JTの配当はいつ振込まれる?権利確定~配当振込までの流れと期間

JTの配当振込はいつ?実体験ベースで配当までの流れと期間を解説




本記事では、JTの配当がいつ振り込まれるかについて、実体験をベースに正確にご紹介します。

場合よっては数日前後する可能性もありますが、例年ほとんど変わりませんので、配当の振込日が気になる方はぜひ参考にしてください。

JTの配当が振り込まれるタイミング

それでは、本題である配当の振込タイミングについてです。

結論から言ってしまうと、JTの配当が振り込まれるのは権利確定日からおよそ3ヶ月後です。

正確には次の日程で振込が行われました。

JT配当金振込までの流れ(2019年下期)
  • 2019年12月29日:権利付最終売買日
  • 2019年12月31日:権利確定
  • 2020年3月23日:配当金振込
  • 2020年3月24日:配当金の通知が届く

日数的には権利付最終売買日から85日後に配当が振り込まれた計算になります。

2019年12月29日権利確定分が2020年3月23日に振り込まれた

配当が振り込まれるまでの流れ

次に、配当が振り込まれるまでの詳細について見ていきましょう。

実際に配当を受け取るまでにはいくつかのプロセスがあります。

権利付最終売買日に株を保有

配当を受け取りためには、銘柄毎に決まっている権利付最終売買日に株を保有している必要があります。

権利付最終売買日
権利確定日の2営業日前。この日に株を保有していれば株主名簿に名前が記載され、株主としての権利(配当・優待・議決権等)を得ることができる。翌日に売却しても問題ない。

JTの場合、年に2回ある権利付最終売買日は次のようになっています(2020年の場合)。

  • ・2020年6月26日(権利確定日2020年6月30日)
  • ・2020年12月29日(権利確定日2020年12月31日)

配当を取りに行く場合は上記日程に注意しましょう。

配当の権利が確定

権利付最終売買日から2営業日後、権利確定日を迎えると配当をもらう権利が確定します。

必要な手続きは証券会社の方が代行してくれます。

権利確定日に投資家側がやるべきことはありません。

権利付最終売買日と権利確定日が異なる理由
証券会社を通じた株取引は、約定日と実際の引き渡し日が異なります。約定してから2営業日後に株が引き渡される仕組みになっているため、権利確定日に株を保有するには2営業日前(=権利付最終売買日)までに約定させる必要があるのです。

配当額が決定

配当直前に開かれる取締役会で配当が承認され、配当額が決定します。

配当額は”配当予想”という形で事前に公開されていますが、実際に決定されるのは配当直前のため、権利付最終売買日に正確な配当額を知ることはできません。

とは言え、取締役会では配当予想通りに承認されるのが普通で、額が変わるとしても増額方向です。

配当が振り込まれる

権利確定日からおよそ3ヶ月後、証券口座に配当が振り込まれます。

公式ホームページには「中間配当金は9月上旬、期末配当金は3月下旬」としか書かれていないので、事前に正確な振込日を知ることはできないようです。

配当のお知らせが郵送で届く

配当振込の当日〜翌日に配当のお知らせが届きます。

正確には「期末配当金計算書」と呼ばれ、以下の情報が記載されています。

  • ・保有株式数
  • ・1株あたりの配当額
  • ・合計配当額
  • ・株主番号

株主番号は株主優待を受ける上で重要ですので、期末配当金計算書は取っておくことをおすすめします。

LINE証券の端株保有で株主番号を維持する方法を解説

LINE証券で端株を保有して株主番号を維持できる? 実際にやってみた結果を公開!

超高配当銘柄として人気のJT。予想配当利回りは8%超え

世界4位のたばこメーカー

JTは売上高世界第4位を誇る日本のたばこメーカーです。

160銘柄以上のたばこブランドを取り扱い、世界130カ国以上で販売しています。

売上高のおよそ9割がたばこ事業によるもの。医薬品開発、加工食品事業が残りの1割を占めています。

JTの売上高は、海外たばこ+国内たばこが約9割を占める

高配当銘柄として個人投資家に人気

JTは純利益の約8割を配当に回しており、その配当利回りは8%を超えています。

高配当銘柄と言えば3%〜5%が一般的。JTの配当利回りは突出して高く、超高配当銘柄として個人投資家の人気を集めています。

仮に今後も配当が維持されれば13年で元が取れる計算です。

JTの配当は年々増加している反面、株価は上がらず、配当利回りが上昇している

株価は過去8年来の底値

JTの株価は2016年を境に下落が続き、現在の株価は2,000円を割れています。

これは2012年以来、8年ぶりの安値水準です。2012年から配当は倍以上になっているのに対し、業績はそこまで悲観的ではありませんので、相当割安な株価であると言えるでしょう。

JTの株価は下落が続き、2012年水準まで逆戻りした。

JTの配当はいつ振込まれる?まとめ

JTの配当が振り込まれるまでの流れと期間について、実体験をベースに紹介しました。

先行きを不安視する声もありますが、たばこというのは非常に手堅い事業で、中毒性があるが故に、消費者が逃げにくいという特徴があります。

業績が急激に悪化することは考えにくいでしょう。

JTは高配当銘柄として100株は持っておきたい銘柄ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です