円を単に失うわけではなく、2回分の販売手数料を回収できる点も見逃せません。非常にインパクトのあるキャンペーンですが、その裏には緻密な計算があることが伺えます。

【続報】「1億円キャッシュバック祭」の進捗状況

「1億円キャッシュバック祭」開始から72時間経過時点での進捗状況を解説します。

意外と参加しているユーザーが少なく、キャンペーンは4日目に突入しました。まだまだ続きそうな様子ですので、まだ参加していない方は今からでも遅くないですよ。

消費された金額

「1億円キャッシュバック祭」バナー画像のメーターが消費された金額を表していて、72時間時点では約5,000万円が消費されたようです。

これは私の予想よりかなり遅く、タイムバンクユーザーのほとんどがまだ「1億円キャッシュバック祭」に気づいていないようです。

登録者が15万人に達していることは確認していますが、1万人が1万円分の商品を購入しただけで1億円です。そう考えると、まだ数千人のユーザーしか「1億円キャッシュバック祭」に参加していないものと思われます。

また、複数アカウントを一人で作っていたユーザーが多く存在し、キャンペーン直前にアカウント停止が多数発生したことも影響しているようです。

「1億円キャッシュバック祭」の認知度が限定的

現在放送されているCMでは「1億円キャッシュバック祭」については一切触れていませんので、キャンペーンの認知がSNS中心になっています。

今回のキャンペーンは「1万円の商品まで実質タダ」という常識外のキャンペーン内容。にわかには信じがたく、購入に躊躇するユーザーもいるようです。

Android端末でキャッシュバックされないトラブルが発生

「1億円キャッシュバック祭」キャンペーン開始直後からAndroid端末でキャッシュバックの通知が来ないトラブルが発生していたようです。

すでに問題は修正され、最新版にアップデートすることでキャッシュバックを受け取れるようになるとのこと。

念のため、今後もアップデートが出たらすぐにインストールするのが賢明ですね。


「1億円キャッシュバック祭」の進捗が遅いのは、Android端末でのキャッシュバックが反映されていないからかもしれませんね。

人気の通販商品が次々と売り切れ

高額で人気のあった「タラバガニ缶 4缶セット」や「メロン1.25kg×2玉」などは初日で売り切れ、現在はアプリから姿を消しています。

今後は2,000円台の通販商品や、5,000円を超えるような飲食店・サービスのチケットがメインで買われていきそうです。

そくほう
6月24日夕方にメロンの販売が復活しました。今後も人気商品が再販される可能性があるので、欲しいものが無ければ買わないでおくのも手ですよ。

私が無料で購入した商品(4万5千円以上が無料に!)

「1億円キャッシュバック祭」は6月21日から開始されましたので、24日現在まで4回購入するチャンスがありました。夫婦でやっているので、合わせて計8回購入しています。

夫婦でこれまでに購入した商品はこちらです。

  • ・たらばがに缶詰4個セット(4,480円)×2
  • ・軽井沢のホテル宿泊チケット(9,600円)×2
  • ・ヒルトン東京お台場ディナーチケット(6,100円)×2
  • ・メロン1.25kg×2玉(2,970円)
  • ・山形県産あきたこまち5kg(2,455円)

なんと、合計45,785円分の商品を無料でもらうことができました。軽井沢の宿泊チケットなど、景品の大当たり枠にあってもおかしくないものですよね。

さらにクレジットカード決済で1,465円分が還元されるので、商品とサービスをもらった上にポイントまでもらってしまっています。

宿泊チケットは予定を合わせる必要がありますが、飲食店のチケットは使いやすいのでオススメですよ。

【最終結果】6日目に1億円に到達(追記)

1億円キャッシュバック祭はキャッシュバック額合計がじわじわと増え続け、6日目(6月26日)に1億円に到達しました。

1万円キャッシュバックを最大6回受けることができ、1ユーザーで合計6万円もの商品を無料で購入することが可能でした。

どれくらいのユーザーが参加した?

キャンペーン初日はキャッシュバック条件の認知が広まらず、当初の参加ユーザーは数百人レベルだったと思われます。

1万円まで全額キャッシュバック(つまり無料)というのは人類史を振り返ってみても前例がなさそうですし、あまりに常識外で「本当にキャッシュバックされるの?自分の理解がおかしいのでは?」と戸惑う声が多数でした。

2日目,3日目はキャンペーン内容が浸透したことで参加人数が急増し、およそ1万人にはなったようです。

4日目〜6日目は参加人数があまり増えず、同じユーザーが繰り返し購入するにとどまり、そのまま終了を迎えました。

最終的な参加者は、多く見積もっても2万人というところでしょう。タイムバンクの登録者数は少なく見積もっても10万人は超えていますので、ごく一部のユーザーしかキャンペーンを活用していなかったという結果となりました。

最後までPR効果に欠けたキャンペーン

「1万円の商品まで毎日無料」という非常にインパクトのあるキャンペーン内容だったにも関わらず、一部のユーザーにしか使われなかったのはなぜでしょうか?

