LINE特典クーポンのコンビニでの使い方は?確実に割引するための3手順




LINEポイントクラブの特典クーポンではコンビニの割引クーポンが配られていますが、初めての人にとっては使い方が分かりにくいですよね。

やり方を知らずにレジに行ってしまうと、きちんとクーポンを設定できなかったり、手こずって慌ててしまうことになりかねません。

本記事では、LINEポイントクラブの特典クーポンをコンビニで使う方法と手順を解説していきます。

コンビニで使えるLINE特典クーポン

コンビニで使える特典クーポンには以下の種類があります(2020年7月時点)。

・ファミリーマート10%OFF(最大500円)
・ローソン10%OFF(最大500円)
・ミニストップ10%OFF(最大500円)
・デイリーヤマザキ10%OFF(最大500円)
・セイコーマート10%OFF(最大500円)
・ポプラ10%OFF(最大500円)
・キヨスク10%OFF(最大500円)

時期によって10%OFFだったり100円OFFだったりしますが、使い方に違いはありません。

取得できるクーポン数はLINEポイントクラブのランクによって変化しますので、自身のランクを確認しておいてくださいね。

ただし、1種類のクーポンにつき、使えるのは1度だけです。

もらえるクーポン数は月ごとのランクによって変化する

コンビニでLINE特典クーポンを使う方法・手順

それでは、コンビニでのクーポンの使い方をスクリーンショットで見ていきましょう。

まずはクーポンを取得

クーポンを使う準備として、クーポン一覧から取得しておきましょう。

やり方は、LINEアプリの「ウォレット」から「ポイントクラブ」に進み、さらに「特典クーポン」に進んでください。

クーポン一覧が表示されますので、これから使いたいクーポンを選択し、「クーポンを受け取る」を押しましょう。

これでクーポンの取得は完了です。

取得したクーポンを確認する

この手順は飛ばしても構いませんが、今どのクーポンを持っているかの確認方法として紹介しておきます。

先ほどのクーポン一覧の画面で「マイクーポン」を選ぶと、取得した未使用クーポンを確認することができます。

コード払いでクーポンをセットする

それでは、いよいよ支払いを行いましょう。

ウォレットのコード払いを開き、「クーポン検索」を押して下さい。

すると、今使えるクーポンが表示されます。

使いたいクーポンを選択し、「確認」を押すと、コード払いの画面にクーポンがセットされます。

持っているクーポンから使いたいものを選択すると…
選んだクーポンが表示される。この状態で支払えば自動的に計算される。

この状態で支払いを行えば、自動的にクーポンの割引が適用され、割引後の金額が決済されます。

店員さんに「クーポンを使いたい」と言う必要はありません。

慣れてしまえば簡単ですよ。

LINE特典クーポン利用の注意点

クーポンは利用期限がある

特典クーポンは月に1度入れ替わりますが、そのタイミングで以前のクーポンは全て使えなくなります。

つまり、全てのクーポンは利用期限が月末となっています(正確には1日9:59まで)。

使いたいクーポンが翌月も登場するとは限りませんので、月末までに消費しておくようにしましょう。

店員さんに申し出る必要はない

やりがちなのが、「LINEのクーポンを使いたい」と申し出てしまうことです。

しかし、LINE特典クーポンはセットしておけば自動的に適用されますので、店員さんが何か操作するわけではなく、申し出る必要はありません。

ちょっぴり恥ずかしい思いをしてしまうので(周りは気にしてないですが)、気をつけましょう。

「LINEクーポン」と「特典クーポン」は別種類

紛らわしいのですが、LINEには「LINEクーポン」というのも存在していますので、混同しないように注意しましょう。

LINEクーポンの場合は支払前に店員さんに見せる形式で、使い方・決済方法が異なります。

「LINEクーポン」は全くの別サービスで、利用方法も異なる

LINE特典クーポンのコンビニでの使い方まとめ

クーポンといえば支払う前に見せる方式が主流ですが、LINE特典クーポンの場合は自動で計算されるため、初めての人は不安になるかもしれません。

しかし、本記事の通りにクーポンをセットすれば大丈夫です。

ぜひLINE特典クーポンを活用して日々の節約に役立ててくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です