au PAY 20%還元キャンペーンを最大限に活用する方法と「儲ける裏技」を解説!

auPAY 20%還元キャンペーンの活用方法と儲ける裏技を徹底解説します。




auPAYの20%還元キャンペーンが話題です。

毎週10億円の還元が7週間にわたって行われ、合計70億円がauPAYユーザーに還元される一大イベント。PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」に匹敵する規模のキャンペーンであり、auPAY運営元であるKDDIがついに本気を出しました。

還元上限は1人につき7万ポイント。10億円は1週間毎にリセットされるので慌てて使う必要はなく、多くの人が参加しやすいキャンペーンに仕上がっています。

この記事では、auPAYの20%還元キャンペーンを最大限に活用する方法に加え、巷で噂されている「儲ける裏技」について解説していきます。

そくほう
第3週(2/24~)からのキャンペーン内容改悪に伴い、記事内容を修正しました。これまで還元ポイントに上限がなかったのに対し、1日6000ポイントが上限となります。
auPAY10億円キャンペーンが失敗した3つの理由

auPAYキャンペーンが「大失敗」した3つの理由と、KDDIにはびこる「大企業病」

2020年2月21日

実際に使ってみた(2月10日追記)

キャンペーンが開始されたので、さっそくauPAYを使って支払いをしてみました。

キャンペーン対象になるために特別に行う操作は無く、通常通り支払えば大丈夫です。

「200円ごとに40ポイント」という付与条件ですので、823円の支払いでも付与されるのは160ポイントとなります。

実際のポイント付与日は支払から1ヵ月後ですね。

キャンペーン改悪まとめ(2月20日追記)

複数ID&転売ユーザーが殺到し、これまでに次の改悪が発表されています。

auPAYキャンペーン改悪内容
  • 改悪①:最短でも2日間開催⇒初日終了ありに改悪
  • 改悪②:郵便局での利用が還元対象外に改悪
  • 改悪③:1日の還元上限が6000ポイントに改悪

特に、改悪③によって3万円の商品までしか還元されない事になりますのでご注意ください。

auPAYキャンペーンを最大限に活用する方法

それでは、今回のauPAY20%還元キャンペーンを最大限に活用する方法を、順を追って解説していきます。

キャンペーンの概要

すでに知っている方も多いかもしれませんが、20%還元キャンペーンについて概要をまとめました。

auPAYキャンペーンの概要
  • 決済額の20%、最大7万ポイントが還元される
  • ・キャンペーンはステージ1〜3に分けて開催される
  • ・ステージ1:2/10(月)〜3/1(日)、上限3万ポイント
  • ・ステージ2:3/2(月)〜3/22(日)、上限3万ポイント
  • ・ステージ3:3/23(月)〜3/29(日)、上限1万ポイント
  • 毎週10億円が上限(1週間毎にリセット)
  • ・1回決済ごとの還元上限はない還元上限は6000ポイント

1週間毎にリセットされるため、利用が殺到すると思われる最初の週はあえて見送り、2週目、3週目を狙うという手もあります。

PayPayの100億円キャンペーンは4日間で終わってしまいましたが、そうならないように対策が取られているのは、忙しいユーザーにとって嬉しいですね。

最大限に活用する使い方

各ステージで次の金額の買い物をすると、還元をフルに受けることができます。

  • ・ステージ1:15万円
  • ・ステージ2:15万円
  • ・ステージ3:5万円

総額35万円と相当な額ですが、auPAYはビックカメラなどの家電量販店でも使うことができますので、掃除機や炊飯器などの買い替えに活用するのが王道です。

1日の還元上限は6000ポイントですので、最大でも3万円の商品までしか還元対象にならないことに注意しましょう。

ステージ1,2で3万円の商品を5回購入し、ステージ3で3万円と2万円の商品を購入すれば、最大限の還元を受けることができる、ということになります。

メジャーなお店ではすでにauPAYが導入されている

少額決済では200円刻みで使う

「20%ポイント還元」と銘打たれていますが、厳密には20%ではなく、「200円ごとに40ポイント」という内容です。

199円の支払いでは0.5%しか付与されないので、支払いが200円の倍数を少し超えるように心がけると、キャンペーンの恩恵を最大限に受けることができます。

2月10日に急いで使う必要はない

PayPayの時は100億円が数日で無くなってしまい、キャンペーンに乗れなかった人が多くいました。また、多くの人がアプリを開いたせいで通信障害が起こり、決済できなかったということもありましたね。

