au×Ponta「1億Pontaポイント山分けキャンペーン」で最大200Pもらえる!! 参加方法・条件・手順を画像で解説

au×Ponta「1億ポイント山分けキャンペーン」の概要・参加方法を解説!




Pontaポイント×auのキャンペーンで「1億Pontaポイント山分けキャンペーン」が開始されました。

1億というとインパクトのある数字ですが、参加方法は非常に簡単。auPAYとPontaを連携させ、1Pontaポイントを消費すれば良いだけです。

JALのマイルとの交換や、auPAYマーケット専用ポイントとの交換も対象となりますので、無駄なくキャンペーン条件をクリアすることができますよ。

本記事では、「1億Pontaポイント山分けキャンペーン」に関する説明と、無駄なく参加するための方法をご紹介します。

1億Pontaポイント山分けキャンペーンの概要

まずは今回紹介するキャンペーンの概要をまとめました。

1億Pontaポイント山分けキャンペーンの概要
  1. 合計1億Pontaポイントが参加者全員にプレゼントされる
  2. もらえるPontaポイント数は【1億ポイント÷参加者数】
  3. auIDとPonta会員IDを連携する必要がある
  4. 支払いでPontaポイントを1ポイント以上消費することが参加条件
  5. 開催期間は8/4〜9/30

キャンペーン期間としては2ヶ月近くあるものの、条件はID連携と1Pontaポイントの消費のみです。

すでに連携済みの人なら、いつも通り利用しているだけでも条件をクリアできそうですね。

キャンペーンの対象ユーザー:誰でも参加可能

キャンペーン参加に必要なのはauIDとPonta会員ID(=リクルートID)ですが、これらは誰でも登録可能で、全ての人が参加できるキャンペーンとなっています。

登録を済ませた上で、いくつか参加条件があります。

・auIDとPonta会員IDの連携操作

・対象店舗で1Pontaポイント以上を消費する

・ポイント付与日まで退会やID連携解除をしない

参加条件のキモは「1Pontaポイント以上を消費する」ということ。

お店での支払いでauPAYを選択し、ポイントで支払いを行えば条件クリアとなります。

まだ1ポイントも持っていない場合はポイントを獲得するところからですが、1Pontaさえ貯まれば良いので、条件クリアは簡単です。

キャンペーンへの参加方法

次に、山分けキャンペーンの参加方法を解説していきます。

事前準備(auIDの登録・PontaIDの登録)

キャンペーンに参加するには「auID」と「PontaID」を持っている必要があります。

持っていない場合でも、メールアドレスがあればWeb上ですぐに作ることが可能です。

auIDとは?

au関連サービスを使うための会員ID。auスマホユーザー以外でも登録することが可能です。登録にはメールアドレスが必要。

auスマホを契約している人は契約時に必ず作成されています。

PontaIDとは?

ポンタカードに記載されている15桁の数字。ポンタカードを持っていれば、同時にPontaIDも持っていることになります。

Pontaカードを持っていない場合はアプリ版Pontaカードが便利。アプリ上ですぐにカードを発行し、使うことができます。

IDの連携

auID・PontaIDが揃ったら、二つのIDを連携させましょう。

ID連携はスマホアプリ「auPAY」から行います。

auPAYアプリを開くと、メニュー内に「Pontaカード」があります。ここをタップして進むと、PontaIDを入力する画面が開きますので、15桁のIDを入力して連携させましょう。

Pontaポイントの消費 – 実店舗・ネット決済・商品と交換

あとはPontaポイントを1ポイント以上消費すればキャンペーン条件クリアです。

一番簡単なのは、実店舗での支払い時にポイントを利用することです。

お会計で、ポンタポイントを使いたい事・使いたいポイント数を伝えれば使うことができ、ポイント消費分がお会計から値引きされますよ。

1ポイント以上消費すれば条件クリア

キャンペーン条件は「1ポイント以上使う事」となっていますので、文字通り1ポイント使えばOKです。

Pontaポイントを取っておきたい人は1ポイントだけ使うのが良いでしょう。

実際、Pontaポイントはオリジナル商品との交換に使えたり、投資サービスの原資として活用できます。

そういったサービスを楽しみたい場合はPontaポイントを温存しておきたいですね。

無駄のないPontaポイントの使い方

JALマイレージバンクでマイルと交換する

JALマイレージバンクではPontaポイントとマイルを交換することができますが、これも今回のキャンペーンの対象となります。

最低2ポイントから交換することができますので、無駄なく条件を満たすことができます。

auPAYマーケットで専用ポイントと交換する

通販サービス「auPAYマーケット」の専用ポイントと交換するのも対象です。

今ならポイント増量中で、一般ユーザーでも3割増し、スマートパス会員なら5割増しで交換することが可能となっています。

auPAYマーケットならポイントを増やしつつキャンペーン条件を満たすことが可能

ローソンの「お試し引換券」で使う

Pontaポイントの使い道の王道といえば「お試し引換券」ですね。

通常価格の1/2〜1/3のポイントで対象商品と交換することができ、ポイ活勢の間では話題のサービスです。

お試し引換券はローソンアプリでダウンロードできます。

まだ使ったことのない人はぜひこの機会に活用してみてはどうでしょうか。

お試し引換券ならわずかなポイントで商品をもらうことができる

実際にもらえるPontaポイント数

今回のキャンペーンは「1億ポイント山分け」というコンセプト。

もらえるポイント数は【1億ポイント÷参加ユーザー数】ですので、参加ユーザーが多ければ多いほど、もらえるポイント数は少なくなります。

上限は200ポイントと決まっていて、50万人以下であれば200ポイントをもらうことができます。

参加ユーザー数が1億人を超えた場合は1人1ポイントです。

最終的に何ポイントになるかは付与されてみないと分かりませんが、キャンペーン狙いの人は少ないはずなので、そこそこのポイント数はもらえると思いますよ。

対象店舗

最後に、今回のキャンペーンの対象チェーン店を全てまとめました。

上記3通りの消費方法がおすすめではありますが、普通に利用するのももちろんアリです。

基本的にネットでの支払いも対象ですので、出かけなくてもキャンペーンの対象になることができますよ(一部ネット支払いは対象外の店舗あり)。

  • ローソンローソン
  • ストア100
  • シェル
  • 日本航空(JALマイレージバンク)
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ルートインホテルズ
  • ゲオ
  • セカンドストリート
  • 高島屋
  • すき家
  • はま寿司
  • ビッグボーイ
  • ヴィクトリアステーション
  • 華屋与兵衛
  • 和食よへい
  • ココス
  • 久兵衛屋
  • ジョリーパスタ
  • 牛庵
  • 焼肉倶楽部いちばん
  • 熟成焼肉いちばん
  • 焼肉宝島
  • MORIVA COFFE
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ヒマラヤ
  • ライフ
  • 丸善
  • ジュンク堂書店
  • ユニディ
  • トモズ オリックスレンタカー
  • 京阪グループホテル
  • アルビス
  • ニシムタ
  • 三洋堂
  • セガ
  • HMV&BOOKS
  • HMV&BOOKS online
  • ローソンチケット
  • 文具のブンゾウ
  • Luck・Rack
  • CLEARANCE MARKET
  • au PAYマーケット
  • TELASA ブックパス
  • Music Store
  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパーグルメ
  • じゃらん
  • じゃらんゴルフ
  • ポンパレモール
  • Oisix × Pontaポイント
  • 人間ドックのここカラダ
  • AirWALLET
  • リクルートかんたん支払い
  • ゼクシィ内祝い




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です