日産自動車の配当はいつ・いくらもらえる?正確な入金日と配当見通しを考察




日産自動車は2020年に業績が悪化して以来、不安定な配当が続いています。

2021年3月期は無配に転落してしまいましたが、業績回復とともに復配しました。

ただ、日産自動車の配当がいつ、いくら振り込まれるのか疑問に思っている人も多いでしょう。

本記事では、実体験をもとに配当の正確な着金日を紹介した上で、今後の配当見通しについても考察していきます。

日産の配当はいつ振り込まれる?

過去の配当入金日

過去5年間の配当振込日を表にしました。

2019年度の期末~2021年度の中間配当は無配でしたのでデータがありません。

年度中間配当期末配当
2021年度(無し)6月29日
2020年度(無し)(無し)
2019年度11月27日(無し)
2018年度11月28日6月26日

配当入金日の傾向

表を見ると、中間配当が11月27,28日あたり、期末配当が6月26~29日あたりとなっています。

今後もその付近で配当が振り込まれると予想できます。

他の銘柄では、中間配当が12月頭、期末配当が6月最終営業日あたりというのが多いです。

そのため、日産自動車の配当は若干タイミングが早いと言えます。

ただし、休日に振込みが行われることは無いため、休日の入り方によっては前後することになります。

2022年度の配当入金日

2022年度は中間配当が無し、期末配当が5円の見通しです。

過去の傾向から、2022年度の配当振込日は以下の日程を予想しています。

2022年度の配当振込日(予想)
  • 中間配当:(無配)
  • 期末配当:2023年6月28日(水)

今後の配当見通し

増配の見通し

業績自体はここ2年間で大きく改善しました。

2021年度は2,155億円の黒字を確保し、2022年度は1,550億円の黒字の見通しです。

2019年度は-6,700億円という巨額赤字に転落していましたので、8,000億円以上の改善です。

業績が改善していることから、今後は増配傾向になることが期待できます。

2025年までの配当予想

それでは、アナリストによる配当予想を確認してみましょう。

以下が2025年までの利益および配当予想です。

年度1株利益1株配当
2022年度60.5円10円
2023年度91.4円15円
2024年度93.7円22.5円

配当額は4倍に増加

2022年度の配当予想(会社予想)は5円となっていますが、アナリスト予想では10円に増配されるとの予想です。

さらに、2024年までに22.5円まで増配されると予想されています。

つまり、今後3年間で5円→22.5円と、4倍以上に増加することが期待できます。

株価500円で買った場合、2024年度は利回り4%を超えることになりそうです。

株価上昇&高配当が狙える

2023年の予想株価は914円

アナリストの業績予想から、2023年は株価上昇が狙えます。

業績予想によると、2023年度の1株利益は91.4円まで増加する見通しです。

PERを10倍とすれば株価は914円まで上昇することになります。

2023年度の予想株価

予想株価=91.4円(予想EPS)×10倍(予想PER)=914円

現在株価は500円前後なので、+80%程度の株価上昇が狙えそうです。

対2024年度の利回りは4.5%

また、配当利回りの観点でも優秀な銘柄だと考えています。

2023年度の配当額は15円が予想されていますので、株価500円での利回りは3%になります。

さらに、2024年度に22.5円まで増配されるなら、利回りは4.5%に達します。

2~3年先を見越せば、日産自動車は株価上昇と高配当が狙える銘柄だと考えています。

まとめ

日産自動車の配当入金日と、今後の配当見通しについて考察しました。

2022年度の配当予想はわずか5円ですが、今後は業績改善に伴い、増配される見通しです。

増配を考慮した利回りは高く、500円前後は買い時の株価かもしれません。

また、業績が予想通り改善すれば900円くらいまでの株価上昇も狙えそうです。

今後、徐々に注目されると期待しています。