【LINE証券】LINEで株主優待をゲットするための簡単3ステップを解説!

LINE証券で株主優待を獲得する方法




誰もが使うメッセンジャーアプリ「LINE」で、今話題の株主優待を買えることをご存知でしょうか?

株主優待がテレビなどでも取り上げられるようになり、株主優待を始めてみたいと思っている人も多いと思いますが、イチから調べて株を買うのはハードルが高いですよね。

将来の年金問題などで「投資」や「資産形成」の機運が高まっている今日この頃。いつも使っているLINEで投資をスタートし、あなたも株主優待生活を始めてみませんか?

今回は、LINEの投資サービス「LINE証券」で株主優待をゲットするための3ステップを順に解説いたします。



ステップ①:LINEの投資サービス「LINE証券」で口座開設

LINEで投資をスタートするために、「LINE証券」で口座を開設しましょう。

LINE証券はLINEアプリの「ウォレット」メニューにあります。

LINE証券は「ウォレット」メニュー内にある

タップすると口座開設に移行しますので、次の手順で口座開設を行ってください。

口座開設の流れ
  • 1.規約に同意
  • 2.確定申告方法の選択
  • 3.本人情報確認
  • 4.2営業日後に開設完了

必要なものは基本的に「運転免許証」と「マイナンバー通知カード」の2種類。

入力作業は10分ほどで終わり、2営業日後にLINE証券から口座開設完了のメッセージが来れば、株取引ができるようになりますよ。

ステップ②:株主優待銘柄を買う

会員登録が済んだら、いよいよ株を買いましょう。

株主優待はどの企業も行なっているわけではなく、企業ごとに優待の有無や内容、対象になるための条件が変わります。

LINE証券で株の買うのは簡単ですが、初めてだと不安なところもあるかもしれません。

株の買い方を実際の画面で一通り解説します。

1)銘柄を選ぶ

まずは購入する銘柄を選びましょう。

LINE証券の銘柄カテゴリーの中には「人気株主優待ランキング」というページがあり、ここに主要な優待銘柄が揃っています。

このランキングでは、3ヶ月先までに権利確定する株主優待のうち、みんかぶ社が作成している「優待人気ランキングトップ100」の銘柄が表示されています。

ここでは、5万円ほどの投資で年間3000円の商品券がもらえる「ヤマダ電機」を例に進めていきます。

LINE証券で株式ランキングを活用した銘柄選びを紹介

【LINE証券】株の簡単な銘柄選びを解説!ランキングを活用して有望な銘柄を探す方法

2)LINE証券に入金する

次に、必要な金額をLINE証券に入金します。

入金はメニュー内の一番上にあります。

入金はLINE Payからのみですので、もしLINE Payを始めていない人は準備しておいてくださいね。

ちなみに、入金にはLINEポイントを利用することもでき、ポイントだけ株主優待銘柄を買うことも可能です。

余っているLINEポイントがあれば優待銘柄を買う足しにすることで有効活用できるでしょう。

3)株を購入する

買う銘柄を決めて、入金まで済ませたらいよいよ実際に購入してみましょう。

こちらの銘柄画面から「買う」を押してください。

次に、購入数量を入力します。

「買う」を押すと購入完了です。

ステップ③:権利確定後、優待品が自宅に届く

権利確定日に必要株数を保有する

株を買ったら、その株を権利付最終売買日まで保有し続けましょう。

権利付最終売買日に必要な株数を保有することで、株主優待や配当を受け取ることができます。

例えば、ヤマダ電機の場合は次のようになっています。

ヤマダ電機の権利付最終売買日と必要株数
  • 権利付最終売買日:2020年3月27日(金)
  • 必要株数:100株
そくほう
いつまでに何株持っているべきかは銘柄によって異なりますが、ネットで検索すればすぐに調べることができますよ。

優待品が自宅に届く

あとは何もしなくても、LINE証券に登録した住所に優待品が郵送されてきます。

優待品がいつ届くかは銘柄によりますが、権利確定後の2〜3ヶ月後が多いです。

以上がLINE証券で株主優待を獲得するための全手順です。

最後に、LINE証券で買える銘柄のうち、定番でおすすめの株主優待銘柄をご紹介します。



LINE証券のおすすめ優待銘柄

現在はおよそ1500銘柄が株主優待を行なっていますが、LINE証券で買える銘柄の中で、特におすすめの優待銘柄をピックアップしました。

ネットで検索すると「10万円以下で買える株主優待」や「金券がもらえる株主優待」など、投資金額や種類に応じておすすめ銘柄が紹介されているので、調べてみてくださいね。

どの銘柄も株数に応じて優待品がランクアップしますが、100株だけ投資するのが一番効率が良いので、ここでは100株の場合の優待品を記載しています。

ヤマダ電機
  • 【必要投資額】
    52,500円
  • 【権利付最終売買日】
    2020年3月27日(金)、9月28日(月)
  • 【優待品】
    3月末:商品券1,000円分
    9月末:商品券2,000円分
すかいらーくHD
  • 【必要投資額】
    169,200円
  • 【権利付最終売買日】
    2020年6月26日(金)、12月28日(月)
  • 【優待品】
    6月末:お食事券3,000円分
    12月末:お食事券3,000円分
オリックス
  • 【必要投資額】
    175,300円
  • 【権利付最終売買日】
    2020年3月27日(金)、9月28日(月)
  • 【優待品】
    3月末:株主カード、自社取引先取扱商品等カタログギフト(5,000円分)
    6月末:株主カード

※株主カードをオリックスグループのサービス利用時に提示することで優待価格になります。

イオン
  • 【必要投資額】
    207,300円
  • 【権利付最終売買日】
    2020年2月26日(水)、8月27日(木)
  • 【優待品】
    2月末:イオンでの買い物が3%引きになる「イオンオーナーズカード」
    8月末:イオンでの買い物が3%引きになる「イオンオーナーズカード」
KDDI
  • 【必要投資額】
    305,100円
  • 【権利付最終売買日】
    2020年3月27日(金)
  • 【優待品】
    3月末:カタログギフト(3,000円相当)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です