原因としては次のことが考えられます。

・キャンペーン内容が常識外でライトユーザーに敬遠された
・購入対象(通販商品/お店のチケット)の使い方が浸透しておらず、二の足を踏むユーザーが多かった
・CMではキャッシュバックに触れず、Twitterのみが公式な情報源であった

私のTwitterや本ブログにおいても、「本当にキャッシュバックされるのか」「本当に届くのか」「お店のチケットはどう使うのか」という問い合わせが多く、常識外のキャッシュバック内容だけでなく、そもそもタイムバンクのサービス利用方法自体が浸透していないと感じました。

結果として、もともとタイムバンクを使いこなしていたヘビーユーザーと情報感度の高い一部の人々のみが参加するキャンペーンとなってしまったのではないでしょうか。

タイムバンクファンを急増させた

では、今回の1億円キャッシュバック祭が失敗だったのでしょうか?

タイムバンクユーザーとTwitterのDMでやりとりして感じたのは(キャンペーン期間中に30-40人ほどとやりとりしました)、キャンペーンを通じてタイムバンクへの好感度が急上昇しているということです。

これまでは人数限定の早押しがメインで、「本当に販売しているのか」「買えないからもうやめる」といった声も多く、大多数に支持されているとは言えないと感じていました。

一方、今回のキャンペーンでは参加者全員に確実に恩恵がありました。それによりタイムバンクへの好感度が上昇し、タイムバンクファンが増えたと感じています。

そのような意味では、今回の1億円キャッシュバック祭は成功だったのではないでしょうか。

1億円キャッシュバック祭は失敗だったのか?ユーザーの反応とデータで振り返る

2019年6月30日

7/5〜キャッシュバックの入金開始(追記)

事前の予告通り、1億円キャッシュバック祭開始から2週間後の7/5からキャッシュバックの入金が開始されました。

入金はマイページの「取引一覧」→「付与履歴」から確認できますので、実際にキャッシュバックされているか不安な方は確認してみてください。

まとめ

タイムバンクユーザーにとって得でしかない「1億円キャッシュバック祭」について解説しました!

繰り返しになりますが、ユーザーは数万人、もしかしたら10万人を超えているかもしれませんので、おそらく1〜2日でキャンペーンは終了してしまいます。ぜひこの機会に欲しかった商品を買ってみてくださいね。

6月26日追記:「1億円キャッシュバック祭」はちょっぴり盛り上がりに欠ける中、6月26日深夜に1億円に到達して終了しました。他に類を見ないほどお得なキャンペーンで、参加した方はとても楽しめたのではないでしょうか?今後のキャンペーンにも期待しましょう!

【トラベルマップ】タイムバンクが使える旅館・ホテルをマッピングしました!

2019年7月15日




5 件のコメント

  • はじめまして。SNSでこのキャンペーンを知り、初めて登録してみました。
    タイムバンクについて色々勉強させていただきました、ありがとうございます^ ^
    もし宜しかったらおしえていただきたいのですが、夫婦のアカウントでレストランチケットを購入しようと思っています。
    2枚以上の利用が条件のところで、夫婦それぞれ1枚ずつ購入し、合計2名利用でも問題ないのでしょうか? レステラン側にとって、何か不都合や迷惑行為だったらどうしようと不安でまだ手が出せておりません。普通に同一アカウントで2枚購入の方が良いのでしょうか…。
    ご意見いただけたら幸いです。

    • はじめまして!コメントありがとうございます。

      利用条件が2枚以上でも、夫婦1枚ずつで購入して問題ありませんでした。

      タイムバンクのチケットを使ってこれまで2回飲食店で食事をしましたが、どちらの店舗でも何も言われず、別々のアカウントでも合計2枚以上あれば良いと解釈してよさそうです。

      今なら実質無料ですので、ぜひ買ってみてくださいね。

  • 文章理解力がなく確認なんですが家族で相互に招待コード入力すれば同じ商品二つとも無料になるという認識でいいのでしょうか?それならお得すぎて本当か心配で購入できずにいます(*_*)

    • 読んでいただきありがとうございます!

      お得すぎてわけが分からないですよね笑。仰る通り、家族で相互に招待コードを入力すれば、招待コードの持ち主に50%、購入者に50%が付与され、合計100%キャッシュバックとなり実質無料となります。

      キャッシュバックは2週間後となっていますが、実際にキャッシュバックの通知は届いているので大丈夫ですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です