時間主総会関連アイドルグループの値動き予想【タイムバンクトレーダー向け】




今回は、タイムバンクで時間の売買をしている方向けに、「時間主総会」で登場するアイドルグループの値動き予想などについて考察します。

ふんわり予想するのではなく、シビアに結論を出してみました。現状を確認した後、4つの観点から価格推移を予想しています。

『時間主総会』で登場するアイドルグループの現状

これまでに登場したアイドルグループ

『時間主総会』の開催が発表され、タイムバンクに続々とアイドルグループが登場しています。

これまでに登場したのは、

  • ・HIGH SPIRITS
  • ・煌めき☆アンフォレント
  • ・ネコプラ
  • ・AIBECK

の4グループです。

公募抽選の進捗状況

公募抽選への申込みも順調に進んでいて、HIGH SPIRITSは18.0円で72,000秒の販売を達成しました。

煌めき☆アンフォレントについては、申込み締切まで2日を残して約6割の達成率。

HIGH SPIRITSの時間売買が開始された後に煌めき☆アンフォレントの抽選申込みが締切りとなりますので、HIGH SPIRITSの値動き状況によって煌めき☆アンフォレントへの申込み秒数が増減する見込みです。

つまり、HIGH SPIRITSの時間価格が上昇すれば、煌めき☆アンフォレントの時間価格が上昇する期待が高まりますので、利益目的で煌めき☆アンフォレントの時間を購入する層が増えると思われます。

値動き予想

今回はグループ単位での上場ですので、メンバーごとに上場していた過去の値動きと比べにくいところ。

複数の観点から、アイドルグループの値動きについて考察します。

過去に登場したアイドルとの比較

敢えて比較するならですが、これまでに登場したアイドルメンバーの現在価格です。

【サクヤコノハナメンバー】
・阪上 晴香 20.4円
・瀬山 まどか 43.7円
・桜井 ひめか 12.8円
・阪上 彩香 17.5円
・渡辺 葉月 18.0円
・嶋田 のあ 17.4円
→平均21.6円

【DREAMING MONSTERメンバー】
・水口 奈美 49.6円
・藤方 彩乃 62.6円
・眞壁 小百合 24.7円
・松本 優子 23.0円
・長田 杏奈 20.8円
・木下 沙央里 19.0円
・手塚 穂奈美 24.8円
→平均32.1円

活動内容の近いサクヤコノハナメンバーとDREAMING MONSTERメンバーの平均値を算出しました。

サクヤコノハナメンバーの現在価格の平均は21.6円、DREAMING MONSTERメンバーの現在価格の平均は32.1円という結果です。

時間主総会で登場するグループの時間価格は1秒18.0円ですので、単純に比較すると、若干安めに設定されているようです。

また、グループ単位で上場している「劇団4ドル50セント」は1秒100円近くまで上昇していて、グループ単位の上場を強気に見る材料と考えることができます。

過去のアイドルとの比較という面では、時間主総会で登場するアイドルグループの価格は上昇予想です。

需給の面から考察

ただし、サクヤコノハナやREAMING MONSTERは1メンバーにつき18,000秒の販売に対し、HIGH SPIRITSなどは1グループ単位で72,000秒の販売です。

需要と供給のバランスがこれまでと異なるため、これがどのように影響するのか、読みづらいところ。

トレーダーにとっては、1メンバーの時間も1グループの時間も基本的に区別されないことから、発行秒数が多いと需給のバランスは売り手優勢となり、価格は下落するものと思われます。

ファンによる実需要(サービスでの時間消費)の存在

上記の通りトレーダーのみ存在する場合は需要と供給の面で不利ですが、今回の場合はアイドルグループごとにファンが存在するため、考察に加える必要があります。

ファンは基本的に時間を売却しないと予想されるので、ファンの購入分は需給に有利な方向に働きます。

では、ファンはどれぐらい時間を購入するでしょうか?

三重のご当地アイドル「煌めき☆アンフォレント」を例に、ファンがどれくらいの時間を購入するのか予想してみます。

「煌めき☆アンフォレント」のサービス設定は以下の3つ。チェキやトークチケットを各50名、プレミアムオフ会を集客限度である15名が申し込んだと仮定すると、

・「時間主総会」限定チェキチケット 60秒×50名=3,000秒
・写メ&トークチケット 60秒×50名=3,000秒
・プレミアムオフ会 600秒×15名=9,000秒

が消費されます。合計で15,000秒です。

15,000秒が消費予定で売却されないとすると、売却される可能性のある浮動時間は【72,000-15,000=57,000秒】となる計算です。

15,000秒は割合的に20%ほどです。

サービスで消費されることで需給の面で多少有利になることがわかりましたが、少なくとも5万秒以上は浮動時間として残りそうですので、強気にはなれないところです。

約15,000秒というファンによる実需の存在の加味して、需要と供給の面では若干弱気の中立といったところでしょうか。

既存サービス価格との比較

最後に、アイドルグループが物販等で販売してきたサービスと比較します。

2ショットのチェキは1,000円〜2,000円の場合が多いようです。間をとって、1,500円で計算します。

タイムバンクを利用した2ショットチェキは60秒ですので、1秒あたりの価格は

1,500円÷60秒=25円/秒

となります。

すなわち、既存サービスと比較すると、1秒は25円の価値があり、初回販売価格の18.0円は割安であると考えられます。

まとめ

以上をまとめると、このような考察結果となりました。

・過去に登場したアイドルとの比較→上昇予想
・需要と供給→若干弱気
・既存サービス価格との比較→25円まで上昇予想

相場の値動きは基本的に、需要と供給が先行して反映され、実需は後でゆっくり反映されてくる傾向にあります。

すなわち、「時間主総会」で登場するメンバーの価格は、登場直後の3-4日は公募価格付近か、若干の下げ、そして長期的には上昇予想と結論付けたいと思います。

※本記事の内容はあくまで個人的な予想ですので、時間の売買は自己責任で行ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です