【裏技あり】LINEポイントを「現金同等」に使う3つの最良の方法




LINE Payでの支払いや、LINEの投資サービス「LINEスマート投資」でどんどん貯まるLINEポイントですが、その使い道に困ったことはありませんか?

LINEポイントの使い道は100種類以上あり、調べれば自分にあった使い道が見つかるのですが、「いちいち時間をかけて調べたくない!」というのが実際のところですよね。

そこで今回は、できるだけ損をせずにLINEポイントを「現金同等」に使う3つの方法をご紹介します。

これさえ知っておけばLINEポイントを眠らせることなく活用することができますよ。

【本記事で解説する、LINEポイントを「現金同等」に使う3つの方法】

  • 1. LINE証券を経由して銀行口座へ現金化。
  • 2. LINE証券を経由してLINE Pay残高に。
  • 3. LINE Payカードで現金同様に支払いに使用。
LINEスマート投資でポイントただ取り!やり方を詳しく解説します

【LINEスマート投資】投資→出金を繰り返して毎月8000ポイントをゲット!やり方を詳しく解説します

方法①:銀行口座へ現金化する「裏技」

いきなり裏技的な方法を紹介してしまいますが、実はLINEポイントはあるサービスを経由することで銀行口座へ現金化することができるのです。

そのサービスとは、LINEの投資サービスである「LINE証券」。仕組みはこうです。

LINEポイント現金化の仕組み
  • 1.LINE証券に入金する際、「LINEポイント」を選択して入金する。
  • 2.入金した残高を銀行口座に出金する。
  • 3.翌々日に銀行口座に着金する。

LINE証券への入金にはLINEポイントを使えるのがミソ。

しかも入金後は現金と同じ扱いですので、銀行口座に出金すればLINEポイントを現金化できる、という仕組みです。

メリットとデメリット

この方法は、完全に現金化することができ、使い道が自由というのが最大のメリットです。使い道の選択肢が多いというのはそれだけでも価値があるものですからね。

一方、LINE証券からの出金には手数料がかかるというのがデメリットです。出金1回ごとに220円の手数料が引かれますので、ポイントのまま使うより少し減ってしまいます。

数万ポイントなら影響は小さいですが、数百〜数千ポイントの場合はちょっと勿体無いかもしれませんね。

そくほう
LINE証券への登録方法は「いまLINE証券を始めると1000円がもらえる!手順とやり方を簡単解説」で解説しています。LINE証券では「株のタイムセール」など話題のキャンペーンを開催していますので、興味のある方はぜひ登録してみてくださいね。



方法②:LINE Pay残高に移す

上の現金化の方法と同様に、LINE証券を経由してLINE Pay残高に移すことも可能です。

LINEポイントをLINE Pay残高に移す仕組み
  • 1.LINE証券に入金する際、「LINEポイント」を選択して入金する。
  • 2.入金した残高をLINE Pay残高に出金する。
  • 3.すぐにLINE Pay残高に着金する。

メリットとデメリット

この方法では手数料がかからず、しかもすぐに出金されるのがメリットです。

LINE Payは全国のコンビニやスーパーでの支払いに使えるので、LINE Pay残高はほぼ現金と同等と考えることができます。

しかし、LINE経済圏以外では使うことができないのがデメリットですね。

方法③:LINE Payカードでポイントを消費する

もしLINE Payカードを発行していれば、LINE Payカードでポイントを使用するのが一番真っ当な消費方法です。

LINE Payカードとは?
LINE PayカードはLINE Payと紐づいたプリペイド型のJCBクレジットカードです。一般的なクレジットカードと同様に使うことができ、プリペイド型なので審査不要・安全性が高いといった利点があります。

バーチャルカードとリアルカードの2種類があり、バーチャルカードはLINEアプリから即時発行が可能です。

LINEポイントを消費する設定

デフォルトではLINEポイントが消費されない設定になっていますので、設定を変更する必要があります。

次の手順で設定を変更してくださいね。

LINE Payカードを開く

まずLINE Payメニューの「LINE Payカード」を開く

LINEポイントを使用する設定をONにする

「LINEポイントを使用」をONにして設定完了

これでLINE Payカードで支払いをした際、自動的にLINEポイントが消費されますので、LINEポイントを無駄なく活用することができます。

メリットとデメリット

LINE Payカードでポイントを消化するメリットは、手数料がかからないことと、JCBクレジットカードとして幅広い支払いに利用できる点です。

デメリットは、LINE Payカードが利用できないお店やネットショップが存在すること。LINE Payカードは支払名義が「LINE MEMBER」となってしまいますので、名義が本人と一致しなければならない支払いでは利用できません。

また、月額など定期的な支払いでも利用できないことに注意です。

まとめ

LINEポイントを現金同様に利用する3つの方法を解説しました。

ポイントが大量にあるなら現金化して銀行口座に入れておき、そうでないならLINE Pay残高やLINE Payカードで消費するのが最も良いのではないでしょうか。

ぜひ本記事のやり方でLINEポイントを有効活用してくださいね。

LINE証券で株主優待を獲得する方法

【LINE証券】LINEで株主優待をゲットするための簡単3ステップを解説!




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です