タイムバンク ゆうこすリワード体験【スナックゆう子】

ゆうこす のリワード「スナックゆう子」開店!

男女問わず愛される、最強モテ女子の「ゆうこす」のお手軽対面リワード「スナックゆう子」が9月2日に開催されました!

ゆうこすはタイムバンク随一の人気専門化ですが、そんなゆうこすにたった60秒の利用で会えるとあって、多くのユーザーから申込みが殺到。定員26人に対し、噂では100人近い応募があったとも聞きます。

今回は本ブログ管理人「タイムバンク速報」が運良く当選しましたので、「スナックゆう子」のリワード体験をリポートしたいと思います!

リワードの概要

まず、リワード「スナックゆう子」の概要についてご紹介します。

「スナックゆう子」に参加するためには、時間の取引所「タイムバンク」でゆうこすの時間を60秒購入した上で、リワード申請をする必要がありました。

リワードとは専門家が時間購入の対価として設定しているサービスで、ユーザーは決められた時間を消費することでリワードを利用する事ができます。今回の場合、ゆうこすの時間を60秒購入することで「スナックゆう子」というリワードに参加できた、ということです。基本的に購入した時間はリワード後に消滅しますので、消費した時間の購入費用=リワードの費用 となります。

ゆうこすの時間は1秒約120円ほどでしたので、だいたい7000円で参加できました。そして一度のリワード申請で二人まで参加可能でしたので、タイムバンク速報はタイムバンク仲間を誘い割り勘で参加。お互いお得に「スナックゆう子」に参加することができました。

タイムバンクは新しい仕組みではありますが、【必要秒数×1秒の価格】でリワードが利用できる、という事さえ押さえておけば、手続き自体は非常に簡単です。

「まだタイムバンクを利用したことが無い」という方でも簡単に利用できますので、次の機会にぜひ利用してみて下さい。以下の記事でネットから簡単にリワードを利用する方法をまとめています。


「スナックゆう子」のリポート

ここから、「スナックゆう子」当日の様子をご紹介したいと思います!19:00〜20:30の前半と21:00〜後半に分かれていて、タイムバンク速報は前半に参加してきました。

開催場所と会場の雰囲気

開催場所は、六本木にあるシャンパン&ワインバー”La chandelle”。前半の参加者12人がぴったり収まるくらいの広さで、距離感が近く居心地の良い空間でした。

開始前にお店の前でみんなで待機していたのですが、お店の中で何かを収録しているような声が。実は、ゆうこすが開始前にTwitterで動画配信をしていたようです。

そして、19時ちょうどに開店。身分証明証を確認後、ゆうこすから手渡しで「スナックゆう子 ママ 菅本裕子」の名刺をいただきました!良い感じの名刺でしたので、本記事のアイキャッチ画像でも真似させて頂いております。

「スナックゆう子」営業開始

飲み物が一通り行き渡ったら、ゆうこすのあいさつ後に乾杯!コースターも特別製でしたので、撮影以外で使うのはもったいないですね。

テーブル側とカウンター側、程よく空席があったので、そこを「ゆうこママ」が飲みながら順繰りに回って行くスタイルでした。こじんまりとした空間で少人数なので、普通よりも距離の近いイベントなのではないでしょうか。

お店を丸ごと貸し切っているようで、お店の店員さんすらおらず、ゆうこすのマネージャーさんが飲み物を作ったり配ったりという営業スタイル。受け付けはメタップスの社員の方がされていました。


メニューも「スナック ゆう子」の特別メニューで、普通の飲み放題メニューに加え、ゆうこママに曲をリクエストできたり、デュエットできたりというサービス付きでした。

中にはハーフボトルメニューがあり、ゆうこママとのチェキ&乾杯付きでなんと1万円!これが前半の1時間半だけで3本も注文されていましたね。

また、デュエットの注文が入ったり、最後にはサイン付きチェキをほとんどの参加者が使ったので、そこそこの売上高になったのではないでしょうか!

タイムバンク速報は残念ながら現金の持ち合わせが無く、「サイン付きチェキ」だけしか注文しませんでした。次回以降はタイムバンクと同じくメタップス子会社が提供するキャッシュレスアプリ「Pring」での支払いも可能としていただけると助かります笑。


ゆうこママは最初の乾杯+モエシャンドン3杯+数杯飲んでいたので、終了前には完全に出来上がった状態に。「もう無理!後半は中止!!」と叫んでいましたが、果たして後半は無事に開催されたのでしょうか・・・?


近い距離でゆうこすとお話ができたり、さらにはマネージャーさんの暴露話などが聞けたなど、とても楽しい90分でした。

戦利品

今回の戦利品のまとめです。名刺もコースターも明るすぎず地味すぎず、いい感じですのデザインですよね。

サイン付きチェキも撮ってもらいましたが、サインが顔をいい感じに隠すという事故!隠す手間が省けましたが笑
「タイムバンク速報」と書いてもらいましたが、酔っていたせいでかなりの達筆ですね。これはこれである意味貴重なサインなのではないでしょうか?

今後の予定

最初の動画とイベント中にも言っていたのですが、今後はもっと早いペースで定期開催を考えられているそうです。

今回、抽選で外れてしまった人は購入した60秒が浮いてしまっていると思いますが、また次回以降にその時間を利用することが出来ると思いますので、ご安心ください。

ゆうこすファンとしては近い距離で話ができるチャンスですので、これからもリワードとしてどんどん開催して欲しいですね!

まとめ

全体の話を聞いたところ、ゆうこすファンだから参加した、という方がほとんどの印象でした。常連の方だけでなく、今回がゆうこす初対面という方も1/3くらいはいたと記憶しています。

タイムバンク速報もゆうこす初対面ではありましたが、気さくに話してくれますので、「まだゆうこすに会ったことがない」という方にもぜひおすすめしたいイベントです。

専門家のファンがリワードを使うためにタイムバンクを利用し始める、というのがタイムバンク利用者を増やす理想の形だと思うので、今回のイベントはタイムバンクにとっても、ゆうこすにとっても、非常に良いリワードイベントだったのではないでしょうか。

また開催されると思いますので、ぜひ定期的にタイムバンクでゆうこすのページをチェックしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です