「LINEポイントクラブ」を完全攻略!! 最大限に活用する「お得な方法」を3つの手順で解説

LINEポイントクラブを攻略する3つの方法を解説!




2020年5月1日からLINEの新しいポイント制度「LINEポイントクラブ」が開始されます。

最大3%ポイントバックという破格の還元が受けられる一方、還元率を上げるためには「マイランク」をランクアップさせる必要があり、ある程度工夫をしながらランクアップを図る必要があります。

重要なのは、固定3%還元のクレジットカード決済でランクを上げ、その後でスマホ決済を活用する事。何も考えずに使うとランクアップまで多くの支払いが必要になり、結果的にもらえるはずだったポイントやクーポンを逃してしまいます。

今回は、LINEポイントクラブの仕組みを最大限に活用し、高還元率を獲得するための3つの手順を解説します。

Visa LINE Payカードを徹底レビュー!! LINE Payとの紐付け方法や、ポイント還元を最大限に活用する方法を解説

LINEポイントクラブの仕組み

LINEポイントクラブを利用するための前提

まずはLINEポイントクラブの仕組みについておさらいしておきましょう。

LINEポイントクラブを利用するためには、LINEが発行するクレジットカード「Visa LINE Payカード」を取得し、さらにLINEアカウントと連携する必要があります。

「Visa LINE Payカード」はLINEアプリの「ウォレットタブ」からすぐ発行申請が可能ですので、まだ発行していない方は申請しておきましょう。

以前までは「LINE Payカード」と呼ばれるプリペイド型カードがありましたが、「Visa LINE Payカード」は別物。混同してしまわないように気を付けてください。

Visa LINE Payカードを徹底レビュー!! LINE Payとの紐付け方法や、ポイント還元を最大限に活用する方法を解説

4つの「マイランク」に応じて還元率が決まる

LINEポイントクラブの根幹は「マイランク」と呼ばれる4つの会員ランクです。

マイランクはポイント獲得数に応じて決まり、過去半年間のポイント獲得数に応じて「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」にランク分けされます。

LINEポイントクラブの攻略法

ランクが高ければ高いほどポイント付与率も上がることから、ランクを上げるまでは大変ですが維持するのは比較的簡単、という特徴があります。

また、ランクが上がるまでに決済すべき金額はポイント付与率から逆算できますので、どのように決済していけばランクが上がり、そして維持できるかという戦略を練ることができるのです。

次の項目から、LINEポイントクラブで最大限に得をするための3つの手順を解説していきます。

LINEポイントクラブを攻略して「最大限に得する」3手順

LINEポイントクラブで最も大きな還元を受けることができるのは、最高ランクの「プラチナ」です。

プラチナを獲得し、維持することがLINEポイントクラブを攻略する至上命題であると言えます。

そこで、プラチナランクを獲得するまでにやるべきことと、ランクを活用して得する方法、そして維持するための具体的方法を考えました。

LINEポイントクラブを攻略する3手順
  • ①Visa LINE Payクレジットカードでプラチナを獲得
  • ②プラチナの特典クーポン+3%還元でお得なキャッシュレスライフを満喫
  • ③月3万円のスマホ決済でプラチナランクを維持

大きく分けて、獲得・活用・維持という3手順。

それぞれ詳しく解説していきますね。

攻略法① クレジットカード決済でプラチナを獲得

LINEポイントを獲得する方法は「スマホ決済(チャージ&ペイ)」と「クレジットカード決済」がありますが、まずは「クレジットカード決済」でプラチナを獲得するのが肝心です。

というのも、Visa LINE Payカードのクレジットカード決済は初年度に限り3%還元ですが、一方のスマホ決済(チャージ&ペイ)の還元率はランクによるため、スマホ決済だけでは1%の還元率でスタートすることになってしまうのです。

チャージ&ペイとは?
LINE Payスマホ決済での支払い方法の一種で、残高の代わりにVisa LINE Payカードから引き落とされる。支払い元はどちらもVisa LINE Payカードだが、スマホで払うか、カードを出して払うかの違いがある。