一方、auPAYのキャンペーンでは1週間毎に10億円が還元される仕組み。

ステージ1は3週間ありますので、初日である2月10日に急いで使う必要はなく、2月17日、2月24日にもチャンスがあります。

それでもやはり、2月10日はユーザーが殺到し、下手をすれば通信障害でせっかく出向いたのに決済できないということも考えられます。落ち着きはじめる2月17日、2月24日が狙い目なのではないでしょうか。

ファミリーマートではdポイントと併用して40%還元

このdポイントのキャンペーンは終了しました。

auPAYはファミリーマートでも使うことができますが、2月17日まで行われている「ファミリーマートでdポイント40倍キャンペーン」と同時に活用すると、合計40%も還元を受けることが可能です。

この期間のコンビニ利用はファミマ一色になりますね。

2月17日までdポイントも20%還元となる

還元枠を使いきれない場合は?

還元枠を使い切るには総額35万円の買い物が必要であり、還元枠を使い切るのは容易ではありません。

還元のためにお金を使っては本末転倒、という意見ももっともですが、せっかくのキャンペーンですので最大限に活用したいですよね。

そこで、”au PAYで儲ける「裏技」”と題して、損をせずに還元枠を使い切る方法をまとめました。

auの投資信託で2000円がもらえるキャンペーンを実施中!

「auの資産運用」に登録すると2000円がもらえるキャンペーン実施中!!

2020年2月11日

au PAYで儲ける「裏技」

NintendoSwitchを買う裏技

NintendoSwitchは業者が高額で買い取ることが有名です。

時期によって買取価格は変動しますが、現在は実売価格の95%で買い取られており(参考)、auPAYで買って売れば差引き15%の利益を上げることができます。

キャンペーンのステージ1,2ではそれぞれ4台ずつ買えるため、計算上は約4万円の利益が見込まれます。

しかし、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」でもそうだったように、転売目的と思われる購入には還元が実施されない可能性があります。

特にSwitchの購入には目を光らせると思われますので、やるにしてもほどほどにしておきましょう。

郵便局で切手を買う裏技

auPAYは2月3日から郵便局でも使えるようになりました。

郵便局では切手という換金性の高い商品がありますが、auPAYは切手の購入に使えることが分かっており、還元枠で切手を全力購入する裏技があります。

切手は買取業者で額面の92%で引き取っているため(切り取っていない完全シートに限る)、差引き12%の利益を上げることができるでしょう。

ただし、切手の場合も大量のまとめ買いは不正とみなされ、20%の還元がされない恐れがありますので気をつけましょう。

追記:第二週(2/17~)から郵便局での利用分は還元対象外となりました。

SIMフリーiPhoneを買う裏技

SIMフリーiPhoneの転売も流行っているようですね。

例えば、149,380円の「iPhone11 ProMAX」を購入して136,000円で売れば、16,500円ほどの利益になるようです。

他にもSIMフリーiPhoneがあり、だいたい同じくらいの利益になりますので、転売で利益を稼ぎたい人にはオススメです。

追記:第3週(2/24~)は1日の還元上限が6000ポイントになったため、SIMフリーiPhone転売は難しくなりました。

(追記)改悪後の転売対象商品

「Apple AirPods Pro MWP22J/A」は販売価格30,580円に対し、買取価格が28,000円ですので、利益が取れそうです。

その他、Apple製品の2〜3万円の商品が転売の対象になるでしょう。

結局、一番儲かるのは…

上記のように換金性の高い商品を20%で購入し、差額で儲ける方法がネット上で騒がれています。

儲かるには儲かりますが、それなりの手間がかかりますし、継続性も無いので個人的には魅力を感じません。

結局、一番得なのは、自分が使える範囲内でキャンペーンを有効活用すること。キャンペーンを機に買い替えたい物を買うなどして、自分なりに最大限活用する方法を考えてみてくださいね。

LINEスマート投資でポイントただ取り!やり方を詳しく解説します

【LINEスマート投資】投資→出金を繰り返して毎月8000ポイントをゲット!やり方を詳しく解説します

2020年2月12日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です