武田薬品の配当はいつ?正確な入金日を実体験から解説




武田薬品の配当がいつ振り込まれるかについて、実体験を元に解説します。

振込日は一定の法則で決まっているようです。

本記事を読むことで、おおよその振込日が把握できるようになるでしょう。

本記事のポイント
  • 中間配当の振込日は12月1日が基本
  • 期末配当の振込日は6月30日が基本
  • 休日が被った場合、中間配当は後ろに、期末配当は前にスライドする傾向
武田薬品工業のアイキャッチ

中間配当の振込日は「12月1日」

実際に配当を受け取ったところ、中間配当の振込日は12月1日でした。

権利確定は9月末ですので、およそ2ヶ月後に振り込まれた計算です。

以下が入金履歴のスクリーンショットです。

実体験は2021年度のものです。

後で詳しく解説しますが、2018年以降の振込日は基本的に12月1日となっています。

そのため、2022年度以降も基本的に12月1日が振込日になる可能性が高いでしょう。

期末配当の振込日は「6月30日」

期末配当を実際に受け取ったところ、振込日は6月30日でした。

つまり、3月末の権利確定からちょうど3ヶ月後に振り込まれたことになります。

以下が入金履歴のスクリーンショットです。

中間配当の振込は権利確定から2ヶ月でしたが、期末配当は3ヶ月と、1ヵ月余分にかかっています。

これは武田薬品に限らず、上場銘柄全般に言える傾向です。

配当入金日の傾向

2018年以降の入金日一覧

2018年以降の配当入金日を調べ、傾向を明らかにしましょう。

次が2018年以降の配当入金日です。

年度中間配当期末配当
2022年度2022/12/1(予想)2023/6/30(予想)
2021年度2021/12/12022/6/30
2020年度2020/12/12021/6/30
2019年度2019/12/22020/6/25
2018年度2018/12/32019/6/28

中間配当は12月1日が基本、休日なら後ろにスライド

まず中間配当の傾向を確認します。

2020年度、2021年度ともに12月1日の入金でしたが、2019年は12月2日、2018年は12月3日でした。

これは、12月1日が休日だったことで説明がつきます。

2019年度は12月1日が日曜日だったため、2日にスライドしたようです。

また、2018年度は12月1日が土曜日だったため、3日にスライドしたようです。

つまり、休日が重ならなければ12月1日が入金日、重なれば直後の営業日が入金日になる傾向となっています。

期末配当は6月30日が基本、休日なら前にスライド

一方、期末配当は傾向が異なります。

2020年度、2021年度ともに6月30日でしたが、2019年度は6月25日、2018年度は6月28日と、早い方にスライドしています。

2018年については6月30日が日曜日だったため、早い方にスライドし、6月28日になったと考えられます。

ただ、2019年が6月25日に早まった理由は不明です。

少なくとも、6月30日までには入金されると考えて良さそうです。

2022年度は12月1日、6月30日が入金日

以上の法則から、2022年度の配当入金日が予想できます。

まず、中間配当は2022年12月1日(木)の可能性が濃厚です。

期末配当は2023年6月30日(木)の可能性が高そうですが、早まった例がありますので、2022年度も早まる可能性がありそうです。

予想としては、中間配当が2022年12月1日、期末配当が2023年6月30日となります。

今後の配当見通し

武田薬品の配当は年間180円(中間90円・期末90円)で固定されています。

その方針は、武田薬品のIRページに明記されています。

武田薬品の還元方針

1株当たりの配当金は、中間配当金および期末配当金それぞれ90円ずつの年間180円とすることで株主へ還元致します。また、資本効率の向上と株主還元の拡充のため、自己株式の取得についても適切な場合に取り組みます。

引用:武田薬品「配当および株主還元

そのため、方針転換がない限り、配当は年180円が続く見通しです。

業績悪化時には減配する企業が多いですが、武田薬品は2019年度の悪化時にも配当を維持した実績があります。

よほどの業績悪化にならない限り、配当は維持されると考えて良さそうです。

まとめ

武田薬品工業の配当入金日について、実体験を元に解説しました。

過去の入金日から傾向は明らかなので、中間配当は12月1日、期末配当が6月30日が基本と考えて間違いないでしょう。

ちなみに、他の銘柄でも傾向はだいたい同じです。

入金日をある程度把握しておき、投資余力を無駄なく活用するようにしたいですね。