LINE証券で買える全銘柄を一覧でご紹介!レーティングやおすすめ銘柄も

LINE証券の全銘柄を、レーティング付きでご紹介




LINE証券でどの株が買えるのか、意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

LINE証券では、国内ETF15銘柄、国内株300銘柄を取引することができます。2019年末時点で日本で上場しているETFは216銘柄株式は3,704銘柄ですので、カバー率としては10%にも満たないのですが、その分、初心者でも安心して取引できる銘柄が選定されています。

今回はLINE証券で取引できる全銘柄を一覧でまとめました。証券アナリストによる評価も調べて併記しましたので、購入する銘柄探しに役立ててくださいね。

LINEポイントクラブを攻略する3つの方法を解説!

「LINEポイントクラブ」を完全攻略!! 最大限に活用する「お得な方法」を3つの手順で解説

レーティングは2019年12月時点のものです。レーティングは値動きを予想するものではなく、事業環境や開示情報などによって変化するものですので、レーティングの数値は調べるきっかけ程度にお使いください。また、本記事のおすすめ銘柄は主観的なものですので、購入判断はご自身でお願いします。



LINE証券で買える国内ETF

ETFとは?

ETF(=Exchange Traded Funds)は、日経平均株価など特定の指数に連動し、金融取引所で取引される投資信託です。

投資信託は、運用会社が投資家から資金を集めて運用するものですが、実際にどう運用されているのか、というのが分かりにくい部分があります。

一方、同じ投資信託でも、ETFでは買い入れる銘柄の構成比率が指数の計算式に合わせてあるという特徴があります。それにより、運用の透明性が確保されるとともに、取引所でいつでも現金化できるため、柔軟な資金運用が可能です。

ETFの銘柄によっては、運用されている株式などの配当を原資とした「分配金」を受け取ることができるのも魅力です。

それでは、LINE証券で購入できる国内ETF一覧とおすすめ銘柄をご紹介します。

LINE証券の国内ETF一覧

LINE証券で買える国内ETF
証券コード銘柄名レーティング(1-5)
1306TOPIX上場 ETF4
1309中国株式50ETF2
1321日経225ETF4
1343東証REIT ETF4
1357日経Wインバース ETF
1482米国債7-10年ETF
1540金ETF5
1545ナスダック100 ETF5
1546NYダウETF5
1552VIX短期先物ETF1
1570日経レバレッジ ETF
1655S&P500ETF
1678インド株式50ETF3
1699原油ETF2
2522ロボットETF

おすすめ銘柄は?

1306 TOPIX上場ETF

【1306 TOPIX上場ETF】はどれを買えばよいのかわからない時に選択肢に入れたいETFです。

2001年以降の運用開始以降、安定した成績を出しており、直近では2.3%の分配金が支払われています。

日本の時価総額トップである「トヨタ自動車」や、日本を代表するメガバンク「三菱UFJフィナンシャル・グループ」、世界に通用するメガ・ファーマとしての成長が期待されている「武田薬品工業」などの有名企業の株式を買い入れており、その運用額は10兆円を超えます。国内ETFを代表する銘柄の一つですね。

詳しくは公式情報をご覧ください。

1321 日経225ETF

投資をしない人でもよく耳にする「日経平均」に連動する投資信託です。

株式の構成比率を日経平均の計算式に合わせてあり、日経平均が上がればこの投資信託の価額も上がり、日経平均が下がれば連動して下がる、という値動きになります。

運用資金は約6兆3000億円、直近の利回りは1.9%で、この銘柄も国内ETFを代表する銘柄ですね。

詳しくは 公式情報をご覧ください。

1545 ナスダック100 ETF

米国の株式銘柄で構成される「NASDAQ-100指数」に連動する投資信託です。

その名の通り、米国の株式を買い入れる投資信託で、米国株式投資への第一歩としておすすめできる銘柄です。アップルやマイクロソフト、アマゾンなど、米国を代表する企業の株式を買い入れています。

2010年の運用開始から5倍になるほどの好成績を残しており、米国は2020年以降も好景気が続くと予想されているため、大きなリターンを狙える銘柄です。

ただし、これまで大きく上げている分、下がる余地も大きいと考えられ、リスクとリターンは表裏一体です。また、最低でも9,570円から(2019年12月20日時点)と、比較的高めなのは初心者にはハードルかもしれません。

