ソフトバンク(9434)の配当はいつ?実績から正確な入金日を調査




ソフトバンクは利回りが高く、配当が待ち遠しいですね。

ただ、配当の入金日は銘柄によってバラバラです。

そのため、ソフトバンクの配当入金日を知るには、過去の傾向を調べるしかありません。

本記事では、ソフトバンクの配当が入金された実績を調べ、配当がいつ振り込まれるかを解説します。

ソフトバンクの配当入金日

中間配当は12月6日

過去3年間を調べたところ、中間配当が入金されるのは基本的に12月6日でした。

したがって、今後も12月6日に入金されるとみて間違いないでしょう。

ただし、2025年12月6日は土曜日ですので、12月8日にずれこみそうです。

期末配当は6月8~10日

期末配当は年によってブレがあり、6月8~10日でした。

今後もこの期間に入金されるでしょう。

2022年度は6月10日が土曜日ですので、10日の入金はありません。

金曜日を避けて8日になる可能性が高そうです。

過去の配当金の入金日

ソフトバンクの過去の配当がいつ入金されたか調べました。

次の表に、上場以降の中間配当・期末配当の入金日を一覧にしています。

年度中間配当期末配当
2022年度12月6日6月8日(予想)
2021年度12月6日6月9日
2020年度12月25日6月8日
2019年度12月6日6月10日
2018年度(未上場)6月10日

中間配当は基本的に12月6日であることが分かります。

期末配当は年によってブレていますが、6月8〜10日に入金される傾向です。

2022年度の配当入金日

2022年度の配当は、中間配当が12月6日に振り込まれることが確定しています。

期末配当の入金日はまだ発表されていませんが、過去の傾向から、6月8日になると予想しました。

2023年6月10日は土曜日なのであり得ませんし、9日は金曜日なので避けられる傾向にあります。

したがって、期末の入金日は6月8日(木)が濃厚です。

ちなみに、期末配当の振込日は期末決算の資料に記載されます。

配当の振込日は、直前の中間決算・期末決算で発表される。

早く振込日を知りたい場合は5月に出る期末決算資料を確認しましょう。

まとめ

ソフトバンク(9434)の配当がいつ振り込まれるかについて解説しました。

中間配当が12月6日、期末配当が6月8〜10日という傾向です。

この傾向から外れる可能性もありますが、配当の2〜3ヶ月前には決算発表で配当入金日が公開されるのが通常です。

正確な振込日を知りたい場合は決算を確認するようにしましょう。