AGCの配当はいつ入金される?正確な入金日と今後の配当予想を解説




AGCは配当利回り4%超の高配当銘柄です。

配当目的で保有している投資家が多いですが、配当がいつ入金されるか、疑問に思っている人も多いでしょう。

本記事では、AGCの配当の入金日について、正確な日付で解説します。

また、最後には2025年までの配当額予想について紹介します。

過去の配当入金日

まず、過去の配当入金日を見てみましょう。

以下、2019年以降の入金日をまとめました。

年度中間期末
2019年度9月6日翌年3月30日
2020年度9月8日翌年3月31日
2021年度9月8日翌年3月31日
2022年度9月8日翌年3月31日
2023年度(予想)9月8日翌年3月29日

入金日の傾向

基本的に、中間配当は9月8日、期末配当は3月31日に入金されます。

今後も同じ日程で入金される可能性が高いでしょう。

ただし、土日に重なった場合は日程が早まります。

例えば、2019年度は9月8日が日曜日だったので、9月6日(金)となりました。

今後の入金日の予想

2023年度は、中間配当が2023年9月8日(金)、期末配当が2024年3月29日(金)になると予想しています。

3月31日は日曜日なので、2日早まる見通しです。

この考え方で、今後5年間の配当入金日を予想しました。

年度中間期末
2023年度(予想)9月8日翌年3月29日
2024年度(予想)9月6日翌年3月31日
2025年度(予想)9月8日翌年3月31日
2026年度(予想)9月8日翌年3月31日
2027年度(予想)9月8日翌年3月31日

今後の配当額の予想

減配の可能性は低い

AGCは世界最大手のガラスメーカーですが、業績は需要に左右されるため、利益は不安定です。

ただ、2021年以降の1株配当は210円で安定しています。

配当性向には余裕があるので、減配される可能性は低いでしょう。

原材料(エチレン・原油など)価格の上昇や、市場シェアが低下することで業績が悪化し、減配につながる懸念は常にあります。

2025年までの配当予想

今後の業績予想をもとに、2025年度までの配当予想を立てました。

年度1株利益1株配当
2023年度481円210円
2024年度594円240円
2025年度689円270円

業績拡大で増配が続く

1株利益は今後3年間で伸びる見通しです。

それに伴い、配当も増配されると予想しています。

AGCは株主還元方針として「配当性向40%」を掲げており、1株利益予想の40%を配当予想としました。

その結果、2024年度は+30円の240円、2025年度はさらに+30円の270円の配当になる見通しです。

管理人

上記の業績予想はJPモルガンの証券レポートを参考にしました。

まとめ

AGCの配当の入金日について解説しました。

入金日は基本的に例年同じで、中間配突は9月8日、期末配当は3月31日となります。

土日が被った場合は早まると覚えておいて下さい。

今後の配当額ですが、業績は拡大する見通しのため、配当は増配されそうです。

現時点でも利回り4%の高配当銘柄なので、さらに増配されれば、株価が上昇することが期待できます。

したがって、配当面でも株価面でも買い時であると考えています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です