詳細はこちらからご覧ください。



LINE証券で買える国内株式銘柄

ほとんどが東証一部銘柄、ごく少数のマザーズ銘柄も

LINE証券では、国内株3,704銘柄から野村證券が選定した300銘柄を買うことができます。

ほとんどが値動きの安定した東証一部銘柄ですが、メルカリ、UUUM(YouTubeインフルエンサーマーケ)、マネーフォワードなど、値動きの大きい東証マザーズでも時価総額が大きい有力企業であれば扱われています。

LINE証券で買える株では、評価を表す「レーティング」が総じて高めです。約8割は中立を表す”3″以上が付いており、約4割は強気を示す”4″以上が付いています。ちなみに、レーティングに小数が付いている理由は、複数のアナリストの評価を平均化(=コンセンサス・レーティング)し、信頼性を高めているためです。

それではLINE証券で買える株式銘柄一覧をご覧ください。一覧の下におすすめ銘柄も記載しています。

LINE証券の国内株式一覧

LINE証券で買える日本の有名企業300銘柄
証券コード銘柄名レーティング(1-5)
1332日本水産4.33
1333マルハニチロ5.00
1414ショーボンドHD4.25
1605国際石油開発帝石5.00
1801大成建設4.67
1803清水建設3.33
1812鹿島建設4.33
1925大和ハウス工業4.38
1928積水ハウス3.67
1951協和エクシオ4.17
1963日揮HD4.56
2002日清製粉グループ本社4.20
2120LIFULL4.50
2121ミクシィ3.00
2124ジェイエイシーリクルートメント3.00
2127日本M&Aセンター3.67
2146UTグループ5.00
2157コシダカHD5.00
2181パーソルHD4.63
2206江崎グリコ2.00
2212山崎製パン2.40
2229カルビー2.50
2264森永乳業5.00
2267ヤクルト本社3.55
2269明治HD3.44
2282日本ハム4.00
2296伊藤ハム米久HD3.50
2317システナ5.00
2326デジタルアーツ3.67
2353日本駐車場開発3.00
2371カカクコム2.91
2412ベネフィット⋅ワン3.00
2413エムスリー3.58
2427アウトソーシング4.50
2432ディー⋅エヌ⋅エー3.15
2492インフォマート2.00
2501サッポロHD3.00
2502アサヒグループHD4.18
2503キリンHD3.50
2587サントリー食品インターナショナル3.91
2593伊藤園2.33
2670エービーシー⋅マート3.00
2702日本マクドナルドHD4.00
2768双日3.25
2802味の素3.55
2809キユーピー3.50
2810ハウス食品グループ本社5.00
2811カゴメ3.00
2871ニチレイ4.50
2897日清食品HD4.33
2914日本たばこ産業3.55
2931ユーグレナ
3038神戸物産4.67
3048ビックカメラ3.33
3064MonotaRO2.67
3086J.フロント リテイリング3.50
3088マツモトキヨシHD4.67
3092ZOZO4.25
3099三越伊勢丹HD3.33
3182オイシックス⋅ラ⋅大地
3197すかいらーくHD2.00
3288オープンハウス4.25
3289東急不動産HD4.13
3360シップヘルスケアHD4.67
3382セブン&アイ⋅HD4.56
3401帝人2.82
3402東レ3.79
3405クラレ3.42
3407旭化成3.25
3436SUMCO3.72
3445RS Technologies5.00
3479ティーケーピー5.00
3543コメダHD3.00
3563スシローグローバルHD5.00
3635コーエーテクモHD4.33
3668コロプラ2.50
3679じげん5.00
3697SHIFT5.00
3769GMOペイメントゲートウェイ4.44
3861王子HD4.00
3923ラクス3.00
3926オープンドア
3932アカツキ4.50
3966ユーザベース5.00
3990UUUM5.00
3993PKSHA Technology
3994マネーフォワード5.00
4004昭和電工3.89
4005住友化学3.55
4023クレハ4.25
4042東ソー3.89
4063信越化学工業4.61
4183三井化学3.67
4188三菱ケミカルHD3.54
4307野村総合研究所3.46
4321ケネディクス4.33
4324電通3.50
4344ソースネクスト5.00
4348インフォコム5.00
4384ラクスル3.50
4385メルカリ3.29
4452花王4.00
4502武田薬品工業4.77
4507塩野義製薬4.08
4523エーザイ3.58
4543テルモ4.33
4565そーせいグループ4.00
4578大塚HD3.36
4587ペプチドリーム4.25
4631DIC4.50
4661オリエンタルランド4.17
4666パーク244.11
4680ラウンドワン4.67
4684オービック3.63
4689ZHD(旧ヤフー)4.89
4704トレンドマイクロ4.00
4739伊藤忠テクノソリューションズ4.33
4751サイバーエージェント3.67
4755楽天3.67
4768大塚商会3.50
4819デジタルガレージ5.00
4901富士フイルムHD4.45
4911資生堂3.67
4921ファンケル4.83
4922コーセー3.33
4927ポーラ⋅オルビスHD3.17
4974タカラバイオ4.2
4996クミアイ化学工業4.00
5019出光興産4.50