つまり、ランクが上がるまではクレジットカード決済の方が3倍効率が良い(3% vs 1%)ということ。

プラチナを獲得すればスマホ決済でも3%還元を受けられますので、それまではスマホ決済は封印する、というが効率の良い攻略法です。

17万円の決済でプラチナステージを獲得

では、クレジットカードの3%還元でプラチナランクの条件である5,000ポイントを獲得するにはいくら分の決済が必要でしょうか。

答えは16万6,667円。つまり約17万円分の決済をVisa LINE Payカードで行えば、晴れてプラチナランクを獲得です。

もし大きな買い物があれば一発でプラチナを獲得することができますね。

攻略法② 【豊富なクーポン+3%還元】でお得なキャッシュレスライフを実現

プラチナランクを獲得すれば、スマホ決済でも3%の還元を受けられる上、月10枚の特典クーポンでキャッシュレスライフを満喫することができます。

特典クーポンとは?
LINE Pay人気加盟店50社以上の定額・定率のクーポンで、実店舗に限らずオンライン支払いでも利用することができます。さらに、自身が使いたいクーポンを制限枚数まで選ぶことができるので無駄がありません。

【クーポン例】
・ビックカメラ 5%OFFクーポン
・ファミリーマート 100円OFFクーポン
・吉野家 100円OFFクーポン etc.

特典クーポンのリストはLINE公式ブログに公開されています。

100円OFFクーポンを10枚獲得すれば1,000円分の価値。5%OFFクーポンは高い買い物をするときに威力を発揮し、プラチナの3%還元と合わせると1割近い還元を受けることが可能です。

これほどのリターンがあるため、LINEポイントクラブではぜひプラチナランクを維持していきたいものです。

そこで次に、プラチナランクを維持するための方法を考えてみましょう。

攻略法③ 月3万円決済でプラチナランクを維持

プラチナランクを維持するには6ヶ月間で16万6,667円の決済をする必要があります。

ざっくり月3万円の決済を行えば良いということですね。

基本的な支払い方法をLINE Pay(チャージ&ペイ)またはVisa LINE Payカードにすれば、自然とプラチナランクを維持できるはずですよ。

「LINEポイントクラブ」攻略まとめ

以上の方法でプラチナランクを獲得し、特典クーポンと3%還元を活用しながらプラチナランクを維持することで、LINEポイントクラブの攻略完了です。

本記事の内容をまとめると、「①クレジットカード決済でプラチナを獲得」でプラチナを最短で獲得し、「攻略法② 【豊富なクーポン+3%還元】でお得なキャッシュレスライフを実現」でプラチナランクを最大限に活用しつつ、「攻略法③ 月3万円決済でプラチナランクを維持」でランクを効率的に維持する、という事でした。

「LINEポイントクラブ」ではLINE Pay肝入りのポイント制度として非常に高い還元を受けることができますので、ぜひスタートダッシュでプラチナを獲得し、最大限に活用して下さいね。




6件のコメント

去年の春から秋にかけて紹介コードをつかてもらえば全額返しますとかで何点かそうさせてもらいましたが一切返金されておりません
どういうことでしょうか

紹介コードを使っていただいた場合はTwitterのメッセージ機能で「購入商品」「購入日時」を連絡頂いています(そのように記載していました)。

ご連絡頂いていたでしょうか?まだ過去の履歴は確認することができますので、確認できれば返金いたします。

すごくわかりやすいです!
プラチナ獲得及び維持に関しての戦略がまとめられているのが読者として嬉しかったです!
素晴らしい記事ありがとうございます。

読んで頂きありがとうございます!そう言って頂けてとても嬉しいです。また情報があれば追記していきますね!

楽しく拝見しました!

プラチナ維持についてですが、
〉ざっくり月3万円の決済を行えば
〉良いということですね。

〉基本的な支払い方法をLINE Pay
〉(チャージ&ペイ)またはVisa LINE Pay
〉カードにすれば、
〉自然とプラチナランクを維持できるはずですよ。

LINE Payアプリでの支払いについては確かに3%ですが、
VISA LINE payカードは、2021年5月以降1%還元になる認識です。

両方の決済方法を使うと月3万では足りないのでしょうか?(2021年5月以降の話です)

コメント頂きありがとうございます!

2021年5月以降は、仰る通りVISA LINE payカード還元率が1%となります。プラチナを維持するための「月3万円の決済」は還元率3%が前提なので、2021年5月以降はVISA LINE payカードとLINE Payを併用した場合、月3万円では足りなくなると予想されます。

2021年5月以降はVISA LINE payカードは還元率が下がる代わりに「お得なキャンペーン予定!」(公式HP)と書かれています。最善を目指そうとするとVISA LINE payカードとLINE Payを併用する形になり、最少額で維持しようとすると複雑な計算になってしまいそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です