Visa LINE Payカードを徹底レビュー!! LINE Payとの紐付け方法や、ポイント還元を最大限に活用する方法を解説




LINE Payのクレジットカード「Visa LINE Payカード」がついに到着しました!

初年度の還元率3%という破格のスペックを持ち、2020年キャッシュレス決済の頂点に立つのではないかと目されるクレジットカードです。

5月1日から新制度に移行し、LINE Payでのポイント還元はこのクレジットカードが無いと受けられなくなります。LINE Payを普段から活用している人はすぐにでも申請をした方が良いですよ。

今回は、手元に届いた「Visa LINE Payカード」のレビューと、LINE Payとの紐付け方法、今後の活用方法、そして利用する上での注意事項について書いていきたいと思います。

そくほう
三井住友のアプリ「Vpass」と紐付けることで200円がもらうるキャンペーンも実施中!ぜひこの機会にVisa LINE Payカードを手に入れてみてください。
2ヶ月使ってわかったVisaLINE Payカードのメリットを紹介

2ヶ月使ってわかったVisa LINE Payカードの5大メリット – 還元率3%だけでない充実したサービス内容が魅力

新KyashCardのデザイン・機能をレビュー

ついに到着した新「KyashCard」をレビュー!! 洗練されたデザインと高還元率が魅力

Visa LINE Payカードの外観レビュー

表面はシンプルでデザイン性が高い印象

外観の最大の特徴はカードの表面からカード番号と有効期限が移動したことです。

これにより、表面にある要素が最小限になり、高いデザイン性を実現しています。

特に今回はオリンピック限定デザインであり、右上の2020オリンピックシンボルが特別感を演出していますね。

発行元がオリンピックのワールドワイドスポンサーであるVISAカードだからこそ可能なデザインです。

表面はカード番号がなくなったことですっきりし、2020オリンピックシンボルが目を引く
表面はカード番号がなくなったことですっきりし、2020オリンピックシンボルが目を引く
オリンピックシンボル付きのカードは2020年限定デザイン
オリンピックシンボル付きのカードは2020年限定デザイン

裏面に情報が集約

表面から移動した情報は全て裏面に記載されています。

一目で重要情報が確認できるのはメリットではありますが、逆に外で取り出す際には注意が必要になります。

デザインについては、記載されている要素が多いものの適度な文字サイズでまとめられており、スッキリした印象。情報が一枚に詰め込まれた印象である従来のクレジットカードからは一線を画すデザインではないでしょうか。

情報を集約したにも関わらず、シンプルで見やすいように工夫されている

Visa LINE PayカードをLINE Payに紐付ける方法

Visa LINE Payカードは高還元率が注目のクレジットカードですが、ポイント付与を受けるためにはLINE Payとの連携が必須です。

提携の方法は簡単でしたが、初めてだと場所がわかりづらいため手順を解説しておきます。

途中まではカード申し込みと同手順

以外ですが、LINE Payと連携させる入り口はカード申し込みボタンです。

LINEアプリで「ウォレット」タブを開き、「カードを申し込む」ボタンを押します。

さらに「カードの申し込みをする」から進み…

すると、「クレジットカードを登録」ボタンが現れます。

カード情報入力&有効性確認で紐づけ完了!

「クレジットカードを登録」を押すとカード情報入力画面に進むことができますよ。

カード情報入力後、有効性を確認するための1円の引き落としと返金が行われて連携が完了します。

Visa LINE Payカードの還元率と活用方法

普段のクレジットカード決済に活用すべし

クレジットカードの還元率は高くても1.5%ですが、Visa LINE Payカードは初年度3%の還元率を誇ります。

また、2020年6月末まではキャッシュレス還元事業の対象ですので、合わせて8%の還元を常に受けられるという破格のスペックです。

3%還元が終了する4月30日まではできる限り決済に活用していきたいですね。

スマホ決済は1〜3%の還元

連携したLINE Payで決済した場合の還元率は1〜3%です。

還元率に幅があるのは、5月から開始される「LINEポイントクラブ」のランクによって還元率が決まるため。

4段階のランク「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」があり、還元率は順に1.0%、1.5%、2.0%、3.0%が適用されます。

ランクは直前6ヵ月間のポイント獲得数で決まり、例えば最高ランクであるプラチナは5,000ポイントが必要ですが、これはVisa LINE Payカードをクレジットカード決済で17万円分利用すれば獲得できる計算となります。

そくほう
3%還元で5,000ポイントを獲得するには、逆算すると16万6,667円になるという事です。

まずは3%還元のクレジットカード決済でランクを上げる

スマホ決済では最初は1%の還元しか受けられませんので、ポイントを獲得するのも効率が悪いです。

対してクレジットカード決済では初年度は必ず3%。ランクを上げるには効率が良いので、ランクが上がるまではクレジットカード決済を積極的に活用するのが攻略ポイントです。

Visa LINE Payカードの注意事項

注意点①:LINE Payと紐付けないとポイント還元が受けられない

Visa LINE Payカードを利用してポイント還元を受けるには、自身のLINE Payアカウントと紐付ける作業が必要です。

紐付けずにVisa LINE Payカードを利用することももちろん可能ですが、その場合は自信の銀行口座から引き落とされるだけで、LINE Payへのポイント付与は行われません。

Visa LINE Payカードを手に入れる人はポイント還元に惹かれた人が大多数だと思いますので、必ず紐付けるようにしましょう。

注意点②:スマホ決済は「チャージ&ペイ」登録が必須

5月1日からのポイント還元は新制度となり、スマホ決済でポイント還元を受けるためには「チャージ&ペイ」への切り替えが必須となります。

チャージ&ペイとは
5月1日から始まる、スマホ決済でVisa LINE Payカードを使う新機能。これまでのLINEPayと同じように決済できますが、LINE Pay残高は不要です。

これまではLINE Payにチャージして支払う「残高払い」しかありませんでしたが、5月1日からの制度変更で「残高払い」に対するポイント還元はゼロになり、代わりに「チャージ&ペイ」ならポイント還元を受けられるようになります。

つまり、LINE Payでポイント還元を受けるためにはVisa LINE Payカードを取得した上で「チャージ&ペイ」で支払う必要があるという事ですね。

注意点③:来年度から年会費がかかる

Visa LINE Payカードは年会費有料のクレジットカードです。

初年度は無料となっていますが、2年目以降は年間1,250円(税別)がかかるようになります。

ただし、年間1回以上利用すれば年会費は無料になるため、実質年会費無料と言えるでしょう。

使わずに放置しておくと、気付いたら年会費が引き落とされていた…なんてことになりがちですので、忘れずに使うように注意が必要です。

1年間使わないと年会費がかかる仕組み

Visa LINE Payカードのまとめ

Visa LINE Payカードの外観レビューと活用方法、そして注意事項を解説しました。

LINE Payでポイント付与を受けるために必須のカードですが、2021年4月末までは通常の還元率としてトップのクレジットカードとなる見込みですので、すべてのキャッシュレスユーザーにオススメできるクレジットカードです。

まだ手にしていないのであれば、ぜひLINEアプリから申請して下さいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です