5020JXTGHD4.50
5108ブリヂストン2.85
5202日本板硝子3.00
5232住友大阪セメント3.20
5233太平洋セメント4.80
5301東海カーボン3.33
5332TOTO3.00
5401日本製鉄3.40
5406神戸製鋼所2.70
5711三菱マテリアル2.22
5713住友金属鉱山3.89
5802住友電気工業4.00
6027弁護士ドットコム5.00
6080M&Aキャピタルパートナーズ3.00
6098リクルートHD4.23
6099エラン4.00
6101ツガミ
6103オークマ3.57
6113アマダHD3.00
6141DMG森精機3.33
6146ディスコ3.56
6184鎌倉新書5.00
6196ストライク3.00
6222島精機製作所3.00
6235オプトラン3.67
6268ナブテスコ3.83
6273SMC4.53
6301小松製作所3.57
6326クボタ3.71
6361荏原製作所3.75
6367ダイキン工業4.00
6370栗田工業4.00
6383ダイフク4.50
6457グローリー4.00
6460セガサミーHD3.86
6471日本精工3.40
6472NTN2.67
6473ジェイテクト2.60
6474不二越3.00
6479ミネベアミツミ4.14
6481THK3.79
6501日立製作所4.90
6503三菱電機4.13
6506安川電機3.59
6572RPAHD4.00
6594日本電産4.76
6645オムロン3.00
6652IDEC3.50
6701NEC3.83
6702富士通3.80
6703沖電気工業4.00
6724セイコーエプソン2.82
6752パナソニック3.44
6753シャープ2.40
6754アンリツ4.10
6758ソニー4.89
6762TDK4.44
6856堀場製作所3.75
6857アドバンテスト4.00
6861キーエンス4.13
6902デンソー4.44
6952カシオ計算機3.46
6954ファナック2.00
6965浜松ホトニクス3.75
6971京セラ3.63
6976太陽誘電4.53
6981村田製作所4.94
6988日東電工2.33
7011三菱重工業3.18
7012川崎重工業3.00
7013IHI4.40
7172ジャパンインベストメントアドバイザー5.00
7182ゆうちょ銀行2.80
7201日産自動車2.67
7203トヨタ自動車4.18
7261マツダ2.11
7267本田技研4.00
7270SUBARU3.53
7272ヤマハ発動機4.00
7309シマノ3.29
7412アトム
7453良品計画3.91
7532パンパシフィックHD4.60
7545西松屋チェーン4.00
7550ゼンショーHD4.00
7564ワークマン5.00
7581サイゼリヤ4.00
7606ユナイテッドアローズ3.80
7616コロワイド
7701島津製作所4.67
7716ナカニシ5.00
7733オリンパス4.13
7735SCREENHD3.88
7747朝日インテック4.18
7751キヤノン2.87
7752リコー3.36
7762シチズン時計2.80
7803ブシロード
7832バンダイナムコHD4.00
7936アシックス3.50
7951ヤマハ3.78
7956ピジョン3.09
7974任天堂4.38
8001伊藤忠商事4.50
8002丸紅3.43
8015豊田通商4.00
8028ファミリーマート2.50
8031三井物産4.63
8035東京エレクトロン4.06
8050セイコーHD4.20
8053住友商事3.00
8058三菱商事3.89
8111ゴールドウイン3.00
8113ユニ⋅チャーム3.92
8114デサント
8179ロイヤルHD3.00
8267イオン2.71
8281ゼビオHD
8306三菱UFJ FG4.42
8308りそなHD3.57
8316三井住友FG4.31
8411みずほFG3.15
8439東京センチュリー3.50
8473SBIHD4.25
8591オリックス4.45
8628松井証券3.00
8729ソニーフィナンシャルHD3.17
8750第一生命HD4.09
8766東京海上HD4.64
8771イー⋅ギャランティ5.00
8801三井不動産4.45
8802三菱地所4.45
8830住友不動産3.67
9005東急4.67
9020JR東日本4.00
9021JR西日本3.67
9022JR東海3.73
9024西武HD5.00
9041近鉄グループHD2.00
9064ヤマトHD2.78
9086日立物流3.75
9104商船三井4.00
9107川崎汽船2.11
9142JR九州3.00
9201日本航空4.33
9202ANAHD2.78
9301三菱倉庫3.00
9433KDDI4.00
9434ソフトバンク4.21
9437NTTドコモ3.47
9474ゼンリン3.33
9501東京電力HD1.00
9531東京ガス3.75
9602東宝4.50
9603HIS4.71
9613NTTデータ4.38
9616共立メンテナンス4.33
9681東京ドーム5.00
9684スクウェア⋅エニックス⋅HD3.64
9697カプコン4.15
9706日本空港ビルデング3.50
9716乃村工藝社3.00
9735セコム3.43
9766コナミHD3.93
9792ニチイ学館3.33
9831ヤマダ電機2.71
9843ニトリHD4.27
9861吉野家HD3.00
9962ミスミグループ本社4.00
9983ファーストリテイリング3.56
9984ソフトバンクグループ4.75



