デンカ(4061)に100株・7年間投資して+60万円になる予想の根拠




中堅化学メーカーであるデンカの株価が暴落し、買いごろの株価になっています。

一時的な要因で業績が悪化したものの、今後1~2年で回復する見込みです。

業績が回復すれば、株価回復による含み益と、復配による高利回りが狙えそうです。

さらに、2030年までに営業利益1,000億円が会社目標となっています。

実現すれば、株価は3倍弱、配当は2030年までの累計で14万円となり、100株の投資で+60万円になると予想しています。

本記事では、デンカが買い時である理由と、今後の利益予想について解説します。

業績悪化で株価急落

株価は3,000円→2,500円に

デンカの株価は業績悪化により急落しました。

下方修正が発表されたのは2023年1月13日で、翌日の株価は3,015円から2,531円に急落しています。

業績悪化はある程度予想されていたが、想定以上の下方修正で急落した。

下方修正の内容

従来予想では、売上4,450億円、営業利益430億円、純利益185億円でした。

下方修正後は、売上4,100億円、営業利益330億円、純利益120億円となっています。

修正前修正後
売上4,450億円4,100億円(-7.9%)
営業利益430億円330億円(-23.3%)
純利益185億円120億円(-35.1%)

純利益が-35%になったことで、1株利益は215円→139円に急悪化し、株価急落につながりました。

また、配当は従来145円でしたが、100円に減配となっています。

急落後の株価指標

急落後の株価指標は、予想PERが19.5倍、実績PBRが0.79倍です。

デンカは景気敏感株なので予想PER19倍は割高水準にあたります。

過去のPER推移をみると、およそ10~15倍が定位置です。

現在は予想PERが19倍となっており、景気敏感株としては割高水準となっている。

一方、PBRが0.79倍なのはプライム市場の平均(1.1倍)と照らして割安です。

化学メーカーに限っても平均1.0倍ありますので、PBR的には割安だと言えます。

総じて、株価指標的には適正水準となっています。

業績悪化の原因

業績悪化の原因は、

  1. 中国向け半導体と樹脂が不調
  2. 新型コロナ検査キットの保険点数引下げ
  3. 為替によるマイナスと、燃料価格の上昇
  4. 増産体制の構築及び修繕によるコスト増加

の4点です。

出典:2023年3月期 第2四半期決算説明会資料

金額的には燃料価格高騰と為替が大きく、-251億円の減益要因となっています。

これが無ければ増益になっていたでしょう。

他には、中国のロックダウンや検査キットの点数引下げが影響しましたが、いずれも外的要因です。

中国のロックダウンは既に解除され、為替も過度な円安は是正されました。

今後、事業環境の好転により、業績が改善すると予想できます。

買い時である3つの理由

来期の配当利回りが5.5%に上昇

業績悪化により配当は145円から100円に引き下げられました。

しかし、来年、あるいは再来年には以前の145円に戻る見込みです。

一方、株価は急落したため、来期の予想配当利回りは5.5%に達しています。

復配後の配当利回り

配当利回り=145円(1株配当)÷2641円(株価)=5.49%

業績回復は確実ではありませんが、実現すれば高い利回りを確保できます。

したがって、2,000円台半ばは買い時だと考えています。

業績悪化は一時的

業績悪化の主因は、為替・燃料費高騰・中国ロックダウンです。

中国ロックダウンは既に解消していますス、為替や燃料費も改善しつつあります。

したがって、2023年3月期の業績悪化は一時的でしょう。

業績が戻れば、株価が3,000円台を回復し、配当も145円以上に戻ることが期待できます。

2030年に営業利益1,000億円

デンカの経営計画「Mission 2030」では、2030年の営業利益を1,000億円に拡大させるとあります。

出典:新たなビジョンと次期経営計画「Mission 2030 」

実現すれば、純利益は今期比5倍の600億円まで増加するでしょう。

1株配当は700円になり、PER10倍としても株価は7,000円が狙えます。

では、営業利益1,000億円の実現性はあるのでしょうか。

デンカは成長が見込まれる二次電池や半導体、体外診断薬関連の事業を行っており、市場の拡大に合わせて成長できそうです。

現時点では、7年かけて営業利益1,000億円は十分可能性があるでしょう。

ただし、直近の業績が横ばいなので、ここから成長軌道に持っていけるかは懸念が残ります。

今後の株価予想

2024年に株価3,000円回復

来期には業績が回復し、株価も3,000円台に戻ると予想しています。

四季報の予想によると、2024年3月期の営業利益は400億円です。

2022年3月期が401億円でしたので、業績はほぼ戻ると予想されています。

2024年3月期の業績予想
  • 売上高 ・・・4,500億円
  • 営業利益・・・400億円
  • 純利益 ・・・170億円

純利益は完全に回復しないため、株価3,500円の回復は難しいと予想しています。

2026年は予想株価5,500円

デンカの経営計画では、2026年の営業利益目標は600億円です。

その場合、1株利益は460円に達し、PERを12倍として株価5,500円を予想しました。

2026年の予想株価

予想株価=460円(EPS)×12倍(PER)=5,520円

管理人

PER12倍は過去5年間の平均からとっています。

2030年は予想株価7,000円

業績が経営計画通りにいけば、2030年の1株利益は700円に達します。

PERを若干弱気に10倍として、株価7,000円を予想しました。

2030年の予想株価

予想株価=700円(EPS)×10倍(PER)=7,000円

現在株価(2023年1月25日時点)は2,640円くらいです。

そのため、長期的には3倍近くの株価上昇が狙えると考えています。

デンカに投資した場合の利益予想

以上の予想をもとに、デンカに100株投資した場合の利益予想を立ててみましょう。

投資期間は2030年(2029年度)までの7年間とします。

まず、株価が2,460円から7,000円に上昇し、売却益が45万4,000円となります。

さらに、配当が業績に連動して増配されるとして、2029年度までに14万円の配当が見込まれます。

年度1株配当
2023年度100円
2024年度145円
2025年度170円
2026年度200円
2027年度230円
2028年度260円
2029年度300円

したがって、7年間の投資で合計60万円ほどの利益になりそうです。

ただし、2030年に営業利益1,000億円で、かつ総還元性向50%を維持することが前提です。

管理人

2030年に営業利益1,000億円というのはチャレンジングな目標なので、今後達成に向けて業績拡大が続くかウォッチする必要があります。

まとめ

デンカが買い時である理由と、今後の利益予想について考察しました。

業績予想が達成できれば株価上昇と高利回りが期待でき、株価2,600円前後は絶好の買い場だと考えています。

本当に営業利益1,000億円が達成できるか不透明ですが、成長産業にかかわっているのは確かなので、一定の業績拡大は期待して良いでしょう。

今後の業績回復に期待しつつ、長期で保有したい銘柄ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です