タイムバンクで1台1,000円以下のiPhone6が販売中!? 実際に購入してみた結果…

タイムバンクでiPhoneが激安販売!?安さの謎に迫る




タイムバンクで高額スマートフォンが謎の激安価格で販売されています。

中古のiPhone7はどんなに安くても1万円は下らないのが相場ですが、タイムバンクでは2,000円台で販売されており、iPhone6に至っては995円という驚きの価格で販売されているのです。

激安iPhoneの実際の販売画面

まずは実際の販売画面をご覧ください。

本記事執筆時点でまだ販売されていますので、残っていればタイムバンクアプリから誰でも見ることができますよ。

商品名にはしっかり「iPhone」「スマートフォン」と記載されていますし、商品画像にはスマートフォン本体が映っています。

商品説明の画像もこの通り。これで本体が届かない場合は”詐欺”ということになるでしょう。

誰がどう見てもiPhone本体が販売されているように見えますが、価格はiPhone7が2,267円、iPhone6が995円という安すぎる価格設定です。

本当にiPhone本体が届くのなら100個でも200個でも買うところ。しかし、これはどう考えても何かがおかしいですね。

このiPhoneの正体は何なのでしょうか?

このiPhone出品の正体は?

価格設定ミス

日本語が若干怪しいので海外の出品者だと思われますが、為替レートの計算違いをして価格設定がおかしくなったのではないでしょうか。

出品価格から10倍すると、iPhone6が9,950円、iPhone7が22,670円とほぼ相場の価格になります。

詐欺の可能性も

あり得ない価格設定を見て直感的に思ったのは、購入しても空箱やジャンク品などが届く「詐欺」なのではないか、という事。

購入から届くまで30日以上かかるというのも怪しさに拍車をかけていて、商品の到着予定前に売上金を受け取ろうという腹積もりにも見えます。

商品名の間違い?

他の可能性としては、商品名の入力間違いというのが考えられます。

同じような価格帯で、見た目はiPhoneで中身は空という「モックアップ」がありますので、出品者側が「モックアップ」の記載を忘れた可能性もありそうです。

しかし、商品説明画像には電源が入っているものもあり、どちらにしろ詐欺まがいであると言えますね。

また、激安スマートフォンは他にも10種類以上が販売されています。これらすべてについて商品名を間違えてしまった、というのはあまりに苦しい言い訳になってしまいますね。

他にも多数のスマートフォン出品

実は、激安iPhone以外にも多くの激安スマートフォンが出品されていて、どれも1,000円台~5,000円という安すぎる価格設定です。

xiaomi(シャオミ)など日本ではあまりメジャーではない商品が大半ですが大半ですが、それでも数万円はするスマートフォンです。

実際に購入してみた

果たしてこのスマートフォンを買ったらどのような商品が届くのか、あるいは届かないのか。

この商品の正体を突き止めるため、タイムバンクで実際に購入してみました。

私が購入した商品がこちら。

xiaomiの「Redmi Note 9s」は通常価格で2万円ほど。

タイムバンクでの出品は10分の1以下である1,800円ですので、実際に商品が届くのならお得すぎますね。

この商品にした理由は、iPhoneよりは現実的な価格設定で、多少は可能性が高いかも?と思ったからです。

また、出品者もiPhoneとは異なり、「Hong Kong Goldway」という実際の販売会社の名前。

この出品者はタイムバンク上で中国製のスマートフォンを多数販売しています。

とは言え、詐欺の可能性の方が高いのは変わらない気がしますが。

「タイムバンクあんしん補償」で60日以内なら返品が可能

タイムバンクで販売されているスマートフォンやパソコンは60日以内なら返金申請を行うことが可能です。

悪質な業者による被害を受けた場合でも、状況を説明すれば金銭的な補償はしてくれる仕組みになっています。

この補償を頼りに、試しに激安スマートフォンを買ってみる、というのもアリですね。

まとめ

タイムバンクで販売されている謎の激安スマートフォンについて紹介しました。

本当に実物が届くのかどうかは未知数。おそらく届かないだろうとは思いますが、1,800円で買ったスマートフォンの注文は通っていますので、どのような結末になるかは本ブログで追って書いていきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です