おすすめ銘柄は?

LINE証券が扱っている銘柄の中から、よくおすすめされる株を理由付きでご紹介します。

私の好みも入っていますが、ご参考までに。

2914 日本たばこ産業

日本たばこ産業(JT)の投資家には言わずと知れた人気銘柄です。

国内のたばこ産業は縮小が続き、同社の国内利益は前年度比19%減(2019年第3四半期)となりました。たばこをメインに扱う会社だけに厳しい先行きと思われがちですが、海外の売上げ比率を高めたことが功を奏し、国内売上げをカバーしています。

JTの魅力は年間6%以上の配当利回り。利回りランキングには必ずと言って良いほど登場し、リスクを取りつつも安定した投資リターンを目指す多くの投資家に人気です。

一方、海外での売上げを大きくした結果、訴訟リスクと為替変動リスクを抱えました。

2019年3月には「健康へのリスク説明が不十分だった」として約17.7億カナダドル(約1480億円)の損害賠償の支払いを命じられました。このような訴訟を何件か抱える上、為替変動により利益が不安定になり、JTが人気の理由である配当を脅かしています。

8001 伊藤忠商事

伊藤忠商事は日本5大商社の2位に位置する総合商社です。2018年にファミリーマートを子会社化し、コンビニ業界に進出しました。

配当利回りは約3.3%と十分ですが、伊藤忠が人気銘柄である理由はその成長力です。

2018年度は純利益5005億円を達成し、前年度の4003億円から二桁増益。しかも、2019年度上期は純利益ベースで総合商社トップである三菱商事を上回り、4年ぶりにNo.1商社に返り咲くことが期待されています。

好業績が続くことで増配も期待でき、株価上昇と配当利益の両方を狙える銘柄です。

8058 三菱商事

三菱商事も投資家の間では言わずと知れた人気銘柄。

5大商社のトップに位置し、年間売上高は16兆円にも上ります。

資源開発に強い三菱商事ですが、資源価格の影響を受けやすく、2015年には赤字に転落しました。近年ではコンビニ大手ローソンを傘下に収めるなど事業内容の見直しを進めています。

年間配当利回り4.5%が魅力な上、2019年5月から1年間を期限に3000億円の自社株買いを発表しており、株価の下支えになる安心感があります。

8306 三菱UFJフィナンシャルグループ

三菱UFJは3大メガバンクのトップを占め、日本No.1の民間金融会社です。

三菱UFJは積極的に海外進出を進めており、その点についても他の国内メガバンクより優位に立っていると言えるでしょう。

2018年1月の高値894円に対し、現在は600円ほど。現時点ではアナリストからの評価もよく、中長期的には期待できる銘柄です。

8591 オリックス

値動きが安定し、年間配当利回り4.0%と十分な利回りが確保できることから人気の銘柄です。

10月末にはオリックス過去最大となる1000億円の自社株買いを発表し、今後しばらくは株価の下支えになることが期待できます。

割安な人気銘柄ではありますが、同社の売上げ30%を占める金融事業には不確実性が高く、単に人気だからと買うには少々リスキーな銘柄です。買う場合はきちんと調べた方が良いですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です